コンフィデンスマンJP6話あらすじとネタバレ 古代遺跡篇は大ピンチ!

drama

「コンフィデンスマンJP」第6話の予告から結末までのあらすじとネタバレを感想とともにまとめてみました。

第6話の今回のターゲットは町おこしのプロの斑井満を内村光良さんが演じキャストに迎えます。どんな騙しのテクニックが繰り広げられるのか目が離せません。ボクちゃん(東出昌大)やリチャード(小日向文世)は今回、どんな活躍をするのでしょうか。ダー子の変装は勿論、ウッチャンの演技の両方に感動してしまいます。

コンフィデンスマンJP6話の予告

コンフィデンスマンJP6話のあらすじとネタバレ 2年前に訪れた村が町おこし

自転車で自分探しの旅をしていたボクちゃん。山間部にある十色村に偶然立ち寄った。そこで夫婦が営む素朴なラーメン屋を訪れラーメンを食べたボクちゃんは素朴な味に感動し涙してしまう。

旅の帰りにふるさとふれあいモールの建設が予定されるという場所をボクちゃんは見かけた。何となく気になりラーメン屋の夫婦の元に戻りふるさとふれあいモールについて聞いたところ、村の人たちはふれあいモールが出来ることを楽しみにしていた。完成したら村は賑わっているからまたおいでと夫婦から言われていた。

2年経ち、十色村に再び戻ったボクちゃん。しかしふれあいモールの建設はされておらず代わりに産業廃棄物処理建設地計画へと看板の文字だけが変わっていたのであった。

以前よりも村も店も廃れてしまっておりふれあいモールの建設は一向に始まらず、ある日事業が立ち行かなくなり頓挫してしまい土地が転売され産業廃棄物処理場になることを知らされた。村の人たちは高齢のため反対することも諦めていた。

この建設にはアメリカ帰りの悪質な経営コンサルタント斑井滿(内村光良)が係わっていた。斑井は町おこしプロジェクトを村人に持ちかけてタダ同然の値段で土地を買い付け、プロジェクトを頓挫させて後輩が社長を勤める産業廃棄物処理会社に土地を転売していたのでした。

斑井はもうけたお金で女遊びにふけっていたのであった。

ボクちゃんはふるさとを取り戻すために工事を止める手助けをダー子達に持ちかけるが、ダー子は産業廃棄物処理場建設の何が悪いことなのか、むしろ儲かるからと言ってボクちゃんの話しに乗り気でなかった。

必死で説得するボクちゃんに産業廃棄物処理場の建設予定地から遺跡でも出てくれば工事は止められるかもしれないとダー子は助言をする。

そこで、ボクちゃんはリチャードが縄文土器のコレクションを持っていることを思い出しリチャードに頼みこんでコレクションの縄文土器を借り受けたのであった。ボクちゃんはその土器を大事に扱うとリチャードに約束した。

コンフィデンスマンJP6話のあらすじとネタバレ 斑井の父は考古学者だった

ボクちゃんは産廃処理施設建設予定地でアルバイトとして潜入し、その土地から土器が出土したと報告をした。報告を受けて、社長である斑井がスポーツカーで現場に乗り込んできた。

土器を手にした斑井であったが、思い切り土器を地面に叩きつけ、さらに足で粉々になるまで踏みつけて破壊したのであった。

斑井が何故そのような行動に出たのか・・・・それには彼の父親の存在が大きく影響していた。父親の斑井万吉は、アマチュアの考古学者で、奇説ばかり唱えて周りからは変人扱いされていた。

家族を顧みず仕事もろくにせず借金まみれになりながらも遺跡発掘に明け暮れる毎日であった。斑井は、幼少期は父親の発掘に最初は喜んで付いていっていたが、段々と嫌悪を抱くようにうなっていった。

父親の万吉はトロイの遺跡発掘で有名なシュリーマンになりたかったようだが、シュリーマンになる前に身体を壊して死んでしまう。残ったのは借金と自費出版した考古学本の返品の山だった。

斑井は相当な女好きであったのでダー子が一肌脱ごうとしたが・・・ボクちゃんが真剣に考えろ!と言ってすかさず止めた。

リチャードが、シュリーマンは事業で成功し大金を手にした。富を手に入れた人間が最後に手に入れたいものは何か?名誉を手に入れたのだと説明を始める。斑井もシュリーマンになる名誉を欲しいはずだが考古学を憎んでいるのでは?しかし、粉々になった土器を見てそこには恐怖があるとリチャードはさらに説明を続ける。

