ブラックペアン1話あらすじと感想 ネタバレは渡海は悪の医師か?

drama

 

嵐二宮和也さん主演の「ブラックペアン」1話のあらすじとネタバレを感想とともに、まとめていきます。

悪の医師といわれるほど、悪魔とも呼ばれ、腕のない医師はやめるべきだと言い放つ。

悪なのか?それとも救世主なのか?



 

ブラックペアン1話感想とあらすじ

東海地方にある東城大学医学部付属病院では、難しい手術が行われようとしていた。

「神の手」を持つと称される心臓外科医・佐伯清剛教授(内野聖陽)が、心臓を止めずに手術を行うと宣言。

第一手術室で手術をしているモニターを佐伯教授と一騎打ちと噂される帝華大学の西崎啓介教授(市川猿之助)もこの手術を見学し、あっけにとられてしまう。

三ヵ月後に日本外科学会理事長選を控えて、ライバルの市場調査、一番は失敗を見に来ていたということでしょう。

そんな中、佐伯教授の担当患者が容態が急変し、手術が必要になった。モニターを見ながら、横山医師に手術を指示しますが、急変し悪化してしまう。研修医の世良雅志(竹内涼真)や新人看護師の花房美和(葵わかな)らが対応しても成す術がない状態のところへ、外科医・渡海征司郎(二宮和也)が現れる。

「1000万円でもみけしてやるよ」

佐伯教授の指示ミスと特別室の手術をした横山医師のミス、佐伯教授の指示を鵜呑みにしたことだと。患者はだんだん弱っていくし、時間がない。佐伯教授にも顔もつぶれてしまうことを考えた横山医師は渡海に手術をお願いすることに。

渡海の手術は、ミスもなくスピードも早く、世良も驚いてしまうが、成功する。

他の医師や看護師たちがおびえる理由は「オペ室の悪魔」。お金で手術を請け負う場面に遭遇したが、手術は鮮やかなオペだった。

第一手術室では、佐伯教授の手術が終わると同時に佐伯教授が「ブラックペアン」を持ち、手術は無事に終了した。

 

研修医の世良の指導医が渡海に変わり、世良も戸惑うが、皆川さんが急変しときに渡海はすぐに処置する。




皆川さんは佐伯教授の手術を待っていた。

東条大学へ新たに医師が赴任する。高階権太(小泉孝太郎)は、西崎教授から送りこまれた刺客で、スナイプという最近医療機器を使い、佐伯式を超えようとしていた。

スナイプを見た渡海は、治験コーディネーターの木下香織(加藤綾子)に頼みごとをする。

皆川さんの手術が始まる。医療ジャーナル誌編集長・池永英人(加藤浩次)も注目する手術だった。しかし、第二助手の渡海が現れず、世良は探し回ると、ある情報を持って手術室へ向かう。

スナイプは、事故例や死亡例もあり、危険な医療器具だったのだが、高階はそれを知りながらスナイプで手術しようとしていたのだった。

皆川さんは、動脈瘤があり、スナイプをしようすることで、一気に血流が良くなり、腹部の中は破裂していると思われていた。高階が手術するが、やはり腹部は破裂したところがわからないくらい血の海だった。。。

渡海は、高階と手術を変わり、退職金で肩を付けるといったが、拒否。それでも世良はどうしても皆川さんを助けたくて、渡海に頼む。

渡海は、「一億」といい、一生渡海に仕えろという。

佐伯教授は、手術の失敗を知っていた。皆川さんの動脈瘤を知っていて、立科に手術をやらせていた。

渡海が見ているのは、体の中に手術の器具があるCTで、担当医は渡海一郎。

一体何があるのか?

ブラックペアン1話感想

二悪の部分が出ていている姿に引き込まれました。悪なんだけど、なにか秘めているような、佐伯教授に奉公していることに違和感を感じ、本当に佐伯教授に素直に従っているのでしょうかと思ってしまいます。

【ブラックペアンあらすじまとめ】

ブラックペアン4話あらすじとネタバレ 渡海が手術をできなくなる?

ブラックペアン5話あらすじとネタバレ 高階は外されダーウィンの論文を巡って新しい争いが勃発!

ブラックペアン6話あらすじとネタバレ 渡海の母春江がダーウィンの治験に

ブラックペアン7話あらすじとネタバレ 治験は成功するのか?

ブラックペアン8話あらすじとネタバレ 渡海がもっている画像の真相は?

 




コメント