鳩山二郎の事務所の住所が5つ?スキャンダルを文春砲が違反をスクープ!

この記事は2分で読めます

11月17日発売の週刊文春にて、鳩山二郎氏の公職選挙法違反が取りざたされています。

事務所の住所が5つあるというのです。
当選して間もないスキャンダルに注目していきます。

スポンサーリンク


鳩山二郎は鳩山邦夫の次男

鳩山邦夫氏の死去に伴い、衆議院の補欠選挙が10月23日に行われ、福岡6区では邦夫氏の鳩山二郎氏が当選しました。

鳩山邦夫氏は、生前「世襲はしない」と明言していたため、自民党では分裂が起きたそうです。
東京から福岡に国替えした鳩山邦夫氏の後の選挙とあって、注目もされていました。

福岡6区では、県連の候補者であった県連会長の長男、蔵内謙氏を擁立していました。
しかし、世襲が認めないとされていた次男の鳩山二郎氏も強行に出馬を決めたのです。

それに伴い、自民党では、県連候補蔵内氏の選対本部長を麻生太郎氏に、鳩山二郎氏の支援を菅官房長官がしたため、亀裂が起きたというのです。

結果は、鳩山二郎氏の圧勝でした。

その圧勝には一つの疑問があると関係者は言います。

鳩山二郎の事務所の住所が5つと文春がスクープ

疑惑は、鳩山二郎氏の事務所が5つあることなのです。

今回、鳩山二郎氏は自民党の公認を得られなかったので無所属で出馬になっていました。
無所属では、選挙事務所は1ヵ所鹿認められていないにも関わらず、久留米事務所のほかに、選挙区であった、
・大川市
・三潴郡
・うきは市
・小郡市
にもあったそうです。

これは裏選挙事務所であり、公職選挙法違反の可能性が濃厚といわれています。

スポンサーリンク


実際に、鳩山二郎氏が選挙管理委員会に提出した事務所の設置届けには、久留米市内の事務所が書かれていただけ。

以前、こういった裏事務所をもったことで、東京地検の捜査が進んだこともあり、鳩山二郎氏は当選して間もなくマークされることになりそうです。

鳩山二郎4つの事務所がバレた証拠の動画

ある動画があり、これが裏事務所を裏付ける証拠になりそうだと文春は言っています。

証拠となる動画には、事務所に来た人にチラシを配っている男性が映し出され、事務所内には壁一面に「祈必勝」と書かれた為書きが何枚もあります。

鳩山二郎氏を支援した菅官房長官の為書きや父である鳩山邦夫氏の遺影もあったとのこと。
入り口には、「鳩山二郎」と書かれた看板やのぼりが立っていて、これを見る限り、事務所だったといわざるおえない状況のようです。

今現在、この4つの裏事務所は使われておらず、更地となっています。

近隣の住民には、「選挙期間中に選挙活動で利用する」と明言し、当選した時にはバンザイしてすぐに片づけたとのこと。

鳩山事務所に事実確認をしてみると、
「事務所ではない、後援会の連絡所でもないし、みんなが集まって、、、集まるというか、荷物を置いたりする場所。移動事務所として使ったかもしれないが、基本的には選挙前までの話」
と釈明しています。

しかし、証拠の動画は投票前日に撮影されているので、言い逃れなできないようです。

鳩山二郎氏は、金銭的に恵まれている環境であったからできたこと。
しかし、公平にできないため公職選挙法で事務所の数は決められています。

選挙事務所とは、特定の候補者の選挙運動に関する事務を取り扱う場所や設備を指すそうです。
今回の補欠選挙では、1ヵ所と決められていたため、もし公職選挙法違反となれば、30万円以下の罰金となります。

当選して間もなくスキャンダルとなってしまい、罰金どころではなくなりそうな気配。
また、選挙が行われるかもしれませんね。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク