小林麻央が皮膚転移しても退院!お腹や余命は大丈夫?最新2月KOKORO情報!

この記事は3分で読めます

小林麻央さんが2016年年末から体調を崩し、入院していましたが1月29日に退院しました。

皮膚転移があると伝えられていますが、退院しても大丈夫?とファンから心配の声。

お腹にも転移があると情報があります。
2月3日には、アメブロで2016年最も注目されたブログに贈られる「BLOG of the year 2016」の最優秀賞を受賞したことがわかりました。

気になる余命と最新2月情報をお伝えしていきます。

スポンサーリンク


小林麻央が皮膚やお腹にも転移

小林麻央さんは、2016年年末から体調を崩し、入院されました。

元旦には起き上がれず、病院食をお昼からスタートさせたことから、かなり病状は進行しているのでは?と思われていました。

麻央さんはご主人の市川海老蔵さんのブログを読み、

一門での成田山の元朝御護摩や
元日の集まりのことを思っていて、

私も居るべき場所に戻れるように
今は置かれている場所で
精一杯居ようと思いました。

年末年始に家族と過ごすことができなかったことが残念で、ブログにも市川海老蔵さんと子供たちの写真をアップし、来年は一緒に過ごしたいと書いてありましたね。

1月9日には、特番「市川海老蔵に ござりまする」に乳がん公表から初めてテレビ出演され、久しぶりにお化粧をされ、緊張したことを告白。
フリーアナウンサーなのに緊張するんだ~と思った筆者でしたが、乳がん公表から初めてのテレビ出演だったので、視聴者にどんな風に映るかが心配だったのでしょうか。

すでに情報では、皮膚やお腹に転移しているとのこと。

入院中は、食べるものも食べれず、最高においしいといっていたヨーグルトも食べれずにいました。

放射線の治療を続けていくうちに、体調も戻り、退院となったわけですが、皮膚やお腹に転移とは今どのくらいのステージなのでしょうか?

小林麻央が退院!余命は?市川海老蔵のブログでは

進行がんの乳がんの場合は、初診の時点で、皮膚に転移が見つかる状態が多いようです。

乳がん全体の5%と言われ、全身の転移がなければ局所の病変として治療を開始します。

小林麻央さんの場合、何度か転院していて、乳がんの発見が遅れたこともあり、現在の主治医の元にたどり着くまでにはすでに皮膚に転移していたようです。

皮膚転移からお腹まで転移していることは、すでに臭いも発生しているとのこと。

これを抑える治療が必要ですが、現在は退院して自宅療養しています。

ホスピスや緩和ケア病棟の登場により、終末期医療のあり方が問題になってきます。

市川海老蔵さんは、ブログにて
「今日も起きててくれた」
とし、毎日自宅にいる小林麻央さんのことを心配している様子もありますね。

自宅に帰ってきたのは、もしかしたら終末医療に入っていて、、、
と思ってしまいます。

しかし、小林麻央さんのブログを拝見していると、治療に前向きで病気なの?と思わせるほど。

自宅に帰ってきて、元気な一面を見せてくれていますから、まだまだ生きていただきたい!と思っています。

スポンサーリンク


小林麻央KOKORO最新2月情報

小林麻央さんは、勢力的にブログを更新されています。

常に注目されているにも関わらず、懸命に書き続けることって、大変だと思いますよね。

2月3日には、アメブロで2016年最も注目されたブログに贈られる「BLOG of the year 2016」の最優秀賞を受賞したことがわかりました。

受賞について、小林麻央さんは
「ブログの更新を楽しみに、時には目標にしながら1日1日をつないできた気がします。皆さまからの励ましの言葉を読むたびに、力が湧き出てきます」
としています。

自宅で梅を見ながら、日光浴したりと、太陽の力はとても体にいいことがわかっています。
力がみなぎっているのかもしれません。

食事も少しずつとることができていて、甘酒やヨーグルトも召し上がっていました。

入院中のことを包み隠さず書き、自分が今どの状態にいるのか?を読者に知らせ、乳がんで闘っている方の力になれればと思っているようです。
もちろん、子供たちが大きくなった時に、「KOKORO」を見て、母の存在を残しておくことも考えているのかもしれません。

現在は、自宅で静養されているようですね。
子供たちのことが書き綴られています。

前向きは小林麻央さん。
また、ブログにて元気な姿を拝見したいと思います。

【関連記事】
市川海老蔵の浮気相手はまめ藤?【画像あり】実家は賢人塾!小林麻央は意味深な発言

市川海老蔵の不倫相手舞妓Mは誰?尾上右近から横取りし3角関係!週刊現代

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク