小林麻央 輸血で末期症状!余命と貧血なの?退院決意のための治療が辛い…

この記事は3分で読めます

タレントで市川海老蔵さんの妻小林麻央さんが再入院してから時間が過ぎていますね。
退院決意され、自宅に帰る日も近くなると思われている現在ですが、小林麻央さんのブログは更新されています。

体の調子が悪いときなど以外は、病状なども記事投稿され更新していますが、以前は皮膚転移の話もありましたね。
最新では爪のことや、輸血を数回されたことまで話されています。
貧血だったんでしょうか?

余命は末期ではないかといわれていますが、退院は近いですよね。
現在の症状をブログから読み取っていきますね。

スポンサーリンク


小林麻央のブログKOKORO更新まとめ

小林麻央さんが輸血を始めたのが、4月24日。

小林麻央さんのブログから再入院までの症状をまとめてみました。

2017年1月に退院する。
自宅で静養しながら、通院し民間療法も活用する。

自宅では、子供の成長を見ながら、ブログKOKORO.更新していました。

日向ぼっこだったり、
子供とのふれあい、姉である小林麻耶さんのこと、もちろん市川海老蔵さんのこと。
夫婦の愛が感じらえるブログですよね。

4月に入りブログの更新が少なってきます。

4月4日 酵素風呂に入ります。酵素風呂では、汗が出ることは体力を使うので、シャワーを浴びて着替えて帰るまでがギリギリだったことも告白。
体力が落ちてきていることがあるようです。

4月5日 読者数が増えてきたことが嬉しくある一方で

癌 ステージ4 = 死に向かって弱っていく
(公式ブログ)

弱っている日もあるとそればかりではない。

4月7日 「お昼」と題し、お昼ご飯を紹介しています。
野菜スープ、もずく、切り干し大根、小松菜と油揚げの炒め、玄米。

4月9日 起きることが一苦労と投稿。
ここ数日、息切れとしんどさに襲われています。

4月10日 夜中に痛みで起き上がっています。

4月19日 一日中横になっていることが多くなり、息苦しさと変な発汗と痛み。
10日前まで歩けたのが、10歩もい歩けなくなっていたようです。

スポンサーリンク


小林麻央が再入院

4月22日 短期で再入院し、医師の力を借りて回復になることを決意しています。

それからの小林麻央さんですが、輸血を4回していることと点滴用のポートの埋め込み手術を行っています。

小林麻央の輸血で貧血解消

輸血4回とは、再入院してからすぐに行っています。

4月22日、23日に輸血を。
輸血することで息苦しさが軽減していったようですね。良かった!

輸血するために、再入院したのかもしれませんね。
輸血が終わったら退院と考えていたと小林麻央さんが記事に書いてありました。

輸血により貧血も改善され、お身体の炎症を抑えることができているようです。

輸血は、どのくらいかかるのでしょうか?
人によって違うと思うのですが、3時間くらいかかるようです。

抗がん剤使用から副作用で貧血になるようで、息苦しいのもそのせいのようです。

輸血は、体力低下で感染することを防いだり、血小板も減少して止血機能が失われると、小さな怪我でも命の危険性が増えることを防ぐためのもの。

小林麻央さんは、慶応義塾大学病院の医師と相談し、輸血も決められたことと思います。
今後の人生等やって過ごすか?と考えた結果のこと。

輸血をしたら、貧血が解消されてきたので、退院も近いと思われます。

輸血で末期症状か?

症状が貧血ということから、どこからか出血している可能性があるのでないかということ。
もし、どこかで出血していたら、それを治す必要があります。

息切れや倦怠感は、貧血ではなくガンそのものからくることも多く、体力が落ち低下しているときの症状であること。

小林麻央さんは、ステージ4であることから末期とも言えます。
末期だからといって、諦めない心を持ち続けて、今入院し退院を決意しています。

どのような人生であったか?と思えるような後悔ないように生きている小林麻央さんを暖かく見守りたいですね。

【こんな記事も読まれています】

小林麻央 再入院!意味深な海老蔵から深刻?ブログKOKORO.から現在5月余命!

小林麻央が皮膚転移しても退院!お腹や余命は大丈夫?最新2月KOKORO情報!

小林麻央 顎内容は転移で余命は?ブログKOKORO.を更新し2ちゃんねるではやばいことに

小林麻央 ステージ4で転移公表!余命宣告されていて年内の可能性はある?遺伝性は?

小林麻央 慶応義塾大学病院の主治医は高橋麻衣子医師!退院後は実家で過ごす

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク

Recommend