青山雅幸弁護士のメール画像とセクハラノートの内容【文春】音声の証拠あり完全にクロ!

この記事は3分で読めます

立憲民主党の青山雅幸氏が秘書にメールなどのセクハラを行った行為がつづられているノートの「セクハラ被害日記」。
メール画像も流出していますが、他にも音声もあると報じており、第2弾があるのでしょうか。

青山雅幸氏が行ったとされるセクハラ被害の内容について迫りたいと思います。

スポンサーリンク


青山雅幸のセクハラ被害日記内容のノート

週刊文春によると、今年夏まで青山雅幸氏が代表を務める「ライトハウス法律事務所」の秘書の20歳女性、山田麻美さん(仮名)が告発し、セクハラ疑惑が発覚しました。

秘書が告発していますが、地元市議も知っているほどで、よほど目に余る行為だったのでしょう。

思い出すだけでもいやになるほど、精神的苦痛を受けた被害者の20代秘書。

秘書の女性は、セクハラ被害をノートに書き残しており、それによると、
<セクハラ被害日記の内容>

・去年8月15日 青山雅幸弁護士と別の秘書Xと3人で出張したときに、Xさんがトイレにたったときに、ハイハイしながら近くに寄ってきた。
・「一緒にお風呂行く?」とメールを何度もしている
・君の部屋に忍び込もうとしたと書かれたメール
・後援会事務所のバックヤードに連れていかれ、抱きしめられた「こうせずにはいられない。」
・食事に誘われ、早めにデザートを頼んだら、「なんで冷たくするの?」
・「今からうち来ない?」
・エレベーターの中でキスをされそうになった
(週刊文春)

これらをノートに書いておいたのは、先輩秘書から何かあったら時間と場所などを詳細に記したほうがいいというアドバイスがあったからだ。

青山雅幸が秘書に送った告白メール画像

部屋に戻るとメールが青山雅幸弁護士から届いていました。
青山雅幸氏が20代秘書に送った告白メール画像は、こちら。

「好きになっている度合いが、たぶん増している。たぶん君にとってはうざいけど」
「素直でいいけど。一生一度くらい誰かに夢中になってもらいたい」
(週刊文春)

本当に気持ち悪かったと語る秘書の山田麻美さん。

青山雅幸に文春砲のメール画像とセクハラ被害日記!選挙当選直後の辞任か

スポンサーリンク


青山雅幸のセクハラ音声があり?

昨年からセクハラ行為があったとされる青山雅幸弁護士。

セクハラはエスカレートしていき、ノートにも「最悪だ。気持ち悪い。完全にクロだ!」と書かれてあります。

セクハラの行為は、
・キスを無理やりされそうになった
・後援会事務所のバックヤードで抱きしめられた
・「なんで冷たくするの?優しくしてよ」「今からうち来ない?」

メール画像、日記のノート以外にも音声が残っているとか。
これは、第二弾がありそうですね。

青山雅幸が週刊文春の取材に反論

週刊文春の記者が、衆院選で当選した当日に青山雅幸弁護士に取材しています。

セクハラを行った行為に反論し、釈然としない弁明でした。
反論しながら、「秘書の一方的な言い分で、人をはめる人。事実を大きく膨らませている」と反対に批判を繰り返していました。
もちろん、謝罪の言葉もありません。

弁護士として、フジテレビの「とくダネ!」「スーパーニュース」、NHKの「クローズアップ現代」に出演しているのですが、女性の働き安い環境作りを推進してきた青山雅幸弁護士の信頼は揺らいで行きますし、
新人議員として立憲民主党の代表である枝野幸男氏からも説明責任がされることを待ちたいと思います。

追記
無期限の

やっぱりセクハラ疑惑は本当だったのかもしれません。

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク

Recommend