dele(ディーリー)最終回ネタバレ キャストや視聴率まとめて更新中!

dele(ディーリー)

2018年の夏ドラマでは、菅田将暉さあんと山田孝行さんがW主演する「dele(ディーリー)」が放送されます。

原作ではなく原案である本多孝好さんの「dele」をもとにオリジナルストーリーとなっています。

あらすじを1話から最終回まですべて更新しながら、ドラマの視聴率や撮影するロケ地を目撃情報と共にお伝えしていきます。

キャストも豪華で最終回まで見逃せないですね。

スポンサーリンク


dele(ディーリー) ドラマ予告あらすじ

被告人として出廷した何でも屋・真柴祐太郎(菅田将暉)に興味を持った弁護士・坂上舞(麻生久美子)は、すぐさま保釈手続きを取り、彼に仕事を紹介する。それは舞の弟・坂上圭司(山田孝之)が「dele. LIFE」という会社を立ち上げ、単独従事している秘密裏の仕事…。クライアントの依頼を受け、その人の死後に不都合なデジタル遺品をすべて“内密に”抹消する仕事だった!

やがて、圭司のPC端末「モグラ」がある信号を感知する。ゴシップ記者をしている依頼人・安岡春雄(本多章一)のデバイスが、まったく操作されなくなったのだ! 死亡確認に向かった祐太郎が、自殺したと思われる安岡の遺体を発見したため、圭司は速やかにデジタル遺品を削除しようとする。ところが、安岡が息子・俊(川口和空)と交わした“約束”について知った祐太郎は、他殺の可能性を主張。証拠を見つけるためにも、デジタル遺品の中身を確認しようと言い出し…!

まもなく、スケジュールアプリの内容から、安岡が片山薫(江口のりこ)という城南署の人間と頻繁に会っていたことが判明。祐太郎は事情を聴くため、薫のマンションを訪れる。ところが、中から出てきた謎の男・牧野(般若)に突如襲われ…! 一方、圭司はデジタル遺品の中に“とんでもない事実”を格納した隠しフォルダを発見する――。

(テレビ朝日)

dele(ディーリー)cast

キャスト

真柴祐太郎・・菅田将暉

坂上圭司・・・山田孝之

坂上舞・・麻生久美子

1話ごとにゲスト出演が決まっています。

相関図

(テレビ朝日)

dele(ディーリー)原作はある?

原案・パイロット脚本

本多 孝好さん。原作はいちおあります。

原作はありますが、ドラマ版はオリジナルストーリーということで、読んでも最終回ネタバレにはならないので、読んでみてください。

 

dele(ディーリー) 主題歌

deleの主題歌はまだ発表されていません。

音楽担当の方は、岩崎太整さん


スポンサーリンク


dele(ディーリー)視聴率

1話
2話
3話
4話
5話
6話
7話
8話
9話
最終回

 

放送され次第、追記していきます。

dele(ディーリー) ロケ地

6月18日ファーストキッチン田無店

6月19日横浜山下公園

 

dele(ディーリー)1話あらすじ

<ゲスト出演>

牧野(35)………般若

片山 薫(44)………江口 のりこ

hulu

dele(ディーリー)2話あらすじ

 

dele(ディーリー)3話あらすじ

 

dele(ディーリー)4話あらすじ

 

dele(ディーリー)5話あらすじ

 

dele(ディーリー)6話あらすじ

 

dele(ディーリー)7話あらすじ

 

dele(ディーリー)8話あらすじ

 

dele(ディーリー)9話あらすじ

 

 

dele(ディーリー)最終回ネタバレあらすじ予想

 

 

 

スポンサーリンク


コメント