小幡育子逮捕は詐欺?保育士も被害者!わんずまざー保育園の経営は?

この記事は2分で読めます

兵庫県姫路市の認定こども園「わんずまざー保育園」が今問題になっています。
定員数より1.5倍の園児を預かり、月額利用料を徴収していた問題。

姫路市によると、保育士の数も水増ししており、小幡育子園長を詐欺に当たる可能性もあり刑事告訴するか検討しているといいます。
わんずまざー保育園の経営も困難な状況に陥りそうです。

小幡育子園長についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク


小幡育子園長が詐欺罪で逮捕か

姫路市はわんずまざー保育園の運営費の公費負担額を返還するように求めています。

わんずまざー保育園は、定員の1.5倍の人数を預かったり、保育士数の人数を退職者も入れて3人と水増しし給付金を満額5000万円の公費を得ていました。
2015年から2016年までで9600万円以上受け取っていたとみられています。
余った金は、園の設備を充実させるためにプールしていたと話す小幡育子園長。

姫路市は、

「保育士の水増しで給与分の給付費を多く受給した点などは詐欺に当たる可能性もあり、刑事告訴するかどうか検討したい」
(Yahooニュース)

とし、刑事告訴となれば逮捕となります。

詐欺となると、10年以下の懲役になり、不正に給付されたものは没収され、追徴される場合もあります。
小幡育子園長は、不正に保育士の数を水増ししていたことは認め、「給付を受けるため」と説明しています。

「プールしたお金は遊具購入などで園児に還元するつもりだった。認定こども園としての自覚が足りなかった」

との謝罪も言葉がありますが、今さら?といった感じです。

不正は認めていて給付金は返還するとの意思はあるので、刑事告訴しなくても民事で損害賠償請求になるのではないかと思います。

スポンサーリンク


小幡育子園長の顔画像や経歴

小幡育子園長の顔画像や経歴の情報はありません。

追記
顔がテレビで放送されていました。

園長の指示で、送り迎えの時間だけ暖房をつけたり、保育士には遅刻すると、罰金1万円としお給料から引いていたといいます。
保育士にも、罰金などの処罰があったとしたら、労働基準法違反になりますので、このままではいかないでしょう。

同じ敷地内で運営していた学童保育の小学生もいたし、このわんずまざー保育園で何人の子供がいたのでしょうか?

夫は兵庫県信用組合に勤務しているとか。

保育士の話だと子供が転んでいても助けないととか、月額利用料を「売上」と呼んでいたとか。

わんずまざー保育園の経営はずさん

現在、姫路市は認定取り消す方向で進めているようです。
調べてみると、経営はずさんだったと思わざるおえません。

認定取り消しは初めてで、認定が取り消されると公的給付を5年間受けられなくなります。

「頼まれたから園児を受け入れ、給食はもったいないという意識があった」と話す小幡育子園長。
給食がもったいないなら、他にもやり方があったはずだし、間食のおやつも厳しく制限していたようです。

同じ敷地内で学童保育の送迎を保育士に行わせたり、不正に関しても初めは「不正請求の意図はなかった」としながらも、保育士の数を問い詰められると、「行政の給付の受けるためだった」と認めました。
保育士もいってみれば、被害者みたいなもの。
保育士は、園長が家で市に提出する書類の改ざんを知っていたし、保育士もさせられていたようです。

直接園長と契約していた22人の園児は3月4日付けで退園していて、認定の取り消しや報道が過熱している以上経営は困難になってくるでしょう。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク