ブラックペアン7話あらすじとネタバレ 治験は成功するのか?

この記事は5分で読めます

ブラックペアン7話あらすじとネタバレ を感想と共にお伝えします。

国産ダーウィン「カエサル」の欠点が見つかり、高科の血液と渡海が母春江の手術をしたことで、命を取りとめた。

母春江と渡海の溝は埋まったかのように思えたが、、

スポンサーリンク


ブラックペアン7話予告あらすじ

西崎教授(市川猿之助)が渡海(二宮和也)を帝華大に引き抜いた。

また、東条大で国産ダーウィンの治験が行われようとしていた。これは、厚生労働省の富沢(福澤朗)の持ちかけだったのだが。

佐伯教授(内野聖陽)は、西崎のバックには富沢がいるのではないかと考える。

新しい治験者山本祥子(相武紗季)に木下香織(加藤綾子)に説明をお願いするが。。

ブラックペアン7話あらすじ

渡海(二宮和也)は実母の春江(倍賞美津子)の手術を行ったことで、東城大の規則を破ったとして、三分の一の減給を病院長の守屋(志垣太郎) から命じられる。渡海は、帝華大から今の倍の報酬で誘いを受けていることを告げ、あっさり東城大を去り帝華大にうつる。

 

厚労省の富沢(福澤朗)が佐伯教授に、国産ダーウィン カエサルの症例をあげるために、難易度の低い手術を行い、絶対に成功させてほしいと頼んでいる。そして、その候補として山本祥子(相武紗季)という患者の症例をもってくる。そして、その手術は黒崎(橋本さとし)が執刀することになる。

 

祥子は隣の市の病院に勤務する現役の看護師主任であった。その病室に治験コーディネーターの木下香織(加藤綾子)が説明に入ってくるが、突然出ていってしまう。高階(小泉孝太郎)は何があったのか祥子に尋ねる。祥子は、木下と一緒に働いていたことを語りだす。

 

6年前、一緒に働いていた祥子と木下。ある手術で木下は器具出しをしていた。祥子もオペ看として一緒だった。医師に命じられるままに器具を出していると、警告音がなり心停止がおこる。木下が脱血剤と送血剤を間違って渡してきたと医師は責任をなすりつけたのである。そして、祥子も証言をそのように証言しないとクビにすると脅されて、オペ看の木下が器具を間違って渡したと証言したのである。治験は前向きに検討するが、治験コーディネーターの担当は変えてほしいと高階に頼む。

 

木下は、高階に私はあの時彼女に死んでほしいとさえ思ったと語る。そして担当を変わることを告げる。

 

池永(加藤浩次)が西崎教授と電話で話している。池永は、佐伯教授はあえて危険性の高い治験患者を選んでいたのかと質問すると、西崎教授は佐伯教授は外科医の腕が重要であることを誇示するためにそうしていたのだと答える。けれど、今回は失敗しようのない患者を選んだと話す。東城大の患者の情報をもっているのかと聞く池永に、協力者がいると話し、佐伯教授を影で支えていた医局員を引き抜いたから、難易度の高いオペには手を出せないだろうと笑う西崎教授。

 

帝華大で僧帽弁閉鎖不全の手術をする患者が医局員の武田秀文(長谷川忍)と話している。患者が何か言いかけるが、武田に着信が入り、そのまま出ていってしまう。その後、その患者は看護師に最近首が痛くてうまく動かせないとぼやく。それを渡海は聞いていた。

 

寿司屋で食事をする佐伯教授と木下。木下は医療過誤を知っていたのになぜ自分を使ったのかと問う。過去はどうであれ私は目の前にあるものを信じる。優秀だから使う。過去なんてものは人が勝手に作り上げるもの、本当のこと、本当の痛みは当事者にしかわからないと話す佐伯教授にじっと耳をかたむけている木下。

スポンサーリンク


ブラックペアン7話ネタバレ

 

黒崎は宮元と美和に、祥子へペパリンとペニシリンの投与を指示する。新人看護師の花房美和(葵わかな)は前の担当の渡海はペニシリンの投与は指示しなかったのにと聞くが、黒崎の指示だから従わなければならないと宮元亜由美(水谷果穂)は答える。

 

高階は世良(竹内涼真)に、祥子のオペのサポートにつくよう指示する。そこに美和がやってきて、倫理委員会の書類を高階に渡す。高階は祥子の投薬を尋ねると、今宮元がヘパリンとペニシリンの投薬にいったと答える。それを聞いた世良は顔色を変え、祥子はペニシリンのアレルギー体質だと指摘し、すぐに病室に走る。

 

高階と世良、美和が慌てて祥子の病室に入ってくる。木下が病室にいて、ペニシリンの投与をストップしていて祥子は助かる。

 

祥子の病室に新しい治験コーディネーターがやってくる。しかし祥子は、やはり木下に担当してもらいたいと話す。

 

帝華大の渡海のもとに木下がやってくる。患者のデータが西崎教授に流れていると話す。その時、武田のオペで患者が心筋梗塞になる。そこに渡海が入ってくる。患者が首を痛がっていたのをすぐ調べればわかったはずだと武田に話す。武田に1千万でたすけてやると言う。見事なメスさばきで内胸動脈の剥離を完成し、危険な状態にあった患者を救う。オペ室を出るとき、腕のない患者は死んだほうがいいとつぶやく。

 

黒崎の執刀で国産ダーウィン カエサルによる大動脈弁置換術のオペが始まる。アームの動きも前よりスムーズで、通常ならてこずる縫合作業が簡単に成功していく。無事に成功したかに見えたが、エコーを左心耳方向に向けると血栓が浮遊していた。すぐに血栓を摘出しなければならない事態になる。

 

守屋は黒崎に一旦閉じるようにと言い、予定していたオペが成功したのだから余計なことをしてはならないと命じる。高階は、今処置しなければ患者の命にかかわるとつっぱね、自分が処置すると決断する。世良にサポート左心耳血栓の摘出を行う。黒崎は、血栓なんて今はどうでもいいんだと高階に詰め寄る。オペ室を映像で見ていた守屋もそれでいいんだと叫ぶが、同席していた木下が、今の会話を患者に聞かせてもよいのかと尋ねる。必要ならルールを変えろ、規則を変えて命を危険な目にあわせてはならないと高階は発言しオペを続ける。すると、黒崎も考えなおし、オペに加わり、無事に血栓を取り去ることに成功する。

 

国産ダーウィン カエサルによる手術が成功したことを喜ぶ黒崎と守屋。そこになんと渡海の姿が。驚く一同に、渡海は帝華大で東城大の患者リストを見つけたと書類を見せる。まっさきに疑われるのは高階だが、東城大のホストコンピューターにアクセスした際のIDが書類には記載されていた。そのIDの持ち主は、看護師の宮元のものであった。

 

帝華大とつながっていたのは宮元亜由美だった。そして、それは院長の守屋が、宮元の父親を治療を条件にさせたことだったのである。渡海は、帝華大で医局員の武田のオペを助けたことで、彼のIDを使い帝華大のパソコンにアクセスし、守屋から西崎教授にデータを送信したメールを突き止めたのであった。退官後、帝華大の系列病院のポストを約束されていたのだ。

 

佐伯教授は今回のことを不問に付すかわりに条件があると守屋に言う。帝華大から戻ってくる渡海の受け入れをお願いしたいと話す。そして、渡海に倍の給料を払うことを約束させたのである。

 

美和は渡海に、東城大に戻ってくる理由をたずねる。東城大でまだやることがあると渡海は答えるのであった。

 

ブラックペアン7話感想

渡海が突然東城大を辞め、帝華大に引き抜かれてしまいます。どこに行っても相変わらずの態度を貫けるのは、自分に余程の自信があるからですね。今日も他の医師の術前の見落としに気付いたようです。
ダーウィンによる治験の次なる対象者からの話で治験コーディネーターの香織が元看護師だったことがわかります。医療過誤に関わって濡れ衣を着せられ、転職していたようです。東城大でも帝華大でも医師の未熟さによる指示間違いや、症状見落としなど、問題が相次ぎます。失敗しておきながら、隠蔽しようとしたり看護師のせいにしたり、挙句の果てには院長が患者データの流出を看護師に命じていたことがわかります。このドラマに出ているのはそんな医者ばかりで、本当に呆れてしまいます。
看護師と医師との関係は実際もこんな風なんでしょうか。
手術が失敗に終わろうとすると颯爽と現れ、手早くリカバリーする渡海はやっぱり格好いいです。不敵な笑みと共に法外なお金を請求していなければ、手術室の悪魔なんて言われず、救いの神と言われるでしょうに。
患者がいる、そいつを助ける、以上。渡海のやることはどこに行ってもそれだけらしいのですが、それこそが医師の本分というもの。医師であるなら誰もがそうであってほしいものですね。あっという間に東城大に舞い戻った渡海の今後の言動から目が離せません。

【ブラックペアンあらすじまとめ】

ブラックペアン1話あらすじと感想 ネタバレは渡海は悪の医師か?

ブラックペアン4話あらすじとネタバレ 渡海が手術をできなくなる?

ブラックペアン5話あらすじとネタバレ 高階は外されダーウィンの論文を巡って新しい争いが勃発!

ブラックペアン6話あらすじとネタバレ 渡海の母春江がダーウィンの治験に

ブラックペアン8話あらすじとネタバレ 渡海がもっている画像の真相は?

スポンサーリンク



 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RETURN TOP
スポンサーリンク

@WOMO管理者「チュー娘」プロフィール

「@WOMO」の管理者「チュー娘」と申します。

女性が気になる話題をピックアップして、もっと深堀し、最新情報をお届けしています。エンタメ情報、現代女性特有な話題、旬な話題など、管理者目線ですが、訪問していただけた読者さまに有益な情報をお届けできればと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします♪

 

アーカイブ

Recommend