ランバダのロアラ・ブラス(カオマ)の死因は?【動画】石井明美もビックリ!

この記事は2分で読めます

「ランバダ」のヒット曲で知られるグループ「カオマ」の元ボーカルのロアラ・ブラスさんが亡くなったことがわかりました。
焼けた車の中から遺体で発見されたことがブラジル警察から発表されました。

死因は、焼死だったのでしょうか?

ランバダといえば、石井明美さんを思い出してしまいますが、ロアラ・ブラスとカオマのグループについて、お伝えしていきます。

スポンサーリンク


ランバダのロアラ・ブラス(カオマ)の死因は?

現在の情報によると、1月19日、ブラジルのリオデジャネイロ東方約30キロにある海岸沿いの町サクアレマで、焼けた車が見つかりました。

焼けた車の中から、遺体としてロアラ・ブラスさんが見つかったということです。
63歳でした。

ロアラ・ブラスさんの自宅近くで見つかり、すぐには身元がわからないほどだったとか。

死因については、今後も詳しく調べていくことになると思いますが、よほどのことがない限り、このような事故に巻き込まれることはありません。

ロアラ・ブラスさんに一体何があったのでしょうか?
事件に巻き込まれた可能性はあるのでしょうか?

わかり次第追記していきます。

「カオマ」ランバダの動画

1989年に「カオス」というグループが「ランバダ」という曲で大ヒットをさせました。

動画をご覧くださいね。

「カオマ」は、フランスのグループですが、いろんな国籍のメンバーいて多国籍のグループ。
ワールドミュージックの先駆け的な存在でフランスで活動していました。

セネガル人・フランス人・ブラジル人のポップスバンドで、「ランバダ」がヒットした裏には、ボリビアのグループであるロス・カルカス のオリジナル曲「Llorando se fue(日本語題:『泣きながら』)」を無断で盗用した曲でもありました。

当時は、法整備がきちんとなされていなかったせいか、法で裁かれることはありませんでしたが、現在だと訴えられて、仕事なくなりますね、、、、

ロス・カルカスさん側が提訴しましたが、カオマさん側で著作権料を支払うことで決着したようです。

スポンサーリンク


石井明美の日本詩「ランバダ」動画

日本では、石井明美さんが歌って大ヒットさせました。
石井明美さんが歌っている動画はこちら。
石井明美『ランバダ』  日本語詞:麻木かおる

バブル絶頂の時代で一時的にランバダブームになり、よく筆者も聴いたものです。
懐かしいですね!!

当時は、刺激的なダンスであったことから、バブル時代のクラブでは踊ることを禁止されていたこともあったようです。
確かにセクシーすぎますね。

今回の事故は、事件性もあると調べているようです。

「ランバダ」を久しぶりに聴くことになろうとは。
それも悲しい知らせで。

昔を懐かしむ時間が少しだけ、流れていました。

ロアラ・ブラスさんmご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク