橋本仁(オルケスタ・デ・ラ・ルス)が不倫とDVで嫁と離婚!【画像】嘘はどっち?

この記事は3分で読めます

5月23日発売の週刊女性にて、サルサバンド『オルケスタ・デ・ラ・ルス』のボーカルJINこと橋本仁さん(52)が嫁に告発されました。

不倫の証拠となる写真とDVを受けたとして、現在離婚調停中とのこと。

橋本仁さんや嫁について、画像とともに調べてみたいと思います。

スポンサーリンク


橋本仁(オルケスタ・デ・ラ・ルス)の画像とプロフィール

橋本仁さんについて調べてみました。

生年月日:1964年7月27日(52歳)
出身地:兵庫県尼崎市
ボーカルトレーナー。

2000年にソロデビュー。仮面ライダークウガのエンディングテーマ「青空になる」
ソロでは、他にも、テレビアニメ『ロックマンエグゼ』の第1期OPである『風を突き抜けて』や、ジョジョの奇妙な冒険 スターダスト・クルセイダースのOPテーマ『STAND_PROUD』など、アニメの曲ではよい評価があるようです。
DA PUMPの楽曲にコーラスとしての参加したり、DA PUMP、AAAのボーカルトレーナーを務めていました。

2001年より、日本人サルサバンド、オルケスタ・デ・ラ・ルスにヴォーカル・コーラスとして参加。
2009年よりデ・ラ・ルス内のメンバー4人と共にアカペラサルサグループ、サルサ5を結成している実力者。

橋本仁さんが歌っている動画を見つけました。

タモリさんもお気に入りの人で、「ブラタモリ」の井上陽水さんが歌うテーマ曲は橋本仁さんが演奏しているようです。

大黒摩季さんとも共演しているんですね。
世界でも日本では評価は高いとのこと。

橋本仁(オルケスタ・デ・ラ・ルス)がDV

週刊女性によると、嫁と結婚したのが、2012年。

ここから事例列で見ていきます。

2012年に結婚。当初は、「仕事しなくてもいい」といわれていましたが、生活費をもらおうとすると、テーブルをひっくり返したり、物にあたったりしていたようです。
嫁は生活費もいただけないので、今までの貯金を崩していたとか。

結婚後、いろんなところから借金をして音楽バーを開きましたが、一年後に閉店。
その借金が残り、返済のため嫁が銀座で働くことになりました。

スポンサーリンク


橋本仁(オルケスタ・デ・ラ・ルス)が不倫

嫁が借金返済のために、銀座で働くことになったある日、橋本仁さんと言い争いになったようです。
喧嘩することが嫌だったし、DVのこともあるので、嫁は自宅に帰ることはせず、実家に戻りました。

実家に戻った翌朝

「離婚してくれ」

とLINEで連絡したとのこと。

一度別居し、4か月後に話し合いの末、借金や結婚式の費用などを支払いという約束で離婚することになったのですが、その話し合いの1っか月後に仕事の邪魔をしたと連絡がはいります。

嫁は600万円を橋本仁さんから慰謝料として請求されました。

意見の食い違いで離婚調整していたころ、共通の友人から嫁ではない女性と橋本仁さんが仲良く肩を寄せている画像が送られてきたとのこと。

こちらの画像は、2016年11月のものです。

(週刊プライム)

橋本仁さんは、不倫をしており、不倫相手と一緒になりたくて、「離婚してくれ」といってきたと嫁の主張です。

橋本仁(オルケスタ・デ・ラ・ルス)の嫁

橋本仁さんの嫁の画像やどんな方なのかは、わかりませんが、不倫は認めているようです。

嫁に対して、不満もあったのか、歌詞を覚えようとしたときに声をかけてきた嫁とケンカになったといい、嫁は周囲の事務所の社長や知り合いに橋本仁さんの悪口を言っていたと反論してきました。

「それについて話しても、彼女は自分の悪いところを直すつもりはない。それでは一緒にいることはできないから別れようと伝えました。
 すると、慰謝料も含まれた根拠のない金額が記された書類が届いたんです。そこで、僕が弁護士に相談して離婚調停となりました」

と反論しています。

嫁との話し合いが上手くいっていないのか?

どちらかがウソをついているのでしょか?
真実は二人のみ知るといったところですね。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク

Recommend