金正男の息子が行方不明!パリ大学のエリートで今はどこに?

この記事は3分で読めます

北朝鮮の金正日の長男で、現在朝鮮労働党委員長である金正恩(キム・ジョンウン)の異母兄である金正男(キム・ジョンナム)氏(45)がマレーシアで殺害されたちと報道がありました。

金正男(キム・ジョンナム)氏は、北朝鮮の工作員に毒殺されたと報じられてますが、金正男(キム・ジョンナム)氏には息子金漢率(キム・ハンソル)氏は」行方不明のようです。

金正男(キム・ジョンナム)氏の息子というだけで、危険が及ぶのでは?

スポンサーリンク


金正男(キム・ジョンナム)の息子が行方不明

金正男(キム・ジョンナム)氏は、父金正日(キムジョンイル)の長男で、溺愛されて育ちました。
しかし、金正男(キム・ジョンナム)氏の祖父である金日成(キムイルソン)は存在を長い間知ることはありませんでした。

金正男(キム・ジョンナム)氏の母成蕙琳(ソン・ヘリム)は元女優で人妻。
結婚を反対されていたのです。

ひそかに授かった金正男(キム・ジョンナム)氏を溺愛したわけですが、大きくなるまで塀の中で育ったといわれています。

祖父には知られず、隔離された空間での生活は耐え難いものだったようです。

溺愛されていて、将来は後継者ということになるわけですが、偽造パスポートで強制送還され、父金正日(キムジョンイル)から後継者争いから外れてしまいます。

それからは香港やマレーシアなどを転々とし、結婚もしていたんですね。

金正男(キム・ジョンナム)には、息子が2人娘が一人いるようです。
妻は、何人か…
その息子の一人が 金漢率(キム・ハンソル)。1995年生まれ

最近は、シンガポールで愛人と一緒に暮らしていて、息子金漢率(キム・ハンソル)には会えていません。

金漢率(キム・ハンソル)氏の動画がこちら。英語版になっています。

パリ政治学院に留学中に、学生寮の郵便受けから名前が消え、行方も分からなくなり、ハンソル氏の友人も「学校にも寮にもいない」と話していることや金正男(キム・ジョンナム)の後見人の役割だったナンバー2だった張成沢(チャン・ソンテク)氏が粛清された後、フランスの警察当局が警護していたなど、憶測は様々ありました。
金正男氏と張氏はつながりがあり、現在の最高指導者金正恩(キム・ジョンウン)氏から逃れているものと思われていました。

他の子供たちは、こちら。
Kim Jimmy (息子)
Kim Sol Hui (娘)

顔まではわかっていません。

スポンサーリンク


金漢率(キム・ハンソル)はどこへ

現在、行方がわかっていない金漢率(キム・ハンソル)氏。

中国にかくまってもらっているのか。
もしかして、、、

最高指導者の金正恩(キム・ジョンウン)氏の不安がこういった事態を起こさせていると思われています。

血統を重要視している北朝鮮で差別されていたこともあり、海外のマスコミとのインタビューで金正恩委員長について“独裁者”だと表現しています。
金漢率(キム・ハンソル)氏は、2012年にフィンランド公営放送とのインタビューで
「これまで生きていて(金正日総書記と金正恩委員長に)一度も会ったことはない」
「叔父がどうやって独裁者になったのかもわからない」
と述べています。

今まで、2011年に金正日(キムジョンイル)死後、金正恩(キム・ジョンウン)氏は2013年3人、2014年20人、2015年30人、2016年40人と粛清してきたとされていて、元彼女も殺害してしまう恐ろしさ。

金漢率(キム・ハンソル)氏の安否が気になるところです。

追記
2月18日現在マカオにいるようです。
母親、妹(18)と一緒に集合住宅に住んでいます。

近所の話では、中国の警備強化の元、正男氏暗殺の少なくとも3カ月前から、武装警官が警備を強化していたと証言しています。 

ハンソル氏は父の事件前、中国当局に北朝鮮工作員による暗殺の危険性を警告され、昨年9月からの英オックスフォード大学大学院への進学が一度は決まりながら、諦めていたようです。
イギリスのメディアによると、恋人ソニアさんと共に、昨年9月からオックスフォードに進学するはずでした。

合格通知と同時期に中国の治安当局から、正男氏とハンソル氏の暗殺を、正恩氏が企てている恐れがあると知らされていたとのこと。
中国やマカオを離れれば北朝鮮が暗殺団を送り込んでくると父子に警告したと書かれています。

やっぱり天才なんですね~。
しかし、大学への入学ができないし、今後も中国にとどまること、やりたいことができないのは悔しいでしょうね…

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク