コンフィデンスマンJP7話ネタバレとあらすじ【家族篇】資産家の娘に成りすますダー子は騙せるのか?

「コンフィデンスマンJP」第7話の予告から結末までのあらすじとネタバレを感想とともにまとめてみました。

第7話の今回のターゲットはキャストに竜雷太さんを迎え、資産家で闘病中の与論要造です。ボクちゃん(東出昌大)やリチャード(小日向文世)は今回、どんな活躍をするのでしょうか。ダー子(長澤まさみ)の変装は勿論、3人組が世の中に蔓延る悪党達を見事な変装で騙していきます。大金を手にするためにあらゆる罠をしかけていくのが今回も楽しみです!

ダー子が与論要造の愛人の娘になりすまし要造宅に潜入します。家族を知らないダー子たちは余命幾ばくも無い要造の娘になりきり、本当の家族になって大金を手にすることはできるのでしょうか。

スポンサーリンク


コンフィデンスマンJP7話の予告と簡単なあらすじ

ダー子(長澤まさみ)とボクちゃん(東出昌大)は、リチャード(小日向文世)から知り合いだった矢島理花(佐津川愛美)の話を聞く。理花は、天涯孤独で夜の仕事を転々としスリまでするようになっていた。リチャードは時々理花にあい、まともな生活をするように説得するも応じず、刑務所までいくはめに。

服役中の間、理花の荷物を預かることになったリチャードは、理花の荷物を見てダー子と共に理花の母親の遺品を見つける。

送り主は、与論要造(峰竜太)で、10憶の資産を子供の誰かに譲ると書かれていた。

理花は、与論要造の愛人の子で、与論要造の正妻の子供にいじめを受け、与論家から出ていた。

その与論要造だが、違法スレスレの株式操作を行っているやくざでもあった。

服役中の理花に会いに行ったダー子は、18年間も要造に会っていないことをしると、理花になりすまし、要造に会いに行く。

理花の兄妹、祐弥(岡田義徳)と弥栄(桜井ユキ)は疑いの目をむけるのであった。

コンフィデンスマンJP7話のキャスト

<コンフィデンスマンJP7話キャスト>

ダー子・・・長澤まさみ

ボクちゃん・・・東出昌大

リチャード・・・小日向文世

与論要造・・・竜雷太

 

コンフィデンスマンJP7話あらすじ 理花になりすましたダー子

鎌倉の豪邸で息子と娘、お手伝いさんと与論要造(竜雷太)は暮らしていた。

ある日、理花と名乗る若い女性の客が要造のもとに現れた。理花は10歳の時に要造の家を出ていった娘で父、兄、姉の顔が見たくなったと言って戻ってきたのだ。兄の祐弥(岡田義徳)と弥栄(桜井ユキ)は突然現れた理花のことを疑い不審感を抱いていた。何を隠そう家族の前に現れた娘の理花はダー子が変装していたのであった。

 

遡ること1年前、リチャードがバーで一人呑んでいた時に酔っ払った客を装ってリチャードの財布をすろうとした女性がいた。リチャードが逆にこの女性の財布をすりかえしていたところから、何度かバーで会うようになった。この女性は天涯孤独の身で夜の仕事を転々としているうちにスリに手を出すようになったという。その女性の名は矢島理花(佐津川愛美)。リチャードはまともな生き方をするよう何度も説得をしていたが、彼女はスリを続けた挙句、ある日スリに失敗し警察に捕まってしまう。

理花が出所するまでの間、理花の家財道具を預かることになったリチャードだったが、ダー子は家財道具の中から金目のものを物色し、亡くなった理花の母親の遺品にあった手紙を発見する。

 

手紙は理花の父親から理花の母親にあてたもので、「理花は元気にしているか。金庫に処分に困る資産で10億円の証券があり、子供の誰かに譲ろうと思っている」と書かれてあった。この手紙の送り主は与論要造であった。

スリをおこなっていた理花こそダー子が変装していた与論要造の娘であった。

 

ボクちゃんはリチャードから理花の手紙の話を聞いていた頃、ダー子は刑務所の理花と面会し理花の素性を聞いていた。理花は要造の愛人に産ませた子供で義理の母親や兄姉からひどい苛めを受けていた。10歳の時に要造のもとを離れて実の母と暮らしていたが愛人稼業がしみついた母とは折り合いが悪くなり、17歳で実の母のもとを飛び出し一人で生きてきたのであった。

また、五十嵐(小手伸也)の調べによると要造は違法スレスレの株式操作で荒稼ぎをおこなってきた経済ヤクザで金と女にしか興味が無い人物であった。そんな父親要造の金なんて1円たりとも理花は受け取りたくなかった。

ダー子は理花から鎌倉の豪邸の話、柱時計の音、理花の部屋のことなどを聞き出していた。

そしてダー子は豪邸に潜入し、与論家の人間をうまく騙した。不審に思っていた兄姉達はダー子の髪の毛を採取しDNA鑑定に出すも、五十嵐を使って調査結果を偽り上手くすり抜けた。

 

