愛子さま 不登校の真相!激やせ関係ありと文春砲!

11月17日発売の週刊文春にて、愛子さまの不登校の真相が明らかになってきました。

長期欠席の本当の理由は、激やせに関係する〇〇!

11月8日には復帰されていますが、不登校の真相に迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク


愛子さま 不登校の真相はダイエットだった!

愛子さまは、14歳になれました。
11月8日の登校復帰にはNHKニュースでも取り上げられるほど、注目の的となっているのです。

14歳にしては過酷な環境と言わざるおえませんよね。
14歳といえば、友達と楽しくショッピングやおしゃれを楽しみ年頃。

愛子さまも年頃のお嬢様であるので、自分の体形気にする年頃になったのです。
それで始めたダイエットが原因だと、東宮職関係者は証言しています。

食事の量をコントロールし、夏休みには公務で出かけたときに、痩せて可愛くなったといわれるほど、激やせ原因は、ダイエット。

中学3年生にもなると、友達たちが自分の知らないところで容姿について話していることも気にされているようです。
SNSで、友達がぽっちゃり体型のキャラクターをあげて、「あの方、かなり似ているよね」と話したこともあったとか。

以前よりも、外見にこだわっているという愛子さま。

思春期特有の病気も隠れているともいわれています。

スポンサーリンク


愛子さまは「思春期やせ症」

外見を気にするようになった愛子さま。

夏休みの公務では、頬がこけるほど痩せられて、「拒食症」とメディアが決めつけていました。

しかし、実際には愛子さまの環境が病気を引き起こしたと言われています。

「思春期やせ症」は、幼少期に子供らしく生きることを阻まれた経験がある子供が発症するそうです。
愛子さまは、それに該当します。

愛子さまの小さいころに、母である雅子さまが病気になり、心配していた時期です。

愛子さまは、普通の子供より思慮深い子供で、真面目なタイプ。
真面目なタイプほど、深刻になりやすく、痩せれば痩せるほど、「ダイエットハイ」という爽快感が感じられるようになるそうで、止まらないほど。

愛子さまは、小さいこころからの環境が今回の不登校につながったことを意味しています。
だからこそ、雅子さまは小さい頃の穴埋めをするかのように、今必死に看病しているといいます。

愛子さま 撮影を拒否

愛子さまの登校復帰は、マスクをし、前髪をアシンメトリーにカットされ、細い足。
いつもの大股ではなく、一歩一歩確かめるかのように歩き、周囲は警備関係者が愛子さまを囲んでいました。

不登校になっても、復帰しても注目の的となる愛子さま。
撮影される場所では、姿勢を低くし、お姿が見えないようにしているとか。
また、東宮職員がカメラ万のフラッシュを遮るかのように、バインダーで阻止したこともありました。

愛子さまの環境が悪いのではなく、選択権なく皇室に産まれてきてしまった自由のなさ。

一番苦しいのは愛子さまです。

雅子さまように、同じ道をたどるのでは?と心配の声も上がっています。

12月5日の愛子さまの誕生日には、元気な姿を見たいものですね。

スポンサーリンク


スポンサーリンク