小室圭のパラリーガルとは?仕事内容と年収!普通のサラリーマン並?

この記事は2分で読めます

小室圭さんが眞子さまのご婚約相手と内定され、昨日から話題になっていますね。

先ほど、勤務先の都内の奥野総合法律事務所・外国法共同事業が入っているビルロビーで会見を行いました。

まだ、正式にご婚約と決まったのではないため、終始「時期がきたらお話しさせていただきます」と丁寧な返答でした。
その中で、どんな仕事をしているのか?との質問に「パラリーガル」とのお答えいただき、職業は判明しました。

「パラリーガル」についてお伝えします。

スポンサーリンク


小室圭さんはパラリーガル

小室圭さんは、現在奥野総合法律事務所・外国法共同事業で働いています。

小室圭 弁護士の法律事務所で見習い!年収は70万の可能性もあり?

今日は、自宅がある横浜市を6時過ぎに出られ、7時前には事務所に到着しました。
しかし、ビルが開いていなかったため、来た車で再度移動し、8時40分ごろビルに到着しました。

記者会見は、10時過ぎから始まり、質問に丁寧に答える小室圭さん。
小室圭さんの現在の職業は、パラリーガルとのこと。

パラリーガルとは?

パラリーガルとは、よく弁護士ドラマで出ている秘書みたいな存在だとわかりやすいですね。

まだ、世間には浸透しておらず、事務職でもあります。

普通の事務職とは違い、弁護士が業務をより効率的におこなうために、弁護士の指示のもと、限定的な法律にかかわる専門的な事務職。

アメリカが発祥で、取り扱う業務が専門的であることから、アメリカでは認知度が高く法律の専門家の地位として確率されていますが、日本では低いとのこと。
日本での公的な資格はありません。

最近では、「法律事務職員能力認定試験」が実施されていますが、資格ではなく、認定の段階。
まだまだのようです。

民間の資格はあり、JLAAの認定資格試験があります。

スポンサーリンク


パラリーガルの資格と仕事内容

パラリーガルには、3段階あって、

1.エレメンタリー・パラリーガル(初級)
2.インターメディエイト・パラリーガル(中級)
3.アドバンスド・パラリーガル(上級)

法律を学んだことがない人でも、各自の実力に応じて受験できるのが、民間の資格「JLAAの認定資格試験」です。

法律に詳しくないと、法律事務所に勤務できないとも限らず、将来弁護士に就きたい人がパラリーガルで実務を勉強し、少しずつ経験と知識を備えていくことができるようです。

パラリーガルの年収

パラリーガルの年収を調べてみましたが、一般のサラリーマンと同等か、それ以下の場合があります。

年収は200~300万、
都心の大手法律事務所だと年収は500~600万となるようです。

小室圭さんの場合は、今後国際弁護士になるという夢があるようで、それに向かって勉強されているといったところでしょうか。

まだ、正式発表でなないため、会見でも多くは語られなかった小室圭さん。
お人柄がよさそうな方ですね。

【こんな記事も読まれています】

村田諒太 嫁うざい?でしゃばりで痛いと?冷蔵庫の張り紙が怖い

小室圭がICU大学同級生が眞子さまの結婚相手!経歴の高校は?【画像】イケメンは家族も?

愛子さま激やせ2017年2月最新は拒食症!画像から障害と疑い別人との噂!女性セブン

皆藤愛子の現在!彼氏とフライデーされ2017年結婚?沖縄デートはToshiyaか?

眞子さま 彼氏は誰?同じ大学?東横線デートは護衛付きでも関係ない!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)