酒井法子のタトゥー(刺青)は全身にある?驚くべき場所にもあった

この記事は2分で読めます

酒井法子さんがタトゥー(刺青)を入れている事実は、皆さんもご存じだと思いますが、全身にはいっているのでしょうか?
調べていくと、驚くべき場所にあったというのです。

早速見ていきます。

スポンサーリンク


酒井法子さんの全身にはタトゥー(刺青)にある?

清純派アイドルとして売り出し中だっただけに、覚せい剤逮捕には、衝撃が走りました。
そして、自分の薬を使った痕跡を消すために、行方不明になったことも、裏切りだと言われても仕方ありません。

元夫高相祐一さんの影響で始めた薬でしたが、タトゥー(刺青)まで影響されるとは…

一部報道では、左足首にある蓮の台座と『オウム』の梵字タトゥーと左手薬指に以前の夫とお揃いの星のタトゥーです。

全身の様々な箇所にタトゥー(刺青)を入れていたということはあったのでしょうか?

酒井法子さんのある部分にタトゥー(刺青)?

先ほど、タトゥー(刺青)は左足首と左手薬指にあると書きましたが、他にもあるそうなんです。
局部付近に広範囲に書かれているらしく、色鮮やかな華が咲いているのだそうです。

逮捕前の仕事で、今流行りのショートパンツの衣装のときは、その局部のタトゥーが衣装から見えていたそうで、隠すこと作業が大変だったと言われています。

タトゥーだけをファンデーションで隠せば、塗っていない部分と色の差が出てしまい、足全体を塗るには、時間がかかりすぎてしまうということです。

女性ならこういった経験ありませんか?
顔のシミ隠そうとすればするほど、隠れなくなってきてしまうこと。

無理に隠そうとすると、ぼろが必ず出ますよね。

スポンサーリンク


結局、酒井法子さんはショートパンツは履かず、足全体が隠れるパンツに変えることになったそうです。

これって、本当の話なら、ここまで元夫に惚れこんでいたのでしょうか?

酒井法子さんの元夫高相祐一さんに全身タトゥーあり?

酒井法子さんの元夫高相祐一さんは、風俗マニアだたそうです。元々そちら系の方。
真面目な酒井法子さんは、そんな自分と対照的な高相祐一さんに惹かれたのかもしれませんね。
全身にタトゥーがあるのは、元夫高相祐一さんだそうです。

酒井法子さんの保釈前に、一足早く出た元夫高相祐一さんは、全身に入れているとされる刺青を隠そうとしており、黒のジャケットに黒のジーンズ姿。ジャケットの襟は立てられ、手には手袋をはめていました。

いまやタトゥーはファッションであり、軽い気持ちをタトゥーを入れる若者は多いといいます。
薬物が若い世代に蔓延しているのは、ファッションと同じ感覚からといわれ始めています。
芸能人がタトゥーを入れている、それも自分がファンである芸能人だら、やってもいいんだ というねじれた感覚に陥るのでは、ないでしょうか。

しかし、芸能人は模範となるべき存在であることを、常に頭に入れて行動してほしいと願う筆者でした。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。