谷査恵子 現在イタリア異動は左遷ではなく口利きのご褒美栄転!経済産業省ノンキャリアの異例の措置

この記事は2分で読めます

安倍昭恵夫人のお付きだった政府職員の谷査恵子氏が現在8月6日付けでイタリア日本大使館一等書記官に就任していたことがわかりました。

谷査恵子氏は、経済産業省のノンキャリアなので、イタリア大使館への異動は異例だといいます。

左遷ではなく、栄転と思わせておいて口封じなのか?

谷査恵子氏の現在とこれまでの経緯を見ていきましょう。

スポンサーリンク


谷査恵子の現在はイタリア大使館異動

谷査恵子氏は、安倍昭恵夫人の付の政府職員であり、中小企業庁の職員でした。

安倍昭恵夫人付の時代に、籠池泰典氏前理事長の「森友学園」問題で、国有地売却問題で、学園側に土地取引のFAXを送っていたキーパーソン人物です。

「森友学園」問題が取りざたされ、谷査恵子氏は注目を浴びるようになり、一時期は安倍首相の怒りを買って、南米へ左遷か?とも入れていましたが、現在、8月6日付けで在イタリア日本大使館1等書記官に就任していたようです。

谷査恵子氏の異動先は、日刊ゲンダイの4月の記事にもありましたが、

「経済産業省が所管する独立行政法人『ジェトロ』のミラノ事務所か、ローマに事務所を開設したばかりの観光庁所管の『JNTO』でしょう。在イタリア日本大使館の可能性もあります」(霞が関関係者)

イタリア大使館の前に南米に行っていますが、こちらもマスコミから逃れるために日本から脱出させたのでしょうか。

スポンサーリンク


谷査恵子は経済産業省ノンキャリア

谷査恵子氏は東大の文系卒業し、1998年に「準キャリア」として経済産業省に入省しています。
2013年から15年末までの3年間、「内閣総理大臣夫人付」として昭恵夫人の秘書として勤めて居てました。
2016年から中小企業庁に移っています。

そんなノンキャリアである谷査恵子氏が在イタリア日本大使館1等書記官に異例中の異例ともとれる異動に、栄転ともとれるとのこと。
その裏には、口利きの責任を一人で背負った「ご褒美」だとする見方もあるようです。

谷査恵子は元安倍昭恵夫人付の職員

「森友学園」問題とは、籠池泰典氏へ安倍昭恵夫人から国有地問題で証拠があると言ったFAXがこちら。

籠池泰典氏の証人喚問で告白したので、谷査恵子氏が話題になりましたが、当の本人谷査恵子氏は、だんまりしたまま。

安倍昭恵夫人のお付き人として、責任を取ったご褒美で今回のイタリア大使館の書記官に任命されたのではないかと見方が強いとのこと。

役職だったとしても、谷査恵子氏の現在の年収は800万円ほどで、ジェトロという話も合ったようです。
ジェトロだと年収640万円になりますが、海外赴任手当が月50万円、住宅手当が月18万円になるようです。

現地での生活費は、海外手当が充てられるので、十分生活できる範囲だし、生活に困ることはありません。

準キャリア(ノンキャリア)が海外に異動になるのは、普通ではないとのこと。異例中の異例。

さて、この異動でまた問題になるのでしょうか。

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)