斑井が考古学を憎むのではなくシュリーマンへの欲望を打ち消すために必死で粉々にしたからだと。シュリーマンになれる名誉を目の前にすると斑井もたがが外れるのではと睨んだ。

そこで、本物の巨大遺跡の発掘現場だと信じ込ませるには大量の土器が必要であった。リチャードはこれ以上自分のコレクションを貸すわけにはいかないのでダー子たちと土器を一から作りはじめた。

建設現場で土器が多く発掘されて、その出土した土器を斑井は眺めていた。手に持っていたトンカチで土器を叩き割ろうとした時、ボクちゃんが必死で止めに入った。ここはまだまだ土器が沢山出土する大規模な遺跡の可能性があると言った。

ボクちゃんは大学で考古学を学んでおり大学の考古学教授である牛久先生のもとで学んでいると信じ込ませた。この土地を買い取ったのは斑井である為、歴史に名を残すのは土地を買い取った斑井であると言って信用させた。

そして大学に斑井を連れて行き牛久研究室の部屋で、出土した土器を牛久教授に見てもらい土器が本物であると信じ込ませた。

しかし、牛久教授は実在の教授で、ダー子が本物の教授を引き止めている隙にリチャードが牛久教授になりすまし斑井を騙していたのであった。

家に戻ったダー子はありとあらゆる考古学に関する書籍を読み、斑井万吉の書籍全18巻を全て読んだ。

翌日、建設現場に偽物の牛久教授を連れてきたボクちゃん。五十嵐が新聞記者に扮し写真撮影を始めた。偽物の牛久教授はこの土地は土器が次から次へと出てくるので産業廃棄物処理場の建設を中止し、遺跡発掘で歴史に名を残すように勧めた。しかし斑井は出土した土器が全てレプリカであることを見抜いてしまう。建設反対者のいたずらだとして牛久教授に金を渡しこんな嘘はやめるように言う。

バレバレだったとがっかりするリチャードとボクちゃんを横目にダー子は次々に土器や埴輪を作っていく。さらに筆を持って何かの文書を書くダー子だった。

スポンサーリンク


コンフィデンスマンJP6話あらすじとネタバレ ダー子が変装したのは考古学マニア

建設現場に遺跡現場にマニアが集まって大騒ぎをしている。斑井は建設工事がストップするためイライラしていた。五十嵐がネットで情報を拡散したため本物のマニアが集まってきたのであった。そのマニアの中にボサボサ頭の考古学マニア常滑富子(とこなめとみこ)に扮したダー子が興奮しながら現れた。

土器を発見して大喜びをする富子。牛久教授を見つけ、発掘調査を続けてきたと話し出した。常滑文書を出し、マニア達に山を買い取り遺跡発掘に明け暮れていたと力説をし続ける。まさに斑井万吉の唱えた奇説をアレンジした話しで自分の父親の研究が正しかったとし、人類の歴史を変える発見をしようとマニア達をたきつけ発掘を始めた。

富子はボクちゃんにふるさとラーメンの店に連れていくよう言った。ラーメンを食べているとラーメン屋の夫婦が自分達の村で遺跡があったこと、そのおかげで村が賑わうのではないかと大喜びする。しかし、夫婦の喜ぶ姿を見てうしろめたさをボクちゃんは感じていた。。

その後も遺跡発掘が続いた。続々と土器が発掘される。それをじっと見つめている斑井がいた。マニア達が熱心に発掘する姿に熱いものが込み上げてくるものを斑井は感じていた。

斑井が常滑富子に斑井万吉を知っているかと聞いた。富子にも遺跡に情熱を燃やした父親がいて亡くなってしまい一人で発掘を続けてきたことを話す。山を売ることを何度も考えていた時に遺跡が出た。父親が間違っていなかったと斑井に言う。富子の遺跡への情熱に心打たれた斑井は遺跡が本物だと信じるようになっていく。

ダー子もリチャードも斑井が遺跡を信じ、これでふるさとが救われたと満足気な顔をふる一方で一人浮かない顔をするボクちゃんがいた。

これで産廃処理施設の建設が中止になると確信していた時、工事が再開されたと知る。

なんと、本物の牛久教授が現場調査に現れ遺跡が全て偽物であると告げた。牛久教授に手紙を出して遺跡の調査をボクちゃんが依頼したのであった。ボクちゃんが村の人たちや、ラーメン屋の夫婦が遺跡発見で大喜びする姿を見て騙してしまったことに心を痛めていた。

