清水良太郎 裏カジノで「バカラ」!ディナーショーは?嫁と子供との関係に溝が!

この記事は2分で読めます

2月10日発売のフライデーにて、清水良太郎さん(28)と遠藤要さん(33)が闇カジノに行っていることがわかりました。

事務所のコメントによると、違法とは知らずに行っていたとのこと。

3月にあるディナーショーは中止になるのでしょうか?

スポンサーリンク


清水良太郎が裏カジノで違法賭博

フライデーによると、清水良太郎さんは俳優の遠藤要さんと一緒に3時間ほど違法賭博を行っていた闇カジノ店に入店。

遠藤要さんにいろいろ聞きながら、ギャンブル「バカラ」を行っていたと報じています。

簡単であることが熱くなりやすいギャンブルのようで、金額をかけていたのかどうかが問題です。

フライデーでは、金額は100万円ぐらい賭けていたと報じていますが、事務所の説明では、まったくそのことには触れていません。

「本人に事実確認を行いましたところ、報じられております店にはスタッフに声を掛けられ、入店したとのことで、入店前にスタッフに違法賭博ではないと説明を受けたそうです。初めは金銭などは賭けることなくできたので、店側を信用してしまい、2度目に入店した際に前回と状況が違うことに気付き、違法賭博かもしれないということで、急いで店を出たそうです。
本人が分からなかったとはいえ、違法賭博を行う場所に行ったのは事実で、このように皆さまに多大なご迷惑とご心配をお掛けいたしましたことを、本人を含め父親の清水アキラも重く受け止めております」

初めてだと主張し、金銭はかけていないといっています。

清水良太郎さんは、違法賭博の店「闇カジノ」で、ふてぶてしい態度だったと目撃者A氏が証言しています。
目が合うことを恐れたのか、目が合うと睨み付ける態度。
よっぽどの常連だったと証言しています。

ここからは、目撃者の証言になりますが、清水良太郎さんと遠藤要さんは、初めは少額賭けていました。
簡単には儲けることができず、ヒートアップしていき、チップがなくなれば、10万円を従業員に渡し、チップに換えていたとか。

3時間程度の入店で、店を後にした顔つきは険しいものだったと報じています。
ギャンブルに負けてしまったでしょうか。

しっかり写真で撮られており、言い逃れできない状況。

また、清水良太郎さんの公式ブログには、遠藤要さんと仲良くしている写真がアップされています。

中目黒付近のお店のよう。

スポンサーリンク


清水良太郎は舞台降板でディナーショーは中止になる

また、事務所のコメントにもあるように、処分のことは触れておらず、遠藤要さんは謹慎処分に。
どうなるのかと思いましたが、今日10日になり、3月のミュージカル「花・虞美人」(3月26~31日、東京・赤坂ACTシアタ)を降板することがわかりました。

2017年3月に予定されているディナーショー。
これに関しては、まだ情報がありません。

ディナーショーは、一人2万円の単価で、収入のいいはず。

これがなくなると、ちょっと辛いかな…

清水良太郎の嫁と子供に説明は?

清水良太郎さんには2016年5月結婚した嫁がいます。

2016年11月8日に第1子女児が誕生していて、その矢先の事件。

イケメンで、モテる要素ばっちりのモテ男ですが、「金の切れ目が縁の切れ目」といいます。

今回のことで、夫婦の間に溝が深まらないようになってほしいですね…

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)