市川海老蔵の浮気相手はまめ藤?【画像あり】実家は賢人塾!小林麻央は意味深な発言

この記事は2分で読めます

週刊現代があの文春よりスクープの意味があるようですよ。

市川海老蔵さんの不倫疑惑が週刊現代によって、スクープされました。
しかし、本来ならば週刊文春が持っていくはずだったスクープを現代がさらったということだそうです。

そして、市川海老蔵さんの不倫相手は、まめ藤さんという説が有力だそうです。

まめ藤さんや賢人塾について調べてみたいと思います。

スポンサーリンク


市川海老蔵さんの不倫相手はまめ藤

いろいろ調べてみると、不倫相手はまめ藤さんが有力とのこと。

まめ藤さんは、今年5月の「都をどり」を最後に引退。
実家の家業を継ぐために引退したとされています。

まめ藤さんは、未成年で現在19歳。
これから芸妓さんになる前、襟替えというらしいですが、舞妓さんでした。

住まいは、置屋で祇園の「多麻」で住み込みのようでした。
舞妓さんは収入もお小遣い程度で、これから稼げるという時期に引退となったので、周囲も驚いたといいます。
よっぽどのことがあったからに違いないといわれていますが、それが市川海老蔵さんの不倫だったという噂でした。

まめ藤さんは、中学卒業後すぐに舞妓になり厳しい見習い期間を経て舞妓に。

引退しても未だに人気があり、引退を惜しむ声があがっているほど。

まめ藤さんの引退の理由は、父親がガンを患い家業を継ぐためや親が決めた相手と寿結婚するとか。

まめ藤の実家は賢人塾

まめ藤さんの実家は、賢人塾を経営しています。

日本伝統芸能をはじめ、伝統工芸・建築・農業・林業・漁業などの伝統文化の復興、並びに継承者育成活 動、海外広報普及活動を目的としています。

HPを見ると、伝統文化を思わせる感じで武道場をイメージしたようでした。
伝統文化の普及を目的としているので、それもそのはず。

6月に新生メンバーになったようで、兄が理事長、妹は若干16歳ながら新生メンバーの一員です。

まめ藤さんは本名を「田畑彩乃」さんとおっしゃって、賢人塾の日本伝統工芸の海外広報理事を担当しています。
もちろん新生メンバーの一員です。

スポンサーリンク


熊本県阿蘇市にあり、引退したのが熊本地震の後。
阿蘇市も熊本地震により、かなりの被害を受けています。

地震で家業の経営が忙しくなったのかもしれず、引退にも関係しているかもしれませんね。

市川海老蔵の不倫は時効

まめ藤さんと一緒に引退したまめ菊さんという方もいました。

市川海老蔵さんといえば、いろいろ恋の噂があり、結婚してからも妻の小林麻央さん一筋の姿勢を保ってきました。
小林麻央さんの乳がんが今年6月に発覚し、それまでもそれ以降も病気の妻を支える夫のイメージが強く、色男の影が薄くなってきたところ。

まめ藤さんとの不倫はすでに終わっており時効になりますが、今の市川海老蔵さんにとってはダメージがありすぎますよね。

最近では、京都の公演があってもお茶屋に出かけることがはまったくなくなったといわれています。

すでに終わったことといっても、妻の小林麻央さんにとって不倫の事実を知っていたのかはわかりませんが、最近のブログにて、

弱気になっているので
なんとかしなくては!
と思います。

ずっと強くはいられないもの。

繰り返し、繰り返し。

何度も乗り越えたい
と思います。

意味深なブログが投稿されています。

色男の市川海老蔵さんの妻となって覚悟はしてきたつもりですが、今の小林麻央さんにとってはつらいことですよね。

週刊現代のスクープは、本来ならば週刊文春がスクープするはずだったそうですが、中村橋之助さんの不倫をスクープ。
市川海老蔵さんのはひやひやしていたともいわれています。

デマではないですが、時効ということになりますね。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。