中居正広が独立しメンバー再結成!飯島三智が後ろ盾で個人事務所設立か?

この記事は3分で読めます

昨年12月31日にSMAPが解散しました。
今なお、話題になっていて、週刊女性には元SMAPリーダー中居正広さんがジャニーズ事務所から独立し、メンバー5人とSMAPの再結成を考えていると情報が入ってきました。

週刊女性を見ていきます。

スポンサーリンク


中居正広独立し新事務所設立

元マネージャーである飯島三智氏が、新事務所を立ち上げたことが1月19日の週刊文春で報じられました。

飯島三智氏が以前からお世話になっている芸能界のドンこと田辺エージェンシー社長田辺氏や、最近は精神的に参った飯島三智氏を支え続けたケイダッシュの川村会長、また、ラオックス社長ともコンタクトを取っているとされています。

そんな中、飯島三智氏がラオックス関係者の会社の代表取締役に就任したこともあり、中居正広さんの新事務所への独立は、こういった関係者が後ろ盾になってくれるようだというのです。

今年6月にも、飯島三智氏の傘下で設立し、個人事務所を立ち上げるということ。

中居正広さんの個人事務所の出資には、野球場のネーミングライツが所有する大手企業もスポンサーとして名乗りを上げ、1億円の投資が検討されているとか。
また、中居正広さんも51%以上、1億円以上の出資をすると噂。

一番稼げるから、個人で請け負ったほうが都合がいいということですが、メンバーはどうなるのでしょう?

中居正広独立にはメンバーは?

中居正広さんが独立し、個人事務所を立ち上げたときには、もちろんメンバーもあとから合流ということになりますが、キムタクは?と思ってしまいますよね。

木村拓哉さんとSMAPメンバーは、28年間苦楽を共にしてきたメンバー。

一度訣別していますが、いつでもメンバーがSMAPとして戻れる場所を提供したいと思っているとのこと。
元SMAPのリーダーとしての務めかもしれません。

一度メンバーがジャニーズ事務所を離れ、あとからジャニーズ事務所に戻って、以前のSMAPを再結成するとことを芸能プロダクションの幹部がいっているようです。

忙しい仕事をやりながら、SMAPのメンバーのために設立に向けて準備を進めているというのです。

スポンサーリンク


中居正広とメンバーの解散後の仕事

木村拓哉さんは、TBS日曜日9時放送「A Life」が始まり、初回の視聴率は14%台。
これだけ注目されていながら、この数字に落胆の色を見せている木村拓哉さん。

「A Life」の現場には、本物の医療器具をレンタルしてほしいとキムタク本人から申し出があり、リアルな手術を撮っているため、製作費の見積もりが1話と2話だけで1億円を超えてしまったようです。
最終回に向けて視聴率が上がってくればいいですが、視聴率次第で製作費が削減される可能性は高いようです。

対して、草彅剛さん主演のドラマ「銭の戦争」は、12%と最終回に向けて15%になればいいと、厳しい声は聞こえてきません。

しかし、現場ではSMAP解散の話題には触れないように禁句のようで、共演の水原希子さんも初めは何を話していいか困っていました。

草彅剛さんは、テンションが上がったり下がったりと、つかみどころがない様子。
ホールケーキを5つ、SMAPのメンバーの象徴であるイメージカラーと思われるろうそくが5本立てられていたりと、スタッフも困っているようです。

香取慎吾さんは、草彅剛さんと一緒に「おじゃマップ」に出演し、それぞれの仕事をこなしています。

飯島三智氏に週刊女性記者直撃取材

中居正広さん独立し、新事務所の情報から記者が飯島三智氏に直撃取材しています。

1月中旬、飯島三智氏に問いかけたところ、顔を伏せメガネをかけて足早に駐車場に向かい、車で出かけてしまいました。

ばっちり化粧やファッションを決めこんで、無言のまま立ち去ってしまったようです。

やっぱり何か表に出せないことがあるようですが、まだ発表できないのでしょうか?

ジャニーズ事務所は、現在、裏切者とされたキムタクと同様、予想以上のバッシングにあり、副社長のメリー喜多川氏が表に出てくることはほとんどなくなりました。

静にしているように見え、業界内での影響力が落ちてきた証拠だといわざるおえない状況のようです。

ジャニー社長が退いた後には、メリー喜多川氏の娘が社長に就任したあとに、ジャニーズ事務所が変わっていると思われており、脱退するメンバーや解散するグループが出てくることもあるとのこと。

収入面で落ち込んだときに、中居正広さんがSMAPの「買戻し」を提案するとか。

まだ、この情報は噂段階ですので、信じるかどうかの判断はおまかせします。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)