ダー子は要造の家に潜入し金庫を破ることを試みるもなかなかうまくいかなかった。

そんな時に要造に猫を被っていることを見破られ、本性を見せろと言われる。また結婚のことで何かあったのではないかと心配した要造にダー子は造り酒屋の息子との結婚が破断になったという作り話をした。

要造に相手の男を締め上げてやるから連れて来いとダー子は言われてしまう。

ボクちゃんは、何で自分が行かなければならないのかと憤るも、リチャードにダー子を見捨てれば良いと言われ、結局要造のもとへ婚約者として会いにいった。

要造に自分は造り酒屋の跡取りを捨て家を出たこと、そして娘さんをくださいと誓い婚約者として認められたボクちゃん。要造に気に入られ親子の杯を交わした。

ダー子は大喜びでボクちゃんに抱きつく。ボクちゃんはバレたら大変なことになるから10億円は本物の理花さんが受け取るべきだとダー子に訴える。しかしダー子は本物の理花は父親のお金は受け取りたくないとの意志を示していること、理花の兄も姉も遺産目当てで父親の世話をしているから自分が遺産を手にすると言う。

そしてダー子はボクちゃんに家族なんて幻想だと言う。世の中にはろくでもない親がいるんだと・・・・。

 

コンフィデンスマンJP7話あらすじ 兄や姉も詐欺師

ある朝、食卓で要造と兄・姉・ダー子、ボクちゃんとお手伝いさんで食卓を囲んでいた。要造が今年も「アレ」が楽しみだなと笑顔で話す。要造が理花は毎年「アレ」が楽しみだったという。今年は家族みんなで久しぶりに「アレ」ができると大喜びになる。そしてその準備をダー子とんボクちゃんでするよう要造に命じられるのであった。ダー子たちのほうが気に入られたのではないかと焦る兄と姉だった。

食事の風景を一部始終を録画していたボクちゃんがリチャードを通じて服役中の本当の娘の理花に映像を見せた。す

ると理花が映像に映る、兄の祐弥と弥栄を見て二人は誰なのかと聞く。左利きだったはずなのに右手で食事をしていることに気づいたのだ。

リチャードから連絡を受け、ダー子とボクちゃんは、祐弥と弥栄が12〜3歳のころに母親と家を出て半年前にひょっこり帰ってきたばかりであったことをお手伝いのさとこさんに教えてもらった。五十嵐の古い仲間で祐弥と弥栄の正体を知っている者がいた。二人が巣鴨のキンタとギンコという通り名で年寄りをカモにし小金を稼ぐペテン師であるという。半年前から与論邸に潜入し遺産目当てで子どもになりすまし要造を騙していたのであった。

キンタとギンコもダー子とボクちゃんが偽者であると睨んでいた。

食事の時にバラそうと思ったがバラすことをやめたダー子。要造は嬉しそうに食卓を囲んでいた。

ダー子が何でばらさなかったのかボクちゃんに聞かれたところ偽物VS偽物どっちが上か対決したくなったという。一方、ギンコも闘志を燃やしていた。劇団の子役を使って偽物の孫を使って要造の機嫌をとるギンコたち。

要造は最後の心残りは娘二人の花嫁姿が見れなかったことだという。閃いたダー子はボクちゃんを見てにやりとする。

そしてウェディングドレスを着たダー子はボクちゃんと結婚式を挙げるのであった。

誓いのキスをせがまれダー子はボクちゃんと唇を近づける・・・・

もう思い残すことが無い。自分が死んだら二人に受け取ってもらいたいものがあると要造が嬉しそうにダー子たちに言いかけた時、キンタとギンコが慌てて話に入ってきた。3人で遊んだ子供時代について話はじめた。木に登って大怪我をしたこと、理花が骨折したことを話はじめた。ダー子は骨折したことは覚えていないと言うが、要造はダー子に骨折したことを覚えていないのか言う。ギンコはついにダー子がボロを出したと攻め、口の粘膜から採取して調べるDNA

検査をするよう詰め寄った。

追い詰められたダー子はいつも小さい頃から愛人の娘として虐められて要造もそれを見て見ぬ振りしてきたことを訴えた。ボクちゃんが、もう出ていこうとダー子を連れて出ていこうとしたが、キンタとギンコが二人を逃そうとしなかった。ダー子、ギンコがお互い偽物とののしりあっていると要造が結婚式のウェディングシャワーで使う花びらを投げつけた。兄弟喧嘩をやめろ、遺産目当てで尽くしていることも分かっているが構わない。子供だからだと要造は言った。家族なら最後まで家族らしく振る舞えと言ってその場を去る要造であったが突然倒れてしまう。

コンフィデンスマンJP7話のあらすじとネタバレ 家族とは?

要造は何とか一命をとりとめた。それからはみんな子供のふりを続けた。

食卓を囲んでいた時、もうすぐアレの時期だという話になった。アレというのは花火大会のことであった。

そんな時にダー子の携帯にリチャードから電話が入った。参ったという顔をするダー子。

ダー子はキンタとギンコを連れある人物達に会いにいった。与論要造の実の娘と息子で本物の祐弥(中尾明慶)と弥栄(前田敦子)がいた。実は手紙は何通も送られてきて資産の金額もどんどん増えていっており金庫の中身は陽造の過去関係を持った女性の写真だという。要造は破産して一文無しで、全て年寄りの虚言だと言った。

遺産があるといことが全て嘘だと知ったキンタとギンコ。金庫の中身も二人の息子と娘が知っており金庫を開けると女性の写真ばかりで、嘘だっと落胆する。二人は撤収し豪邸を出ていってしまった。ダー子も豪邸を出ていこうとした時、みんな一辺に去ったら要造がどう思うか、ボクちゃんは例え相手がどんな人間でも騙すというのは最低なことで最後まで騙し通すべき、夢を見させたまま逝かせてあげるべきだと言って一人残った。

それから3週間後、寝ているダー子のもとに要造の葬儀を終えたボクちゃんがやってきた。ボクちゃんは要造が死ぬ直前に変なことを言っていたと話す。子供達が出ていったのに残ったボクちゃんに要造が嘘のはずの金庫の中の遺産を譲る話をして金庫の番号を伝えたのだ。聞いていた番号が本物の祐弥生と弥栄が言っていた金庫の番号と違っていたのとあるはずない遺産を要造が嘘と現実もわからなくなったのかとボクちゃんは思っていた。

しかし金庫の番号を聞いたダー子は大喜びする。なぜならこの番号こそが要造の遺産を保管した金庫の鍵の番号であったからだ。

何と本物の祐弥と弥栄として現れた二人はダー子の仕込んだ子猫ちゃん達だったのだ。そして金庫をすり替えお金庫には遺産なんて無いとキンタとギンコを騙して撤収させ、遺産をまんまと総取りしたダー子でたった。

要造はちゃんと遺産を持っていたのであった。

コンフィデンスマンJP7話のあらすじとネタバレ 花火大会で衝撃的な事実を知る

お金目当てでないボクちゃんと一緒にいれた要造は確かに幸せだったのでは?とダー子がボクちゃんに言う。ボクちゃんはキンタやギンコのことを最後までばらさなかったダー子に、後悔は無いのかと聞く。ばらしたら要造のことが本当は可哀想だと思ったからじゃないのか?、そしてひと時でも自分たちは家族だったんじゃないか?と言った。

 

そして花火大会当日、ダー子、ボクちゃん、そしてキンタとギンコ、お手伝いのさとこさんが集まった。

ボクちゃんはキンタとギンコにも遺産を分け与えていた。要造の座る椅子を用意し、そこに要造の位牌を置いた。

お手伝いのさとこさんの職がなくなってしまったことを心配したダーコではあったが、さとこさんは要造から遺産を受け取っていたと嬉しそうに話す。それも4人よりも多い金額だという。与論要造最後の女は流石たくましかった。

打ち上げ花火があがる。笑顔で花火を見る要造の姿がみんなの真ん中にあった。

 

棺桶に家族の写真を入れて欲しいとさとこさんにお願いしていた要造。さとこさんが昔の本物の家族写真を入れるのか聞いたところ、要造が入れて欲しいとお願いしたのは、ダー子とボクちゃんの結婚式でのキンタとギンコも家族として写る偽物の家族写真であった。

 

コンフィデンスマンJP7話の感想

ドラマ「コンフィデンスマンJP」第7話が終了しました。

今回は竜雷太さん演じる与論要造がターゲットでした。家族を知らないダー子やボクちゃんが偽物でも家族を演じ最後は本当の家族になった、少なくとも要造にとっては本当の家族になったことがとても切なく感じました。要造は極道の親分ということでしたが、とても良いおじいちゃんで家族想い、愛情に溢れた人だと思います。ダー子のこともボクちゃんのことも、そしてキンタギンコのことも愛情持って接していたのではないでしょうか。家族団欒の時間にみせる要造の表情はとても穏やかで悪党さを感じさせません。結局本当の娘や息子は要造のもとに帰ってこなかったこともターゲットとはいえ少し寂しい想いがしました。

最後に10億もの大金を手にするダー子でしたがちゃんとキンタとギンコにも遺産を分けたボクちゃんの優しさと約束した「アレ」に全員集合して一緒の時間を過ごした瞬間は感動的でした。家族を知らないダー子たちが家族を知ったとても温かい素敵なストーリーだったと思います。

【コンフィデンスマンJPあらすじまとめ】

コンフィデンスマンJP1話ネタバレあらすじ 詐欺師は身内もだます!長澤まさみが可愛い

コンフィデンスマンJP2話ネタバレあらすじ感想 長澤まさみVS吉瀬美智子の可憐な女同士の戦いに惹き込まれる!

コンフィデンスマンJP3話ネタバレとあらすじ感想 絵画の騙しのプロを騙せるのか!長澤まさみが巨乳美大生に!?

コンフィデンスマンJP6話あらすじとネタバレ 古代遺跡篇は大ピンチ!

コンフィデンスマンJP8話キャストとネタバレ・あらすじ【美のカリスマ篇】

コンフィデンスマンJP9話キャストとネタバレ・あらすじ【スポーツ編】

コンフィデンスマンJP最終回ネタバレとあらすじやキャスト全話まとめ

スポンサーリンク


 

コメント