藤村俊二若い頃伝説!おヒョイさん三谷幸喜作品やバー経営など多才!昭和9年会がなくなる?

この記事は3分で読めます

藤村俊二さん(82歳)が1月25日に亡くなったことが「直撃取材グッデイ」で明らかになりました。

おヒョイさんと呼ばれ、三谷幸喜さんの作品「総理と呼ばないで」「古畑任三郎」「王様のレストラン」映画「ラジオの時間」にも出演し、親しみやすさで人気を集め藤村俊二さん。
また、「デスノート」にも出演し、話題になりました。

振付師だった過去もあり、若い頃には伝説があったようですが、一体どんな伝説でしょうか?
また、昭和九年会のメンバーが亡くなっていくことで、消滅してしまうことも懸念されています。

藤村俊二さんの経歴と伝説についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク


おヒョイさんとついたあだ名の由来

藤村俊二さんは、元々振付師希望でしたが、番組中にエキストラで頼まれることも多かったようです。
藤村俊二さんは、画面に出ることが苦手だったようで、シャイだったのか、その場から「ひょい」と逃げていたことから、あだ名が「おヒョイ」とついたようです。

年金はパーティーってホント?

藤村俊二さんがまだお元気な頃に
「自分は働いているのでもらった年金はすべて貯金している。自分が死んだらその金で楽しくパーティを開いてもらうんだ。」
と言ってようです。

藤村俊二が「8時だよ!全員集合!」の振付師だった

ザ・ドリフターズの大人気番組「8時だョ! 全員集合やレナウン「イエイエ」の振り付けもおこなっていたことをご存じでしょうか?
あの国民的番組の振付も行っていたとは、知りませんでした。

今では、番組がやっていたときに産まれていなくても知っている人も多いですよね。

国民的な番組のヒットで、振付希望でいければよかったのですが、そうも上手くはいきませんでした。

スポンサーリンク


「巨泉×前武ゲバゲバ90分」

藤村俊二さん、アドリブが許されることがない現場だった「巨泉×前武ゲバゲバ90分」では、台本を譜面に例えた上で
「僕らはそこで、いかにアドリブで演奏するか、という作業が面白かった」
と語っていて、実際には出演者のアドリブによる演技も多々行われていた部分もあったとのこと。

この番組で名前を知られるようになりました。

三谷幸喜作品に多く出演「総理と呼ばないで」

三谷幸喜作品には多く出演しています。

・「総理と呼ばないで」
・「古畑任三郎」
・「王様のレストラン」
・映画「ラジオの時間」

役者としては知的な老紳士的役も多いイメージですが、三谷幸喜作品においてはボケキャラを演じることが多かったようですね。

人気ものになった藤村俊二さんですが、タレントといわれることが嫌いで、アクター(俳優)と自認しています。

昭和九年会のメンバーって?

藤村俊二さんは、昭和九年会のメンバーでした。

メンバーをご紹介しますね。
・財津一郎(2月22日)
・森岡賢一郎(3月4日)
・松平直樹(3月22日)
・宝田明(4月29日)
・中村メイコ(5月13日)
・森山周一郎(7月26日)
・天田俊明 (8月22日)
・睦五朗(9月11日)
・筒井康隆(9月24日)
・前田憲男(12月6日)

・玉置宏(1月5日、2010年没)
・長門裕之(1月10日、2011年没)
・藤村有弘(3月6日、1982年没)
・佐藤允(3月18日、2012年没)
・大橋巨泉(3月22日、2016年没)
・8代目橘家圓蔵(4月3日、2015年没)
・坂上二郎(4月16日、2011年没)
・伊藤一葉(6月19日、1979年没)
・愛川欽也(6月25日、2015年没)
・初代引田天功(7月3日、1979年没)
・牧伸二(9月26日、2013年没)
・藤村俊二(12月8日、2017年没)
・山本文郎(12月23日、2014年没)
・石原裕次郎(12月28日、1987年没)

だんだんメンバーがいなくなり、愛川欽也さんの妻で女優のうつみ宮土理さんは
「オヒョイさんとキンキンは本当に仲良しでした。
 オヒョイさん、天国でキンキンと仲良くしてね。」
と語っています。

昭和九年会は、この年に生まれ、大活躍した芸能人が多かったことから、1976年に愛川欽也さんと長門裕之さんが中心になり結成されました。

毎月9日には藤村俊二さんが経営するワインバー「O’hyoi’s」(おひょいず)で例会が開かれており、毎年9月9日には、東京都中央区の三越日本橋本店内にある「三越劇場」でイベントを行っていました。

晩年は「病気のデパート」

晩年は、病気になることも多く、自ら「病気のデパート」として認めていました。

50代に胃がんの手術。

動脈硬化の進行もあったとか。

82歳の生涯は、楽しく過ごせたのではないかと思います。

ご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク