コンフィデンスマンJP2話ネタバレあらすじ感想 長澤まさみVS吉瀬美智子の可憐な女同士の戦いに惹き込まれる!

この記事は5分で読めます

「コンフィデンスマンJP」2話が放送されました!第2話ネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。

今回も長澤まさみさん演じる信用詐欺師のダー子、東出昌大さん演じるお人好なボクちゃん、小日向文世さん演じる何にでも変装できるリチャードの3人組が悪党から大金を騙し取ります!最後までどうなるか分からない騙しあいの数々。軽快なテンポ感で一気にコンフィデンスマンの世界に引き込まれてしまいそう!

スポンサーリンク


コンフィデンスマンJP2次に狙うのは桜田リゾート

ボクちゃん、リチャードは寿司職人に扮し美食家に扮するダー子とともにロシア人マフィアを騙そうとするが、あと一息のところで失敗に終わる。何とかマフィアから逃げ切ったもののボクちゃんはそんな危険な詐欺の世界が嫌になり、家族でも友達でもないと言われ、ダー子とリチャードとは縁をきると言って二人のもとを去る。

ボクちゃんは詐欺の世界から足を洗うべく職探しをはじめる。そこで人間らしい暮らしをもとめ伝統と歴史のある老舗旅館「すずや」に行き着いた。
ボクちゃんは「すずや」に住み込みで働くことになった。「すずや」には美しい女将の操(本仮屋ユイカ)がおり、ボクちゃんは操に魅かれていく。

ところが、「すずや」は桜田しず子(吉瀬美智子)が社長として君臨する桜田リゾートが虎視眈々と買取の計画を企てていた。「すずや」は桜田リゾートが2年前にできてからは経営不振に陥っていた。

「すずや」を桜田リゾートに売却することになったものの、桜田リゾートは「すずや」の査定額を0円と査定。従業員を引き取り雇用を継続する約束も守られなかった。そもそも「すずや」は5年前に桜田リゾートから売却話を持ちかけられた際に断っていたために、口コミサイトに悪評を書かれるなどの嫌がらせを受けていた。



そんなやり方に怒りを覚えたボクちゃんは「すずや」再建の為にダー子、リチャードに協力を要請する。

一方、桜田リゾートは経営難の旅館やリゾート施設を買取って、再生をさせてきたのだが、そのやり方は、どんな手を使っても手に入れるというしず子の強引なやり方によるもので有名であった。日本の観光を牛耳るという野望をもっていたしず子は、統合型カジノリゾート施設建設で巨万の大金を得るべく必死になっていた

政界にも太いパイプを持っていたしず子ではあったが、パイプ役の大臣がスキャンダルで失脚してしまった為、新たな大臣である水内との関係をどうにか持とうと必死になっていた。

ダー子は早速、桜田リゾートに潜入すべく猛勉強の末、桜田リゾートに中途採用でインターンとして入社し、しず子に接近していった。

ダー子は水内の地盤である真鶴の松山建設の娘・松山美咲としてしず子の信頼を掴み、しず子からどんな手を使ってでも水内のパイプ役になるよう、また、せめてもリゾート開発予定地を聞き出すよう指示した。

ダー子扮する松山美咲はリチャード扮する水内の私設秘書、鶴田に建設予定地を教えてもらいないかホテルの喫茶店で会う約束をし交渉をしていた。

これは、二人が親戚関係であり、そこに目をつけたしず子が鶴田から開発予定地を聞き出そうと企んだ。なかなか建設予定地を教えてもらえないことにしず子がイラ立ち、過去に美咲と鶴田の間に起きたという選挙カーの中でのスキャンダルを事前に聞き出しており、そのことを餌に鶴田を脅迫することに。

そして建設予定地が真鶴であることをしず子は知った。

スポンサーリンク


コンフィデンスマンJP2話あらすじ 真鶴がリゾート地へ

真鶴に八五郎島があることを美咲の書いた入社時のレポートから睨んだしず子。リゾート施設建設のため島を丸ごと買い取ろうとした。

そこで島の所有者であり民宿の経営を営む小松武雄という人物から島が2億5千万の評価額でありながら2億で買い叩くことを計画するしず子。しかし、しず子の前に現れた小松武雄はボクちゃんが変装で成りすましをしていたのであった。

夜、民宿で夕飯の後片付けをする武雄としず子。しず子は自分を信用させるために武雄にリゾート開発で経営不振の旅館を救いたいという思いを語る。武雄扮するボクちゃんはすっかりしず子の思いに騙されてしまう。

しかしその夜、武雄がライバル企業である大山ホテルグループCEO大山の名刺を持っていたことを知り、憤り買取金額を5億にあげて武雄から買い取ることを目論む。勿論これはダー子が金額を釣り上げるためにおいた罠だった。

すっかり騙されたしず子。いよいよ武雄と契約を結び5億手に入るのを目前とした時、武雄は、瀬戸内の小さな民宿で苦労し経営不振のために民宿をて手放したというしず子に同情し契約書にサインをする手を止めてしまう。そんな時にしず子の家臣である五十嵐に武雄が偽物であるとバレてしまう。

しず子が武雄と二人きりのときにはなした、

「お泊まりが多いと辛いわね」
「たぬきは多いのかしら」

という質問に武雄が勘違いしたため、しず子が不振に思い五十嵐に調べさせていたのだ。お泊まりは仕入た魚が売れ残ること。たぬきは夕飯抜きの客のことをいう。

本物の土地所有者である小松武雄も現れたため、ダー子は偽物の武雄が5億を騙し取る詐欺師であると叫びその場を逃れた。本物のの所有者としず子は契約を結び、変装がバレたボクちゃんはしず子の家臣五十嵐らに捕まり拳銃を額に向けられてしまう。ボクちゃんを背にしず子とダー子が歩き出した時、バーッンと銃弾の音が響き渡った。

それから程なくして桜田リゾートに出勤するしず子。静まり返る事務所でニュースが流れる。統合型リゾートホテルの建設地が沖縄に決まったとのニュースだった。

鶴田という秘書は水内大臣の秘書にはいないこと、松山の姿もなく事務所にはなく慌てて八五郎島に戻るしず子。そこにいたのは契約を結んだはずの小松武雄とは似ても似つかぬ全くの別の人物がいた。
が、しかしこの人物こそが正真正銘の小松武雄本人であった。

一方、ダー子たちは祝杯をあげていた。なんと本物の武雄として現れた人物の五十嵐も実はダー子の仕込みだった。ボクちゃんが揺らいで失敗することを見越していた。しかし、そもそもボクちゃんが旅館のすずやに辿り着いたことすらダー子がすずやへ誘導すべく仕込みだったのだ。

勿論、操のことも・・・

ボクちゃんは足を洗うためにリチャードから受け取った大金を手に「すずや」の女将操のもとへ向かうのだったが、操は板長と抱き合っていた・・・ボクちゃんは「すずや」に大金をそっと寄付しその場を去ったのである。

桜田リゾートの社長しず子は社員が引き止める中、自ら会社を辞め夫と小さな民宿を二人幸せに営むことになった。小さいが身の丈にあった幸せを最後は掴んだしず子。ただ、彼女の野望はまだまだこれから始まったばっかりなのかもしれない・・・

コンフィデンスマンJP2話の感想

1話に続き登場人物の掛け合いのテンポ感が良く、あっという間に話が進んでいきます。長澤まさみの大きな口と目を見開いて大笑いする顔芸も同性が見ていて親近感がよりわき、笑いへと繋がります。ボクちゃんの恋愛模様が今回は描かれていてちょっと切なくなります。

そして吉瀬美智子演じるリゾート界の女王様もハマり役で見ていてとても爽快です。そんな女王様も実は苦しい生い立ちで本当は優しい心をもった人物像が描かれ、じーんと心に響くものがありました。リゾート界を純粋によくしたいとうしず子の思いが民宿でのボクちゃんとの会話のやり取り、会社を後にする際に従業員らに引き止められ、社長がいないとこの国のホテル業界は外資に食われる、しず子社長に会社にいて欲しいと言われた時に、あなたたちがいるじゃないと言って会社を去った言葉は嘘ではなくしず子社長の本心だってのでは?と思えてしまいます。

今回、長澤まさみは美食家・地味なインターンに扮します。ところどころ見せる不敵な笑みや面接で見せるセリフ回しも見どころでした。

リチャードの全くの無関係者であるにも関わらず、秘書に変装をし溶け込んでしまう役どころも、クスッと笑えます。

月曜の夜に笑いと感動ありの爽快・痛快エンターテイメントドラマで楽しい1週間の始まりにしてくれます!

次週はアート界に君臨する役を石黒賢さんが演じます。悪役っぷりとダー子たちの騙し合い最後の最後まで読めない展開が今から楽しみです。



【こんな記事も読まれています】

 

スポンサーリンク




  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RETURN TOP
スポンサーリンク

@WOMO管理者「チュー娘」プロフィール

「@WOMO」の管理者「チュー娘」と申します。

女性が気になる話題をピックアップして、もっと深堀し、最新情報をお届けしています。エンタメ情報、現代女性特有な話題、旬な話題など、管理者目線ですが、訪問していただけた読者さまに有益な情報をお届けできればと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします♪

 

アーカイブ

Recommend