斑井もまた建設再開の祝杯をあげるものの、鏡に映る自分を見て浮かない表情を見せた。

コンフィデンスマンJP6話のあらすじとネタバレ 斑井は夢を追いかける

翌日、工事が進む建設予定地に富子の姿があった。遺跡発掘ができなくなり、悲しそうな顔をする富子を斑井は見つめていた。

一人、オフィスで富子やマニアたちが遺跡発掘で湧いていた様子を思い出していた。そして鏡に映った女遊びをしている自身の顔・・・そんな時に斑井のもとに父親の書いた書籍「幻を求めて」全巻が届いた。

その本を手にする斑井。全巻一気に読み進めていく。最後の18巻を手にしてときに書いてある一文を口にする・・・取り憑かれるもの・・・。

大金を手に大喜びするダー子。どうして大金を手にしたか不思議がるリチャードとボクちゃん。

斑井が会社を売って山を言い値で買いとったとのだ。ダー子は1億で買った山を3億で売ったのであった。

富子のもとを訪れた斑井は何も出ない山であるのに、やってみないと分からないだろうと言って買ったのだ。

「考古学は学ぶものでも研究するものでもない取り憑かれるもの」何に取り憑かれるのか・・・

名誉でもなく探し求める行為そのものが考古学の喜びであり幸せであることだったのだ。斑井は遺跡があるから山を買ったのでは無い。熱狂する日々。ただ、探し求めることが幸せの生き方だと悟ったのであった。それは父親と同じで探し求める日々を手にしたのだ。

手にした分け前を資金にしたら良いと五十嵐に背中を押され、再建のために村のラーメン屋を再び訪れたボクちゃん。

そこで目にしたのは産廃処理施設工事再開の為、建設作業員達で賑わい大繁盛するラーメン屋があった。何だかがっかりするボクちゃんを横目に考古学に取り憑かれたダー子がいた。

コンフィデンスマンJP6話の感想

ドラマ「コンフィデンスマンJP」第6話が終了しました。

今回は悪徳エリート経営コンサルタントとして内村光良さんことウッチャンがゲストとして登場致しました。ダー子の変装は常滑富子という強烈なキャラクター。

ボサボサ頭で奇声を発しながら遺跡発掘に取り憑かれた人物を公演する長澤まさみさんにまたしても大笑いしてしまいました。また、何故か縄文土器を手作りするシーンは縄文土器の歌と共にアフロ頭のダー子たち。変装?が今回はとてもぶっ飛んでいました。

また、斑井役のウッチャンは最初、スポーツカーで現場に乗りつけ、土器を粉々にしたシーンはとても冷酷な人物で驚いてしまいました。怖い表情のウッチャンにドキドキしましたが、段々と不意に人間味のある表情を時折見せ始めます。

最後は自身の会社を売って考古学は探し求める日々そのものが幸せだということに気づいた心の変化に感動しました。コンフィデンスマンJPのみどころはダー子の変装はもとより毎回ゲストが悪役でもありながら最後に人間味溢れる姿を見せてくれるところではないでしょうか。

コンフィデンスマンJP6話見逃し配信無料は期間限定

コンフィデンスマンJP6話は、5月21日ま19時59分まで無料で見ることができます。

コンフィデンスマンJP6話見逃し配信

【コンフィデンスマンJPあらすじまとめ】

コンフィデンスマンJP1話ネタバレあらすじ 詐欺師は身内もだます!長澤まさみが可愛い

コンフィデンスマンJP2話ネタバレあらすじ感想 長澤まさみVS吉瀬美智子の可憐な女同士の戦いに惹き込まれる!

コンフィデンスマンJP3話ネタバレとあらすじ感想 絵画の騙しのプロを騙せるのか!長澤まさみが巨乳美大生に!?

コンフィデンスマンJP7話ネタバレとあらすじ【家族篇】資産家の娘に成りすますダー子は騙せるのか?

コンフィデンスマンJP8話キャストとネタバレ・あらすじ【美のカリスマ篇】

コンフィデンスマンJP9話キャストとネタバレ・あらすじ【スポーツ編】

コンフィデンスマンJP最終回ネタバレとあらすじやキャスト全話まとめ

 

 

 

 

 

スポンサーリンク


コメント