キムハンソルの現在の動画!「チョルリマ民間防衛」って?母や彼女の住所は特定できず!

この記事は3分で読めます

3月8日北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の兄キム・ジョンナム(金正男)氏の息子を名乗る男性が動画サイトに投稿しました。

金正男氏の息子の名前は「キムハンソル」。
動画から現在の住所は特定できず、母や彼女は一緒にいるようです。

「チョルリマ民間防衛(チョルリマ・シビル・ディフェンス)」のホームページに掲載されています。

どのような目的で掲載されたのか?
どんな意味が含まれているのか?
調べてみたいと思います。

スポンサーリンク


 

キムハンソル氏の現在の動画

「チョルリマ民間防衛」(チョルリマ・シビル・ディフェンス)のホームぺージによって掲載された動画。
キムハンソル氏なのか?

本人がどうかの判断はできませんが、報道によると耳の形が似ていて本人の可能性が高いとのこと。
韓国政府が確認を進めています。

動画は

「私は、北朝鮮のキム・ハンソルです。キム一族の一員です。私の父は、数日前に殺されました。私はいま、母と妹と一緒にいます。状況がよくなることを願っています」

と英語で話しています。

途中、カメラに向かってパスポートを見せていますが、キムハンソル氏とわかりそうな部分は黒く塗られており、動画からは確認できませんでした。
 

キムハンソル氏の現在住所特定できず

動画から現在のキムハンソル氏がどこにいるか?また安全な場所に避難しているのか?が気になるところですが、白塗りの壁でどこで撮影されたかわからない状態です。

また、動画がいつ、どこで、どのように撮影されたかもわからず、韓国政府が確認を進めているところのようです。
 

キムハンソル氏の母と妹と一緒

キムハンソル氏は、現在母と妹と一緒にいて、この状況の好転を願っていると話しています。

スポンサーリンク


 

「チョルリマ民間防衛(千里馬民防衛)

キムハンソル氏と思われる動画が投稿されたのは、「チョルリマ民間防衛」と呼ばれる脱北者を支援する団体。
(英語表記 Cheollima Civil Defense)

先日の金正男氏殺害後、その家族から助けが必要だと要請があったとのこと。

すぐに家族を安全な場所に移動させたと説明しています。

また、

「緊急な時期に家族の人道的待避を後援したオランダ政府、中国政府、アメリカ政府とある匿名の政府に謝意を表する」
「急な要請にすぐに対応してくださった駐朝鮮-駐韓オランダのLody Embrechts大使に特別な感謝を表する」
「金正男家族の行方や上の脱出過程に関する事項はこれ以上、公開しない」
(引用:NHKニュース)

一方では、支援を断れたことをホームページ上で遺憾の意を表明しています。

この団体がどのような団体なのか?韓国政府も把握していないようです。
まったく情報がありませんが、脱北支援団体のようです。
 
ホームページを見つけました!
チョルリマ民間防衛(千里馬民防衛)Cheollima Civil Defense

翻訳すると、

======
北朝鮮の人々に

脱出をしたいかの情報を分けたい方は、私たちが守っていただきます。どの国に明らかに投げ可能です。治まるたい場所に安全に送信させていただきます。複数北朝鮮人をすでに助けてきた私たちは、どのような見返りも望まない。
======

北朝鮮の人の脱北について書かれてあり、下のほうには、キムハンソル氏と思われる動画があります。

======
先月金正男暗殺以来、その家族からの助けが必要だと要請がきました。急速にそれらを満たし、安全な場所に直接移動しました。その他北朝鮮人もリクエストを送信し、脱出を何度も実行しました。金正男家族の現在の行方や、上記の脱出過程の事項は、これ以上公開されません。
======

キムハンソル氏は、駐朝鮮-駐韓オランダのエンブレヒツ大使が協力したのではないかといわれ、注目が集まっています。
また、キムハンソル氏の現在、韓国か、ヨーロッパのどこかにいるのではないかと思われています。

今回の動画は、父金正男氏が築き上げてきた東南アジアのネットワークから、金正男ファミリーを助けようとした動きだとみられ、金正男氏の遺産がつかれた可能性があるということです。

この動画からの考察

どうして今この動画を投稿したのか?

金正男氏の殺害され、捜査も思うように進まず、状況が一転しないことへのいら立ちかなのか、それとも北朝鮮への挑戦状なのか。

憶測が流れてはいけないと思い、助けを求めたのしょう。

無事は確認できましたが、本人かどうかの信憑性がわかりません。

本人だとするならば、メディアにでることで、北朝鮮からのスパイを抑制する動きかもしれませんし、自分の父が殺されているので、冷静ではいられないと思います。

現在、マレーシアと北朝鮮の関係は悪化し、お互いの出国を禁じることまで発展しています。

キムハンソル氏の動画は、きっと早く解決してほしいと気持ちの現れだったと思います。

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク