ブラックペアン4話あらすじとネタバレ 渡海が手術をできなくなる?

この記事は6分で読めます

ブラックペアンの4話のあらすじとネタバレを感想と共にまとめていきます。

スナイプ手術が成功し、ついに論文へ載せることが決まり、ついに最終局面へ。

スポンサーリンク


ブラックペアン4話あらすじとネタバレ 渡海が医局から外される?

東城大学病院で、スナイプ手術は順調にすすんでおり、高階の論文は着々とすすんでいたが、論文の末尾に示される最高責任者の名前を、西崎教授にするか佐伯教授にするかで悩んでいる高階がいた。

そんな中、スナイプの論文は最終局面を迎え、高階は、帝華大から転院してきた島野小春という少女についての緊急カンファレンスをひらいた。
小春の病名は僧帽弁閉鎖不全で、血液は非常に固まりにくい状態で不規則抗体もあり、大量出血につながる恐れがある為、佐伯式は不可能だと語る高階。

実は、この小春は帝華大で高階が担当していたが、東城大病院で僧帽弁手術をおこなわなければ助からないと佐伯教授に高階が受け入れを頼んだ経緯があった。
佐伯教授は、小春を東城大病院に受け入れる条件として、スナイプの論文の末尾に、自分の名前を記すよう約束させていたのだ。

カンファレンスで執刀医には渡海を指名する佐伯教授だが、あのスナイプではこのオペは不可能、佐伯式でなら引き受けると言う渡海。

今まで難しいオペと向き合いそれをすべて成功させてきた、それが佐伯清剛という男であり佐伯式ではないのかと佐伯教授に問う渡海。
その佐伯式では無理でスナイプを使えと推す佐伯教授の判断を、負けだと断言する渡海は、
「使わないならくださいよ、ブラックペアンを」と佐伯教授に迫る。

佐伯教授は、自分を、そしてブラックペアンをコケにするならそれ相応の覚悟があるんだろうなと言い、渡海からIDカードをとりあげ、ここから出ていけと命じる。
教授命令でしたらと不敵に笑う渡海。
そして佐伯教授は小春の執刀を高階に命じる。

看護師の花房が他のナースから頼まれた書類を持って、渡海の仮眠室に入ってくる。渡海から白飯を差し出されいったんは断るも、おなかが鳴り、渡海と一緒にご飯を食べる花房。お米のおいしさに感動する花房。
「日本人の体は米でできているらしい」とつぶやく渡海。

高階は小春のオペのシミュレーションを何度も行う。
成功率は5パーセントにも満たないと苦しそうにつぶやき、論文を完成させる前にこの子だけは助けなきゃいけないんだと世良に話す高階。

ラーメン店で食事する佐伯教授と治験コーディネーターの木下。
オペの成功するしないにかかわらず論文には自分の名前が載ることを
約束させたと話す佐伯教授。
本当に欲しいのは論文ではなくインパクトファクターだと語る。
インパクトファクターはまさにミシュランの星ですねという木下。
その時、木下の携帯電話が鳴る。
電話の主は渡海で何かを頼んでいる。

高階は手術数日前に迫り、あせっている。手術スタッフは無理だと話すが、理論上は可能だという高階。高階は小春の体を必ずなおすと以前約束していたのだ。
検査と検証とシミュレーションにあけくれる高階を世良やまわりのスタッフは感心している。

そんな折、急性心不全の患者が出る。高階は急性の僧帽弁逆流であり、緊急オペが必要で、スナイプで手術するという判断をする。
しかし、この患者は僧帽弁に菌の塊がついており、スナイプは使えない患者であった。佐伯式しかいないと言う高階だが、佐伯教授は不在であった。
この患者は渡海の患者だと言い、渡海を呼ぶことを提案する世良。

花房が渡海を呼びに行くが、教授からオペにかかわるなと禁止されているからと断る渡海。
世良が渡海に電話をしてスピーカーで話す。
今助けられるのは渡海しかいないと助けをこう世良だが、渡海は電話は切ってしまう。

患者の容体はどんどん悪くなり、早く手術しないと全身に菌のかたまりが飛んでしまう事態になる。
そこに講演会からちょうど帰ったところの佐伯教授が手術室に入ってくる。感染部位を切除して弁形成を行うとすばやく判断する佐伯教授。
佐伯式であざやかに手術を行う佐伯教授。そのすばやい手さばきに誰もが目をうばわれる。
ブラックペアンを看護師から渡される佐伯。佐伯式が成功したことを意味した。
「佐伯教授はすごい。この人は神様だ」とあらためて思う世良。
世良は、渡海が佐伯教授の指示に従い、僧帽弁逆流の患者のオペを断ったことについて、
小春のオペの指示も従ってほしかったとぼやく。
そんな世良に対して、渡海が小春のオペを断ったのは、自分がオペで人を殺したくないからではないかという花房。

小春はサッカーをする子供たちを見て、自分もなおったら高階先生とサッカーをするのだと嬉しそうに世良に話す。その様子を窓からじっと見ている高階。

ちょうどその時、ジャーナルの編集長の池永と西崎教授が電話で話していた。論文はほぼできている。しかし、小春について危険なオペではないのかと危惧する池永に、失敗したら論文から高階の名前を消せばいいと笑って話す西崎教授。

スポンサーリンク


ブラックペアン4話あらすじとネタバレ 渡海が考えたスナイプを改良

夜、渡海と高階が向かい合って話している。
論文は書き終わっているのだから、小春のオペは意味がないと言う渡海に、
このオペだけは成功させなければと語りだす高階。
高階は、小さい頃から苦しむ小春の姿を見てきたと言い、自分がスナイプに目をつけたのは、小春がいたからだと話す。そのために教授に頭を下げ、こびへつらい、どうにかしてスナイプを導入させ、ようやく小春のオペまでたどりついたと、、。

ここでシミュレーションを30回おこなった。私はあの子を殺したと苦しそうに呟く高階。
スナイプがあれば必ず救えると思っていたのに自分を信じてくれている小春ちゃんを助けるどころか殺してしまうと、ぐっと涙をこらえる。

渡海に小春ちゃんをこのスナイプでたすけてほしいと懇願する高階。
渡海は、ながい言い訳とつぶやく。「じゃあ殺せよ、つか、おまえもう死ねよ。そもそもそのスナイプじゃ不可能なんだよ」という。
あのスナイプではなぜ無理かと問う高階に、「いくら腕があったって、切れないメスじゃだめだ」と話す。スナイプの設計図を高階に見せて、スナイプの欠点は図体が大きいと話す。
血管を傷つけるのがだめなら、血管の中を通ればよいとカテーテルにスナイプをつければよいと提案する渡海。カテーテルなんて過去のやり方だと批判する高階に、小春の中核にある小さな欠損を利用して通すことをCT画面を見せながら説明する渡海に感心する高階と世良。
最新テクノロジーがあったって使えなければ意味がない、古いやり方にも強みがある。前にすすむだけが医療じゃないと語る渡海。
こんな最高難度のオペは渡海にしかできないという断言する高階に自分はオペはするなといわれていると渡海は断る。

高階は佐伯教授に、渡海に小春のオペを執刀させてくれと頼む。
佐伯教授は、医療には道具も必要だが腕も必要だと話し、渡海の執刀を承諾する。

そして、とうとう小春のオペ当日がやってきた。新型スナイプによるオフポンプ僧帽弁手術が行われる。
渡海が小春の体に、治験コーディネーターの木下が設計した新型スナイプを挿入。
新型スナイプのおかげで出血はおさえられ、渡海の見事な手腕と、小春の状態を把握しきっている高階の連携プレーにより手術は無事に成功する。
高階は渡海にお礼を言うが、渡海は無言でオペ室を出ていく。

オペ室から出てきた渡海を待っていたのは佐伯教授であった。
余計な心配はせずに私を信じろと力強く語る佐伯教授に無言で一礼して立ち去る渡海。

手術が成功したお礼をいう高階に私を信じろと言い切る佐伯教授。

今回の報酬はいくらでも払うという高階に、渡海は「貸しといてやるよ、あんたにはいずれ金じゃないものを払ってもらう」と意味ありげに答え、「信じるな、佐伯清剛を」と伝え部屋を去る渡海を怪訝な顔で見送る高階。

そして、むかえた論文の発表日。
最高責任者の欄に書かれていたのは何と佐伯清剛と西崎啓介の二人の名前だった。
自分ひとりの名前ではないことに、驚愕の表情で論文を見つめる佐伯教授の部屋に、高階が入ってくる。
「申し訳ないがご理解ください。私への処遇はどんなものでも受けます」といい佐伯教授の部屋を去る高階。
その高階を待っていたのは治験コーディネーターの木下だった。
すべて計画通りだったのかと問う木下。
高階は、オペが成功すれば貴重な症例が手に入る、それで論文は完成するという指示を西崎教授から受けていたのだった。
「これでインパクトファクターは私と西崎教授だ」と不敵な笑みで立ち去る高階を微笑みながら見送る木下。

その時、仮眠室で、論文の二人の名前を見て、クククと力なく笑う渡海の姿があった。

ブラックペアン4話の感想

やっぱりニノはすごい役者だな~何をやってもさまになりますね。

冒頭部分の渡海の佐伯教授への啖呵は格好良かった。これで二人は決裂!と思いきや、最終的には今週の難病患者小春ちゃんの手術は渡海先生がやることに。この二人あうんの呼吸でここまで予測してケンカしてたってこと?常人には理解不能な世界だわ~。

それにしても手術は渡海に任せてばっかりだし、コーディネーターの木下(加藤綾子)とご飯食べてばっかりいるから、佐伯教授大したことないじゃんと思っていたら、急変患者をあっという間に佐伯式オペで助けちゃった。一応すごいことはすごいのね~やっぱり。

それから小春ちゃん役の子役のかわいいことといったら。少し前の芦田愛菜ちゃんを思い出す名演技に癒された~。その小春ちゃんを救うためだけにスナイプを導入し、症例を積み重ねてきた高階、泣かせる!と思っていたら、まさかの腹黒だったなんて。誰を信じたらいいのか。どこでもこんななのかと思うと、大学病院行くほどの病気にならないことを祈るしかないね。

でも緊迫の手術シーンはさすがの出来栄え、いい役者を揃えているからどこを見てもはずれがない。

今回の一押しは、渡海と花房看護師が二人で卵かけご飯を食べるシーンかな。思わず夜食に卵かけご飯食べそうになっちゃったよ。危ない危ない。

最後渡海が高階に言った「貸しといてやるよ。あんたにはいずれ金じゃないものを払ってもらう」・・・意味深な渡海の言葉の意図とは?気になる~。次回も絶対見逃せない。

こちらもどうぞ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブラックペアン1988新装版 (講談社文庫) [ 海堂尊 ]
価格:750円(税込、送料無料) (2018/5/20時点)

 

 

ブラックペアン5話予告あらすじ

外科の理事長選も最終にさしかかり、高階の持ち込んだスナイプで論文で西崎教授と佐伯教授の駆け引き。論文の最後には、西崎教授と佐伯教授の名前があり、高階は初めから西崎教授の思いのままだった。師である西崎教授を選び、東条大学を去る決意を始めた高階。そのこと、渡海は佐伯教授に患者島野小春にある疑いをぶつけていた。スナイプ論文の撤回を視野に入れた渡海の疑いは、西崎教授と高階を驚かせ慌てさせる。

検査した結果、小春はスナイプ手術によって、違う問題が生じていた。開胸手術ができない小春には、高階から内視鏡下手術支援ロボット「ダーウィン」を提案する。

ブラックペアン5話次回は?

ブラックペアン5話あらすじとネタバレ 高階は外されダーウィンの論文を巡って新しい争いが勃発!

【ブラックペアンあらすじまとめ】

ブラックペアン1話あらすじと感想 ネタバレは渡海は悪の医師か?

 

 

スポンサーリンク


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RETURN TOP
スポンサーリンク

@WOMO管理者「チュー娘」プロフィール

「@WOMO」の管理者「チュー娘」と申します。

女性が気になる話題をピックアップして、もっと深堀し、最新情報をお届けしています。エンタメ情報、現代女性特有な話題、旬な話題など、管理者目線ですが、訪問していただけた読者さまに有益な情報をお届けできればと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします♪

 

アーカイブ

Recommend