藤島康介が裁判中のA子(元婚約者)は誰?3股の事実婚でねこむと離婚寸前

この記事は3分で読めます

漫画家の藤島康介氏が人気コスプレイヤーの御伽ねこむさんとデキ婚した裏では、15年の事実婚した元婚約者A子さんの存在が明らかになり、現在裁判中とのこと。元嫁と御伽ねこむさんと元婚約者と3股になりますね、、

藤島康介氏の裁判中の元婚約者A子さんは一体誰なのでしょうか?

スポンサーリンク

 

藤島康介が訴えられ現在裁判中!

ビックリ情報が飛び込んできましたね。漫画家の藤島康介氏が31歳の年の差で、昨年6月29日に人気コスプレーヤーの御伽ねこむさんとデキ婚しましたが、その影には元婚約者の存在が明らかになり、現在裁判中とのこと。御伽ねこむさんが、藤島康介氏の「ああっ女神さまっ」が人生の中で一番好きな漫画だと挙げ、好きな男性のタイプに「絵が上手い人」とコメントしていて、御伽ねこむさんのほうからアプローチしたとか。

妊娠がわかり結婚へ至ったわけですが、その裏では、15年の事実婚していた元婚約者A子さんの存在がありました。

 

前の嫁と結婚
 ↓
前の嫁と別居生活中に元婚約者A子さんと2000年から事実婚15年
 ↓
元婚約者A子さんと事実婚の間に御伽ねこむさんとデキ婚

 

元婚約者A子さんとの事実婚は、今から20年ほど前。ファンサークルで知り合い、藤島康介氏からアプローチし、藤島康介氏が元婚約者A子さんの仕事場まで迎えに行って食事して帰ったり、マンガ編集者との打ち合わせにも同席する、元婚約者A子さんの職場旅行に藤島康介氏が同行したり、元婚約者A子さんの親戚との食事会でも結婚について聞かれると「もう少ししてから」と、藤島康介氏の住いが住いである川崎市から元婚約者A子さんの福岡で月に20日過ごすくらいの仲になっていきました。結婚を意識していたと言われています。

元婚約者A子さんと結婚に踏み切れなかったのは、前の嫁との間に幼い子どもがいて、成人するまでは前と嫁と離婚できないと藤島康介氏から言われていたからです。前の嫁とすでに別居していました。

交際10年目には藤島康介氏からプロポーズされ、信じ続けました。

2014年に、前の嫁と離婚が成立し、子供が成人しましたが、元婚約者A子さんには離婚したことを知らせず、藤島康介氏が福岡で過ごす時間が減っていきました。

前の川崎市へ戻っていて、彼女が昨年6月18日から20日に出張していたときに、藤島康介氏は、同棲していた福岡の部屋から自分の荷物を持ち出していました。そして、元婚約者A子さんへプレゼントして指輪や二人の交際がわかるような証拠はすべて捨て、

「福岡の荷物を全部片づけました。もう戻りません」
(週刊女性)

と一方的に別れを切り出しています。

元婚約者A子さんが何か悪いことをしたという理由もなく、「A子が自分に冷たくなり、悪く言うようになったから」と。

その9日後、御伽ねこむさんがTwitterで結婚を発表しました。

スポンサーリンク

藤島康介の元婚約者A子は誰?

二人の関係を知っている共通の友人や、仕事関係の人達からその日は電話が鳴りっぱなしになり、「何か起こった?」「どういうこと?」となっていきます。

周囲は、長く付き合っていたから「結婚」するものだと思っていたし、藤島康介氏が別の女性御伽ねこむさんと結婚することに驚きを隠せなかったのでしょう。

元婚約者A子さんもネットで、藤島康介氏が御伽ねこむさんと結婚することを知りました。そのご、鬱になり訴訟を起こました。

裁判では、藤島康介氏は結婚の申し込みをしていないと事実を否認しているようで、元婚約者A子さんに取材をすると、裁判が終わるまでは何も答えられないと回答がありました。

 

元婚約者A子さんは、

・福岡在住

の女性ですね。20年以上前に知り合ったとなると、藤島康介氏と同じ年齢ぐらいでしょうか。15年間待ち続けて人の裏切られるのは、相当辛かったはず。

 

ネットの反応は

「作品に影響しなければ良いけど…。こう言う事って、意外に作品の端端に出てきちゃったりするんですよねえ…。好きな漫画家さんだけに、それがないと良いのだけれど…。」

「御伽ねこむと藤島康介の息子、マジで生まれた意味を知る人生になりそうなの可哀想過ぎる」

「テイルズの人的な認識だったけど ことがことだけに以後この人のイラスト見てもまともに見れなくなりそう」

藤島康介氏が御伽ねこむさん以外にも愛人がいたと思われ、妊娠してしまったから結婚することに。藤島康介氏も望んでいた結婚ではなかったと思われています。

御伽ねこむさんは、妊娠し出産することにより、もし離婚になっても慰謝料と養育費が入りますね。

裁判の途中経過は、追記していきます。

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)