朴鐘顕(パクチョンヒョン)の顔画像は?鬼才といわれたカリスマ元編集次長がウソの供述!

東京都文京区の自宅で昨年8月に妻を殺害した容疑で朴鐘顕容疑者(パクチョンヒョン、41歳)を1月10日に逮捕しました。

朴鐘顕容疑者は、講談社の社員で「別冊少年マガジン」の元副編集長などを担当し、人気漫画「進撃の巨人」も関わってきたようです。
事件の詳細と朴鐘顕容疑者についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク


朴鐘顕(ぱくちょんひょん)容疑者を妻殺害で逮捕!事件の詳細

朴鐘顕容疑者は、昨年8月に妻である朴佳菜子さん(当時38)を殺害した容疑で逮捕されました。

敏腕の編集者であった朴鐘顕容疑者。

警視庁は、事件か自殺の両面で捜査し、妻の佳菜子さんが自殺する動機がないことや、司法解剖の結果から第3者が侵入した形跡がないことなどから、朴鐘顕容疑者の逮捕に踏み切ったようです。

昨年8月9日午前2時40分ごろ文京区千駄木1の住宅で、

「帰ってきたら妻が倒れている」

と119番がありました。
妻の佳菜子さんは1階玄関付近で倒れていて、搬送先の病院で死亡が確認されました。

朴鐘顕容疑者は、
「妻は自殺した」
「酒に酔って帰宅したら妻が刃物を持っていたので、押さえつけた。その後、気がついたら妻が死んでいた」
と供述し、妻死亡に関して関与はないと主張していました。
現在まで。

朴鐘顕容疑者は、逮捕されてもなお、無実を主張しているようです。

スポンサーリンク


事件を起こした動機は?

家庭で問題があったようです。
子供が4人もいて、妻を殺害するなどよっぽどの理由がなければできないこと。

朴鐘顕容疑者の自宅が文京区であることから、お給料はかなりの額をもらっていたと思われます。
もしくは妻がお嬢様なのか?

浮気がバレて、離婚となったのか?
妻に内緒でギャンブルをしていたのか?

編集者の鬼才といわれほどのカリスマ編集者であった朴鐘顕容疑者が事件をおこす動機は未だわかりません。
まだ詳しい情報は入っていませんが、わかり次第追記していきます。

朴鐘顕の経歴や顔写真は?

朴鐘顕容疑者のプロフィールはこちら。

・講談社社員
・元「進撃の巨人」の編集に携わる
・別冊少年マガジンの副編集長
・東京都文京区在住
・子供は4人

プロフィールから見る限り、敏腕編集者と言っても過言ではありません。


こういった優秀な社員が事件を起こすとは。

進撃の巨人や、別冊少年マガジンの編集者として立ち上げに参加し、現在は青年コミック「モーニング」の編集次長だったのです。

進撃の巨人の大きくヒットする裏で、こういった事件が隠されていたとか驚きですよね。

ネットでは、
「こんなニュースばかり」
「ファンとしては残念に思う」

などと言った声があります。

被害者のご冥福をお祈りし、事件の解明を望みます。

スポンサーリンク


スポンサーリンク