川崎寛 丸亀で長男刺し逮捕!【画像あり】名家だった大黒柱が居場所なかった!

この記事は2分で読めます

20174年1月1日元旦に母親が死亡、長男に重傷を負わせたとして、指名手配された男が東京都内で逮捕されました。

逮捕されたのは、川崎寛容疑者(56)です。
沖縄や東京都内を逃走し、事件後から行方不明になっていました。

週刊新潮の記事と一緒にお伝えしていきます。

スポンサーリンク


川崎寛が東京都内で逮捕!画像は?

川崎寛容疑者が東京都内で逮捕されました。
画像は、こちら。

川崎寛容疑者は、妻、長男と長女、母親の5人暮らし。
自宅が立っていたのは丸亀市内でも一等地で、地域では教育熱心な名家として知られていたようです。

川崎寛は名家で嫁や子供は優秀

川崎寛容疑者の嫁は、丸亀市内の中学校の教師。
長男は、中高一貫の名門私立高校に通っています。

川崎寛容疑者の父は、岡山の旧制六高から東京帝大を卒業したエリート。長く地元の大企業「四国化成工業」で重役を務めていました。
毎年のお歳暮の数が、丸亀市内で1,2位を争うほどの名士だったようです。

母親も市内の歴史ある造り酒屋の娘。

母親も川崎寛容疑者には夢を抱いていのでしょうか。
過去に「東大に行かせる」といっていたようです。

スポンサーリンク


川崎寛容疑者の職業は、現在は不詳。
現実は違ったようです。

川崎寛容疑者は、県外の学校を卒業し、地元で就職。
いくつか転職し、現在の「赤帽」の仕事を始めました。

それまでは、大手の物流会社のフォークリフトの運転をしていましたが、転勤の辞令が出て退職したようです。

赤帽の仕事は、体調不良もあったのか、「腰が痛いから辞めたい」と漏らしていて、荷物の遅配も目立つようになり、昨年12月に退職しています。

川崎寛が母親と長男殺傷し逃走

この事件は、香川県丸亀市で起きました。
1月1日元旦、午前2時10分ごろ、3階の寝室で寝ていた17歳の長男を川崎寛容疑者が切りつけ、異変を察知した妻が110番通報。
2階の寝室では、川崎寛容疑者の母親川崎瑞穂さん(80)が首や肩を切られていて、病院で死亡が確認されました。
長男は全治4週間の怪我。

犯行に及んだ長男の父、川崎寛容疑者は軽トラックで逃走していました。
すぐに指名手配をしています。

逃走に使った車は「赤帽 川崎運送」と書かれてあり、1月1月の19時ごろ、隣り町の善通寺市内の路上で発見されました。

その後、沖縄県や福岡県を逃走し、行きついたのが東京。
都内の防犯カメラに映っており、メガネを買おうとしていたようで、「お金を持ってくる」と一度メガネ店を出た後、再訪し逮捕となりました。
「インターネットで見た顔に似ている」と警察に通報されています。

自分の居場所がなかった川崎寛容疑者。
なければ、自分で作るものだと筆者は考えます。

名家といわれたプレッシャーがこのような残念な結果になりました。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク