上野洋明の警視庁経歴や大学は?女性記者Aは誰?「問題あるんですか?」【文春】

この記事は2分で読めます

2月13日に警視庁捜査1課長に就任した上野洋明氏(58)が、刑事部の武道始式での「TOKYO MX」女性記者新人Aさん(23)に全治3週間の怪我を負わせていたことが週刊文春で報じられるようです。
女性新人記者は、元ミスコンで学生キャスターとしても活躍していた才媛。
誰なんでしょう?

上野洋明氏の学歴・大学や警視庁での経歴などをお伝えしていきます。

スポンサーリンク


上野洋明の警視庁の経歴プロフィール

上野洋明氏は(58)。

2月13日に警視庁の凶悪犯罪などの捜査指揮をとる捜査一課長に就任しました。

記者会見では、
「何よりも執念、ホシをなんとしてもあげる(犯人を逮捕する)という執念」
と語っています。

警視庁の経歴は、
城東警察署長
第一機動捜査隊の隊長を務めてきました。

昭和58年に入庁し、刑事一筋。
捜査一課も12年在籍したことがあるようです。
特殊犯罪対策官を務めた2014年のときには、図書館で「アンネの日記」が次々に破られ、国際問題になった事件も担当。

「治安と東京都民、被害者のため職務を全うする」と語り、
聞き込みや取り調べなど伝統的な手法も磨いてきた人物です。

昔気質の人物の感じがしますね。

周囲に厳しい態度もあり、朴訥な人柄だったと産経新聞には書いてありますが、この記事を読む限りそんな風には思えませんね。

若い頃から武士が好きで、正義を貫き弱者をいたわる警察官は「武士と同じ」とし、曲がったことが嫌いな人物のようです。
その性格が、今回の事件を起こしたのでしょうか。

上野洋明の学歴や大学

上野洋明氏の学歴は
北海道八雲町出身。

高校時代は、野球一筋で、部下に厳しすぎる一面もあるとか。

尊敬する人物は、近代日本警察の父である川路利良(かわじ・としよし)大警視だそうで…

スポンサーリンク


上野洋明が女性記者に怪我

1月26日に行われた武道始式で「TOKYO MX」の新人女性記者Aさんに対して、剣道経験がないにもかかわらず、腕を連打しました。

Aさんは、防具もない生身の腕を執拗に打たれ、全治3週間のけがを負いました。

道場にいた関係者は、「大丈夫なのか」という雰囲気だったようで、静まりかえっていました。

文春の取材に対して、上野洋明氏は、
「試合で相手が怪我すると怪我をさせたほうは何か問題あるんですか?」
と答えています。

厳しすぎる一面もありますが、やりすぎとの声も。

「何よりも執念、ホシをなんとしてもあげる(犯人を逮捕する)という執念」

怖すぎる…

謝罪はあったのでしょうか。

上野洋明が女性記者に怪我!誰?

上野洋明氏が怪我をさせた女性は、元ミスコンで学生時代にキャスターとしてもニュース番組に出演した才媛。
調べてみると、こちらの女性が出てきました。

森田美礼
・MX現役記者
・1993年9月生まれ(23歳)
・2012ミス共立女子大学
・BSフジで学生キャスター

との情報が入ってきました。

MXに文春が取材をしたところ、

「武道始式に弊社報道局の記者が参加いたしました。その際に、負傷(打撲)いたしましたが、現在は治癒しておりますので、コメントは差し控えさせて頂きます」
(引用:文春オンライン)

とコメント。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク