既婚警官の名前と顔画像は?結婚詐欺?重婚罪で逮捕か!嫁が可愛そうすぎる…福岡

この記事は3分で読めます

福岡県警小倉北署に所属する40代の男性巡査部長が昨年末に既婚者であるにもかかわらず未婚の女性と結婚披露宴を開いて問題となり懲戒処分(減給)を受けていたことが13日わかりました。
別の女性と披露宴?
不思議な事件です…

県警は、名前は顔画像など公表していません。

結婚詐欺と思われますが、重婚罪?

逮捕されるなら、相手の女性が告訴した場合になりそうですが、既婚警官の嫁が可哀想すぎますね…

スポンサーリンク


既婚警官の名前と顔画像は?

警察の人間なので、公表する気は全くないようです。
公表されていませんが、わかり次第追記いたします。

所属は、福岡県小倉北署の交通課勤務。

福岡県小倉北警察署
〒803-8567
北九州市小倉北区
大門一丁目6番19号
電話 093-583-0110

小倉北署のホームページを見てみると、今回のことは記載がありません。

やっぱり公表する気はまったくナシ!!

既婚警官が別女性と披露宴

福岡県で既婚者である巡査部長が昨年末に別の女性と披露宴を行っていたことがわかりました。

2月9日付けで処分され、懲戒処分の減給。

警察はこの巡査部長の名前と顔画像を公表する事案ではないとし、コメントを差し控えるとしています。

現在、巡査部長は自宅謹慎中で、詳しい事情を聞いています。

関係者によると、巡査部長は既婚者であること隠し、別の女性と交際していました。

昨年11月下旬に、北九州市若松区の結婚式場で披露宴を開いたときに、新郎の親族が参列しなかったことを不審に思い、巡査部長に問い詰めたところ、既婚者であることが判明!

結婚披露宴の日には、巡査部長は自分の親族に「監禁されている」と電話で助けを求めたため、親族が通報しました。

警察官が駆け付け、大騒ぎに。

あとの報道を見ると、昨年6月頃に式場を予約しました。
数年前から女性と不倫関係にあったとみられ、女性も既婚者だと知らなかったようです。

県警の事情聴取に対して、巡査部長は
「どうしようもなかった。ずるずるとこうなってしまった。女性には申し訳ない」
と話していて、県警の現職警察官はおかしなことだと首をかしげています。

「100%バレるのに、なぜ披露宴の予約なんか…」
「本人を何度も聴取しても納得のいく説明がなかった。このようあ事案は初めてで同僚として恥ずかしい」
とも。

この報道からすると、この巡査部長は、決めらない性格のよう。
また、人に任せるタイプで自己決定権ができない、
嫁がすべて仕切っていたのでしょうか。
優柔不断にもほどが過ぎます!

よく結婚できたな~というのが、率直な感想ですね。

スポンサーリンク


披露宴を行った場所は?

既婚者である警官が、別の女性と予約した式場は「マティルタ」

海と空と緑に抱かれた貸切リゾートで、海を望む独立型チャペルやガーデン付きのパーティ会場が魅力の一つ。

これをみると、余計に別の女性の憧れをつぶしてしまった既婚者の巡査部長に腹が立ちますね。

既婚警官は重婚罪になる

既婚警官が起こした事件は、結婚詐欺になるのでしょうか?
それか、重婚罪?

結婚詐欺は、金銭をだましてとった罪。
重婚罪は民法が規定する一夫多妻制を保護するもので、婚姻関係があるものが、別の婚姻にかかわる届けをだし、受理されたら重婚罪になります。

今回は、届を出したという情報はなく、重婚罪に当たらないのかもしれません。

披露宴まで行い、お金を使ったことは事実ですが、別の女性が告訴して、慰謝料を支払うということになるかと思います。

既婚警官の嫁は、きっと怒っていて離婚も免れないでしょうね。

披露宴前に、別の女性も親に会わなかったのかしら?

いずれにせよ、不思議な事件です…

ネットの声

ネットでは、
「よくわからんけど披露宴だけして結婚はしないつもりだったんだろうか。パーティみたいなもんだと位置づけで」
「話が進んじゃって破綻したケース」
「40代で何やってんだ」
「詐欺でクビにならないのか。でも、辞めて他の会社に来られても、仕事を任せられないし、何より仲良くしたくない。」
「結納とかしなかったのか? 」
「ある意味すごい。遅くても式場の下見のときに別れを切り出すだろう。よく、当日現れたと思う。ほめれないが勇気は認める」

映画みたいな話ですが、事実です。
別の女性の心のキズが気になりますし、立ち直ってほしいです。
そんな男のことは、早く忘れたほうがいいです!!

しかし、懲戒処分で減給だけって、おかしくないですか??
やっぱり公務員は守られていることですかね~。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク