コンフィデンスマンJP7話あらすじとネタバレ【家族篇】資産家の娘に成りすますダー子は騙せるのか?

この記事は2分で読めます

「コンフィデンスマンJP」第7話の予告から結末までのあらすじとネタバレを感想とともにまとめてみました。

第7話の今回のターゲットは竜雷太さんを迎え、資産家で闘病中の与論要造です。ボクちゃん(東出昌大)やリチャード(小日向文世)は今回、どんな活躍をするのでしょうか。ダー子(長澤まさみ)の変装は勿論、

スポンサーリンク


コンフィデンスマンJP7話の予告と簡単なあらすじ

ダー子(長澤まさみ)とボクちゃん(東出昌大)は、リチャード(小日向文世)から知り合いだった矢島理花(佐津川愛美)の話を聞く。理花は、天涯孤独で夜の仕事を転々としスリまでするようになっていた。リチャードは時々理花にあい、まともな生活をするように説得するも応じず、刑務所までいくはめに。

服役中の間、理花の荷物を預かることになったリチャードは、理花の荷物を見てダー子と共に理花の母親の遺品を見つける。

送り主は、与論要造(峰竜太)で、10憶の資産を子供の誰かに譲ると書かれていた。

理花は、与論要造の愛人の子で、与論要造の正妻の子供にいじめを受け、与論家から出ていた。

その与論要造だが、違法スレスレの株式操作を行っているやくざでもあった。

服役中の理花に会いに行ったダー子は、18年間も要造に会っていないことをしると、理花になりすまし、要造に会いに行く。

理花の兄妹、祐弥(岡田義徳)と弥栄(桜井ユキ)は疑いの目をむけるのであった。

コンフィデンスマンJP7話あらすじ

放送されてから追記します。

 

スポンサーリンク


コンフィデンスマンJP7話のあらすじとネタバレ

放送されてから追記します。

 

コンフィデンスマンJP7話の感想

放送されてから追記します。

 

コンフィデンスマンJP8話予告

放送されてから追記します。

【コンフィデンスマンJPあらすじ】

コンフィデンスマンJP1話ネタバレあらすじ 詐欺師は身内もだます!長澤まさみが可愛い

コンフィデンスマンJP2話ネタバレあらすじ感想 長澤まさみVS吉瀬美智子の可憐な女同士の戦いに惹き込まれる!

コンフィデンスマンJP3話ネタバレとあらすじ感想 絵画の騙しのプロを騙せるのか!長澤まさみが巨乳美大生に!?

コンフィデンスマンJP6話あらすじとネタバレ 古代遺跡篇は大ピンチ!

スポンサーリンク


 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RETURN TOP
スポンサーリンク

@WOMO管理者「チュー娘」プロフィール

「@WOMO」の管理者「チュー娘」と申します。

女性が気になる話題をピックアップして、もっと深堀し、最新情報をお届けしています。エンタメ情報、現代女性特有な話題、旬な話題など、管理者目線ですが、訪問していただけた読者さまに有益な情報をお届けできればと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします♪

 

アーカイブ

Recommend