月光恵亮逮捕!氷室京介音楽プロデューサーの経歴の過去は荻野目洋子も?

この記事は2分で読めます

氷室京介さんと共同の楽曲がある、東京都渋谷区の音楽プロデューサー月光恵亮容疑者(65)を逮捕したと発表がありました。
覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕されています。

容疑も認めています。

氷室京介さんやリンドバーグなどの音楽をプロデュースした過去があります。

スポンサーリンク


月光恵亮逮捕!

報道によると、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、音楽プロデューサー月光恵亮容疑者(65)を逮捕しました。
月光容疑者は「パイプを使って吸ったのは間違いない」と容疑を認めていいて、5月中旬から5月25日まで、自宅で覚せい剤を使用した疑いのようです。

他にも、横浜市磯子区の無職白井一祥容疑者(39)と、渋谷区の無職畑中乙穂容疑者(26)の2人も逮捕し、畑中容疑者は容疑を否認しているようです。

月光恵亮の経歴と画像

月光恵亮容疑者は、音楽プロデューサーです。

BOØWYの制作に参加したこともあり、LINDBERGや荻野目洋子さんもプロデュースした過去があるようです。

【月光恵亮】
別名 K.MOONLIGHT 井上龍仁(いのうえりゅうじん、RYUZIN INOUE)
生年月日 1952年6月13日(65歳)
職業 音楽プロデューサー

共同作業者 
・氷室京介
・ZIGGY
・LINDBERG
・田村直美

など。

(日刊スポーツ)

映画の音楽監督して活動を始め、舘ひろしさんのアルバム制作にも参加しています。

スポンサーリンク


月光恵亮と白井一祥の関係

月光恵亮容疑者の再犯の可能性も示唆されており、同じく逮捕されている白井一祥容疑者は、月光恵亮容疑者の音楽事務所で働いていたこともあり、どこから入手したのかが問題になってきますね。

また、月光容疑者が65歳と高齢になってくると、再犯の可能性も高くなるといわれています。

20代以下で減少傾向にある一方で、40代以上の増加傾向が続いているようです。

家庭や社会的立場のある40歳以上の方のストレスが、覚醒剤に手を出してしまうとのこと。

今回は、輸入していることも考えると、ネットで簡単に手に入ることも、40歳以上や高齢の方が覚せい剤に手を染める原因の一つかもしれません。

高齢になると、覚せい剤がやめれなくなるということもよく聞くし、覚せい剤で逮捕された90%以上が30歳までに覚せい剤を経験しているデータもあるようです。

分別が付く年齢だと思うのですが、脳の働きが著しく低下することで、やめれなくなるので、やはり初めから手を出さないことが一番の予防ですね。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク

Recommend