郷家郁也がFacebookから顔画像特定!?内縁の嫁は関係あり?高校は仏教系【静岡県沼津市】

この記事は3分で読めます

去年12月、静岡県沼寿市で内縁の妻(17)と間に産まれた石田璃愛(りあ)ちゃんを殺害したとして、殺人の疑いで逮捕された郷家郁也容疑者(23)。

内縁の妻がアルバイトに出かけたていた間に暴行を加えたようです。

郷家郁也容疑者のFacebookから顔画像が特定されそうです。
高校についても調べてみました。

スポンサーリンク


郷家郁也容疑者逮捕!

生後2か月だった自分の子供石田璃愛(りあ)ちゃんに暴行を加えたとして、殺人の容疑で逮捕された郷家郁也容疑者(23)。
内縁の嫁は17歳。石田璃愛(りあ)ちゃんと3人で暮らしていたようです。

昨年12月2日、内縁の嫁との自宅で石田璃愛(りあ)ちゃんに頭部に暴行を加え、その後、郷家郁也容疑者自身で病院に連れていき、

「子供を落とした」

と証言していました。

その後、石田璃愛(りあ)ちゃんは沼津市の病院で心停止となり、静岡県の病院に転院しましたが12月9日に死亡しました。

病院側が不審に思い、12月5日に児童相談所に相談して、捜査していたようです。

事件当日、内縁の嫁が仕事で出かけていたときに、犯行を行ったようです。

 

郷家郁也の顔画像は?

郷家郁也容疑者の顔画像は、Facebookから特定されそうです。

郷家郁也容疑者のFacebook

顔画像が載せているので、そちらから確認できます。

 

郷家郁也のFacebookは?

2チャンネルでは、すでに特定され、Facebookは、先に述べた通り。

しかし、Facebookには同姓同名が2人おり、それも同じ高校。
2つアカウントを持っていたのでしょうか。

職業:飲食店 接客業、キャバクラ 接客サービス

静岡県 富士市在住
静岡県 富士宮市出身

郷家郁也容疑者の現在の住所は沼津市で、住所だけが異なっています。

郷家郁也容疑者のは、苗字が珍しいので、郷家郁也容疑者の可能性は高いと思われます。

キャバクラで働いていたころ、彼女と知り合ったようです。

「トラブルかなんかで富士の店を飛んで(=姿を消して)、静岡市内のキャバで働いていました。彼女も静岡の子だよね? そのとき出会ったんじゃないかな。」

郷家郁也の高校は?

郷家郁也容疑者は身延山高校に在学し、2013年卒業。
身延山高校は調べてみると、Yahoo知恵袋にこんなことが書かれてありました。

「お寺の子であって、代々身延山高等学校に通っている」
「お寺の子であるが、どうしようもない悪ガキで普通の高校には行けない」

仏教の高校であるようですが、もともとお寺の子供だったのでしょうか。

また、住み込みの「宿坊」が最悪で、先輩後輩の上下関係は厳しく、理不尽なイジメや体罰が普通にあるとか。
何時間も正座させられたとか、ボコボコにされたとかは頻繁ななようです。
中学時代はバスケットボール部に所属し、

「登校中に、急に歩道でガチで寝始めたことがあった。変わったやつだった。人の注目を浴びるためにウソばっかりついていたから、みんなにいじめられていましたね」

と同級生の話です。

スポンサーリンク


郷家郁也の内縁の嫁は誰?名前は?

事件が起きた12月2日、内縁の嫁は仕事に出かけたいたようです。

産後2か月は、仕事に出るような体ではありません。

内縁の嫁は、関係ないと思いますが、情報として

名前:石田
年齢:17歳
住所:静岡県沼津市

ここまでがわかっている情報です。

追記(2017/7/14)
近所の方の話。
「彼女は黒髪で地味っていうか、普通の子。」

 

郷家郁也逮捕でネットの声

「生後二ヶ月で働きに出なきゃいけない内縁の妻(17)。男は23…明らかにヒモ」
「17で出産して内縁で、子供を殺されて。
子供の欲しいところにできなくて、作る行為が好きなだけのところにできて。」
「せっかく生まれてきたのにこんなに小さい命に暴力なんてありえない」
「育てられる自信が無い人、環境が整ってない人は子ども産まないでほしい。」
「抵抗もできず泣くことしか訴えられない赤ちゃんに暴行…。可哀想すぎ。」
「産後まだ間もない妻を働きに行かせ、自分は子どもの虐待か。」
「世の中には飲まず食わず
そうしてまで子を育てている親もいるというのになんたる鬼畜。」

内縁の妻は、必死に働いて将来のことを思ったに違いありません。
しかし、郷家郁也容疑者は、産後の内縁の嫁を働きに行かせるとは、残酷な人間です。

追記(2017/7/14)
最近までいましたよ。子どもが亡くなった後に、男女が楽しそうに笑う声も聞こえたけど、どんな神経なのか」

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)