武蔵越生高校サッカー部コーチは誰?名前が特定し体罰動画はTwitterで拡散!

この記事は2分で読めます

埼玉県越生町の私立武蔵越生高校サッカー部の外部コーチが解雇されました。
理由は、男子部員に平手うちなどの体罰を加えていたようです。

体罰動画は、Twitterで12日の夜に発覚し、学校に問い合わせがあり、発覚しました。

体罰したコーチは誰なのでしょうか?
Twitterでは、名前が特定されています。

動画と共に見ていきます。

スポンサーリンク


私立武蔵越生高校サッカー部コーチは誰?

武蔵越生高校サッカー部コーチは、男子部員の3年生の一人に体罰を加えていました。

動画は、こちら。

学校の調査で、コーチは

「やる気がないように見えたので体罰を与えてしまった」

とのこと。
やる気がないだけで、人からの評価は違いますからね。

Twitterには、動画が拡散されて、12日の夜、学校に問い合わせがあり、体罰が発覚しました。
動画は、9日の放課後、武蔵越生高校のグラウンドで練習中に男子3年部員に平手打ちしたり、頭をこづいたりする体罰を加えた動画で、行き過ぎた指導だとも話しています。

岩上克巳教頭は、「当然許されない行為。学校全体で体罰と見られる行為を撲滅していく」と話しているようです。

スポンサーリンク


私立武蔵越生高校サッカー部コーチは誰?名前特定か

外部コーチとなると、教師ではないです。

外部コーチは、一般の方で過去にスポーツをやっていた人などからお声がかかるようです。

外部コーチは、試合に勝つためにめちゃくちゃ指導が厳しい可能性もありますし、試合が勝つことで、自分の評価が上がるというもの。

埼玉県越生町の付近に住んでいる人ではないでしょうか。

Twitterによると、

部長 #柳澤雅
監督 #西澤浩一
顧問 #岸本健秀
コーチ #大豆生田詔平 #井上精二
(Twitter)

とのこと。
信憑性は薄い可能性もありますので、ご自身で判断されてください。

30代の男性。

今まで、こういった部活動の体罰はあり、動画をみると、盗撮のような感じにも見られます。

生徒が撮っていたのでしょうか?
それもまた問題のように思えますが。

体罰は、行き過ぎの指導であることは間違いなく、どこで見られているかわからない状況です。

今回、一番嫌な思いをするのは、男子部員。
男子生徒にけがはありません。
体罰があった後も、部活動にも参加している様子のようでう。

武蔵越生高校サッカー部は120人の部員がいて、インターハイの出場もあるとか。
今回の事件で、インターハイ予選などの試合に出れなくなることもありますよね。

学校の教師のモラルが言われている時代で、もう少し配慮があってもよかったのでなないでしょうか。
日本の部活動は、勝つことが目的とされていることが多いですが、実は勝つことだけではなく、精神面を養うことや仲間意識、協調性を養うことも目的としていると考えれます。

体罰を行ったコーチは、過去にも体罰を行った告白しています。
元スポーツ部であった人からは、意見が別れていることもありますね。

ネットでは

「毎回、毎回こんなニュース出てるのに学習しないんだな」
「暴力で何が生まれるのだろう?殴られるのが怖いから言う事を聞く?そんなんでどうする︎指導者にそれなりの能力があれば子供達は十分に理解できる!恐怖政治に絆や信頼なんて生まれない。」
「”動画のツイッターへの投稿”、これがないと学校は動いてくれないのかね」

教師やコーチのすべての方が体罰を行うのではありませんが、教師としての自覚をもっと持っていただきたいと思います。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク

Recommend