藤井聡太はアスペルガー典型的?父親正史はINAXで母親や兄は?

この記事は2分で読めます

将棋の史上最年少棋士・藤井聡太四段(14)が4月23日(日)に「AbemaTV」で放送された非公式戦で羽生善治3冠(46)から勝利しました。
現在は、15連勝中。

藤井聡太四段は、すごく集中力があり、アスペルガー症候群の典型的な例ではないかと噂されています。
父親の正史さんは大手住宅設備機器会社に勤めるサラリーマンで「INAX」との噂もあります。

藤井聡太四段について、お伝えしていきます。

スポンサーリンク


藤井聡太四段は典型的なアスペルガー症候群?

藤井聡太四段がなぜアスペルガー症候群といわれているのかというと、すごく集中力があり、生まれつきだといわれているからです。

アスペルガー症候群は、知的障害ではない自閉症のことで、あるジャンルに特化することがあるといわれています。
「コミュニケーション能力」「相手に気遣うこと」「場の空気を読み行動する」ことが難しく、文章を真面目にとらえてしまうことがあります。

想像力も乏しく、相手の気持ちを察することが難しく、社会や人との接し方にも支障がきたします。

もちろん、悪意はないのですが、相手にとっては「甘えている」「努力が足らない」など誤解を受けてしまうこともあるようです。

藤井聡太四段はどうなのでしょうか。

将棋の記事から、小さい頃は兄と一緒に走り回り遊んでいたとか。
ボール遊びが得意で、プラレールも自分で組み立て部屋いっぱいにして遊んでいたようです。

小さい頃から、組み立てるということが得意だとわかります。これには、地元幼稚園でのモンテッソーリ教育が役立っていると思われています。

藤井聡太の経歴やプロフィール画像

生年月日:2002年7月19日(現在14歳)
プロ入り:2016年10月1日(14歳)
出身地:愛知県瀬戸市
師匠:杉本昌隆
段位:四段(2017年5月2日)


(毎日新聞)

スポンサーリンク


モンテッソーリ教育とは?

モンテッソーリ教育とは、「自立した子どもを育てる」を目的とし、自らを成長・発達させる力をもって生まれ、 大人(親や教師)は、その要求を汲み取り、自由を保障し、子どもの発達段階に応じて子どもたちの自発的な活動を援助する存在に徹しなければならないとされている教育の考え。

「自立していて、有能で、責任感と他人への思いやりがあり、生涯学び続ける姿勢を持った人間に育てる」

こと。

藤井聡太四段は、幼児期からモンテッソーリ教育で遊び道具や教材から学んでいたようです。

大人でもてこずる空中に立体迷路を作ってビー玉を走らせる知育玩具を独りで飽きずに何時間を行っていました。

母親の裕子さんも「ちいさいころから集中力がある」と語っています。

アスペルガー症候群は、ある特定のジャンルに特化することから、「アスペルガー症候群」ではないかということが言われているようです。

父正史は大手住宅設備機器会社「INAX」

父親の正史さんは、大手住宅設備機器会社に勤めていることはわかっています。

大手住宅設備機器会社やメーカーは、

1位 パナソニック(エコソリューションズ事業)
2位 LIXILグループ
3位 TOTO
4位 YKK(AP事業)
5位 JKホールディングス
6位 三和ホールディングス
7位 三協立山
8位 リンナイ
9位 積水化学工業(環境ライフライン事業)
10位 ノーリツ

INAXは、LIXILグループの株式会社LIXILが展開する衛生陶器で、藤井聡太四段の出身が愛知県瀬戸市であることから、言われているのでなないでしょうか。
信憑性はわかりません。

父親や母親から、しっかり愛情をもって育てられた藤井聡太四段。
並の子供ではないと言われ「神の子」。

学生姿での試合が初々しさを物語っていますね。

今後が楽しみです。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)