川谷絵音 現在2017に嫁逮捕間近!?サイバー警察が動く?LINE流出は違法か?

この記事は3分で読めます

ワイドナショーにベッキーと不倫報道になった「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷絵音さんが登場しました。

川谷絵音さんは、現在まで不倫騒動から会見を行っておらず、憶測だけが流れており、5月10日にアルバムが出ることから、今までのことを説明したいと出演を決めたようです。

文春のLINE流出から大きな騒動になったのですが、LINE流出は嫁が文春に売ったのではないかといわれており、サイバー警察が動いているとの情報もあります。

スポンサーリンク


川谷絵音の現在2017年は「ワイドナショー」出演から始まり

川谷絵音さんは、昨年12月に一連の騒動を受けて、バンド「ゲスの極み乙女。」と「indigo la End」のバンド活動を自粛していました。

活動自粛によって延期されていたアルバム「達磨林檎」が5月10日発売と同日夜にはZepp Tokyoでライブする予定。
Liveを純粋に音楽を聴いてもらうためと、松本人志さんのファンだったことから今回のオファーを受けたようで、ミュージシャンであることから、テレビで説明することに違和感を持っており、自分から話せる「ワイドナショー」は大丈夫じゃないかと思い、出演しました。
ワイドナショーでは、世間に伝わっていないことをぶっちゃけて話すことで「ガス抜き」をしたかったこともあるようです。

ワイドショーでは、不倫報道が出てもベッキーへの未練があったことや、ベッキーへの想いを歌にしたことなどを語っていました。

ほのかりんさんとは、順調に交際しているようです。

川谷絵音の元嫁は逮捕間近か?

川谷絵音さんとベッキーさんの不倫は、週刊文春が報じています。

第一報は、不倫を報じ、その後ベッキーさんが会見を行いました。
しかし、質問は一切なしと「友達関係」と会見したことで、文春は第2報で、LINEを報じました。

LINE流出から、ベッキーは芸能活動を自粛することとなったのです。

始めから、不倫していたといっていればよかったのですが、友達といってしまったことにより、文春が持っていたLINEが世に出ることとなりました。

このLINEですが、文春はどこから入手したのでしょか?

LINEの中をのぞけるのは、ごく身近な人物であることで、LINE画像を送っていたとしても、友達でも親友など親しい中のはず。

LINE流出は、嫁が文春に売ったのではないかといわれており、もし元嫁が川谷絵音さんのLINEを入手したとしても、その時期は夫婦であったため、パスワードなどを解読しLINE内容を入手したとしても立証することは困難な状況だといえるようです。

LINE内容が文春によって暴露され、ベッキーは不倫を認めるように活動自粛に入りました。
不倫を認めていることから、嫁がLINEを入手した証拠が出てきても、プライバシー侵害にはならないとのこと。
また、ベッキーが活動自粛になったことで社会的なダメージになったことで名誉棄損になりそうですが、芸能人の場合は自業自得となり、違法にはならないとか。

文春は、LINE内容を掲載したことについて、SNSと同じで個人同士のやり取りにはならないと主張。
夫婦間であったとしても、証拠が立証できないことには逮捕となりません。

スポンサーリンク


川谷絵音の元嫁はサイバー警察が動いている?

嫁の逮捕が間近ではないかといわれている中、サイバー警察が動いているのではとの憶測もあります。

サイバー警察とは、サイバーポリスともいわれており、警察庁主導の元で、ネット上の犯罪を取り締まる組織体制が組まれいる組織を「サイバーポリス」といいます。
各都道府県の警察にサイバー犯罪対策室があり、「コンピュータ犯罪捜査官」や「サイバー犯罪特別捜査官」と呼ばれている警察官がいます。

LINE内容が流出する経緯は、
・他人がスマートフォンを直接操作する
・LINEのアカウントに不正ログインされる
・感染したウイルスによって情報が送信される
・トークの相手が履歴を公開する
などあり、ネットでは「クローンiphone」が存在したのでなないかともいわれています。

と、嫁が逮捕される可能性はゼロに近く、不倫をしていた川谷絵音さんとベッキーが悪い、、、ということになりますね。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)