清水富美加 レプロ給料5万円!ブラック企業とブログで意味深発言?

この記事は3分で読めます

清水富美加さんが突然の引退によって、芸能界で波紋を広げそうです。

2月12日に幸福の科学が会見し、所属事務所レプロが会見内容について反論しています。

月給5万円が書き換えられ、月給制に。
菊地亜美さんは、レプロのフォローに回るという事態までに発展。
去年に書いたブログでも、意味深な発言をしています。

スポンサーリンク


清水富美加がレプロ月給5万円を暴露

清水富美加さんが幸福の科学に出家し、引退することを発表。

清水富美加さん自身もコメントを発表。
また、幸福の科学も会見を行いました。

会見内容ですが、Yahooニュースに流れた一報では、

次第に稼ぐようになったら、事務所から「月給5万円」と、月給制を持ち出された。

でしたが、突然書き換えられました。
変更後は

次第に稼ぐようになったら、事務所から月給制を持ち出された。

他の文章も書き換えられたことがわかっています。

睡眠時間3時間で1カ月31日働いても、月給5万円、ボーナスは支給されなかったという環境で、仕事をやっておりました。

変更後

睡眠時間3時間で1カ月31日働いても、月給制、ボーナスは支給されなかったという環境で仕事をやっておりました。

会見内容は、テレビで報道されていて、今更書き換えられても意味がありませんが、裏でバーニングが操っていたのではないかといわれています。

清水富美加のブログでレプロへ不満か

清水富美加さんが去年3月に書いたブログによると、

最近生きてる気がしませんでしたが
なんとかまた、行けそうです。

とし、事務所への不満があったのでは?と思える内容。

2016年3月5日を最後にブログの更新は終わっています。

幸福の科学の会見では、
・歩合制であり、次第に仕事が増えていっても事務所は何もしてくれなかった。
・だんだん稼ぐようになったら、事務所から月給制を持ち出され(月給5万円から書き換えられた)お父様から事務所に厳しいのではないかと話しをしたところ、仕事を干された。
・睡眠時間3時間で1カ月31日働いても、月給制でボーナスは支給されなかった
・水着のDVDでは、性的対象にされるのが嫌で前から拒否していたにもかかわらず、「もう決まっているからやりなさい」と、無理に入れられてしまった。
など、レプロに対して不満があり、現在は精神的に参っている状態で、ドクターストップがかかっています。

仕事を断ると、干されるという恐怖の中、仕事をし、たびたび「死にたい」と漏らすようになりました。

マネージャーにいうと、
「あまり言うと死んじゃうんじゃないかと思うので、もう言わないでほしい。死ぬという言い方はずるい」
といわれ、自分の気持ちを押し殺すように仕事をこなしてきたようです。

スポンサーリンク


清水富美加 Twitterでレプロは助けてくれなかった

新しいTwitterには、

と書き込み、コメントには、
「仕事辞めるのは自由だし、どんな宗教をするのも自由なんだけど、人様に迷惑かけるのは納得出来ない。やり方が子供。公開控えてる映画はどうする?NHKの声優担当したアニメは?全部放送や公開が終わってからひっそり辞めればいいのに。」
「相当、辛かったんだろ。軽々しく綺麗事を並べて真実を知っているわけでもないのに批判するあなたの方が子供に見えますよ。」
「だからって幸福の科学が富美加ちゃんを守ってくれるわけじゃない。目を覚まして。辛いなら芸能界辞めてもいい。でも宗教だけはやめて。普通のお仕事して。普通の女の子でいてください。」
「あなたは自分の応援している人が「宗教」という世間から批判されているものを信仰しているのを嫌がっているだけ。
清水富美加さんを応援する気が無いなら黙ってファンやめたらどうですか。
逆にそこまで言うなら宗教の何を、幸福の科学の何を知っているんですか?」

とコメントで炎上しそうな感じですね。

幼少のころから芸能界入りし大人の世界で生きてきたから見えた闇。

心が折れる寸前まで耐えることはできず、誰かを頼ることになったとしてもそこまで追い込まれたら、仕事は継続できないでしょう。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク