スネオヘアー離婚3回!ともさかりえとの原因と別居期間は?子供は可哀想…

この記事は2分で読めます

女優のともさかりえさん(37)と歌手のスネオヘアーさん(45)が昨年末に離婚していることがわかりました。

ともさかりえさんは、前の夫河原雅彦さんとの間に一人息子(12)がいて、3人仲良くブログでも更新していましたが、1,2年前から別居の状態であったようです。

スネオヘアーさんはともさかりえさんと離婚し、バツ3になりました。

スネオヘアーさんについて、お伝えしていきます。

スポンサーリンク


スネオヘアーとともさかりえが離婚の原因

スポーツ報知によると、別居期間を経て、昨年末に別れを選んだとのこと。
離婚届けがいつ出されたなどは、まだわかっていませんが、原因は何だったのでしょうか?

スネオヘアーさんは、今回の離婚は3回目になり、バツ3になりました。

2回目の離婚は、同じ一般人の女性と2回結婚し、2人の子供がいたようです。
子供一人は障害があるという情報がありますが、そんな中ともさかりえさんと映画で共演。スネオヘアーさんはまだ離婚しておらず不倫という関係だったとか。

結局、スネオヘアーさんは2回も結婚した一般女性とは離婚し、2011年6月にともさかりえさんと結婚しました。

結婚した当初は、映画で夫婦共演や結婚指輪をつけて舞台挨拶するなど、仲睦まじい様子を見せていたことがありました。

ここ最近の1,2年はともさかりえさんのブログに登場せず、別居の噂が絶えませんでした。

ともさかりえさんとスネオヘアーさんが離婚した原因はまだわかっていませんが、二人の結婚が略奪愛だということを考えると、熱しやすく冷めやすかったのもかもしれないですね。

二人の間に子供はいませんので、慰謝料などはないかと思われます。

スポンサーリンク


スネオヘアーってどんな人?経歴プロフィール

スネオヘアーさんは、

生年月日 1971年5月6日
出身 新潟県
本名 渡辺健二

小学校4年生のときに、両親にkeyboardを買ってもらい、音楽に目覚めたのは始め。
中学2年生のときに、お年玉でエレキギターを購入し、ユニットを組んでだんだん音楽活動を行っていきます。
高校は、サッカー部に入るも、軽音楽同好会に即入会。当時はバンドブームだったことから、バンド活動にのめりこむでいきます。

大学に進学し、上京。演劇にも興味を持ち始め、音楽活動を休止し、劇団を転々としますが、やはり音楽活動を再開します。

1999年にインディーズでデビュー。
2002年にシングル「アイボリー」でエピックレコードジャパンからメジャーデビュー。

2003年 全国ツアーはチケット発売当日に完売しました。
2005年 アンガールズ・いつもここから・カンニング竹山によるバンドU.N.O.BANDをプロデュース。

2007年 テレビ東京系ドラマ『週刊 赤川次郎』にレギュラー出演。エンディングテーマ「気まぐれな季節のせいで」も担当しました。
その後は、ドラマや映画にも出演しています。

出演作品
・オムニバス映画『非女子図鑑』「占いタマエ!」で神主役(2009年)
・映画『つむじ風食堂の夜』(2009年)
・映画『アブラクサスの祭』で主演(2010年、ともさかりえさんと出会う)
・映画『ハイザイ〜神さまの言うとおり〜』でヤクザの親分役(2012年、主題歌も担当)

俳優と音楽活動の両立で、夫婦間に亀裂が入ったとは思えず、スネオヘアーさんの女性関係にまた問題があったのでしょうか。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク