藤吉久美子と浮気相手深沢義啓の文春砲画像!旦那の亭主関白が原因で路線バスロケ中不倫しホテルで密会!

この記事は3分で読めます

女優の藤吉久美子さん(56)が熟年離婚危機で文春砲!浮気相手とされる大阪朝日プロデューサーA氏と密会し、W不倫です。ネットでは浮気相手の判明し、深沢義啓氏のようです。夫太川陽介さんは浮気の事実は知らず、藤吉久美子さんはどんな説明をするのでしょうか?

スポンサーリンク


藤吉久美子の浮気相手深沢義啓氏の画像

藤吉久美子さんは、夫太川陽介さんと1995年に結婚。39歳で子供(長男)を出産しています。1988年に歌舞伎役者の坂東正之助さん(現在河原崎権十郎)と結婚しましたが、1992年に離婚しています。

藤吉久美子さんを良く知る人の話では、厳しい医者の家庭で育ち中学高校はミッションスクールに通っていて、あまり男性を知らないのではないかといいます。今まで幸せに育ってきた環境が一人の女としてみてくれる人がいるというのは心強いというもの。

さて、藤吉久美子さんは浮気相手ですが、すでに判明しています。週刊文春によると、

・大阪の朝日放送(ABC)のゼネラルプロデューサー
・既婚者
・50代
・東京支社に単身赴任中
・ABCのドラマのトップの立場
・「温泉㊙大作戦」「広域警察9」のプロデューサー


映画24区School

主な作品
「部長刑事」
「女と男と物語」
「恋するベトナム」
「サントリーミステリー大賞」
「時効」
「WINDS OF GOD」
「土曜ワイド劇場」他

藤吉久美子の経歴

<藤吉久美子プロフィール経歴>
本名:坪倉久美子(旧姓:藤吉)
生年月日:1961年8月5日
年齢:56歳
出生地:福岡県久留米市
身長:160cm
血液型:AB型
所属事務所:劇団青年座映画放送
学歴:久留米市立大善寺小学校卒業、福岡女学院中等部卒業、福岡女学院高等学校卒業、大阪芸術大学芸術学部舞台芸術学科中退。

スポンサーリンク


藤吉久美子の路線バス不倫文春記事内容

藤吉久美子さんは、浮気相手深沢義啓氏のマンションへなんども通っているところを週刊文春に撮られています。言い訳ができないほどの回数ですが、不倫の事実は認めていません。

週刊文春の記事をまとめました。
<11月11日>
午前中に自宅を出た藤吉久美子さんは、路線バスで浮気相手深沢義啓氏が待つマンションへ向かいます。このマンションは深沢氏のマンションのようで、東京支社勤務で単身赴任中です。藤吉久美子さんは合鍵を持っているようでスムーズに出入りできるようです。この日も2時間マンションで滞在。

<11月14日>
銀座でデート。

<11月17日>
藤吉久美子さんのロケ現場で合流し、その後フードコーディネートターの誕生日パーティーへ二人で参加しました。

<11月23日>
宮崎県で、「広域警察9」のロケ現場であり、藤吉久美子さんは「島津発症まつり」の女城主に参加していました。その傍らには、浮気相手のA氏深沢義啓氏がいて、寄り添うように、優しく手を取り合っていました。翌日のライブに備えてホテルに滞在しています。藤吉久美子さんと浮気相手深沢義啓氏は同じフロアの部屋を取り、午後11時半ごろ、深沢義啓氏が部屋に戻りますが、自分の部屋を出て、藤吉久美子さんの部屋に入っていきます。

<11月24日>
翌日の朝8時半ごろ、浮気相手A氏の藤吉久美子さんの部屋を出てきて、二人はレストランで食事。ライブが終わったこの日も藤吉久美子さんの部屋で二人で過ごしました。

<12月4日>
夫の路線バスの番組「ぶらり途中下車の旅」の年末特番のためにロケに出かけると、藤吉久美子さんは路線バスに乗り、午後2時に入り2時間滞在。

<12月6日>
夫のいない間に、また深沢義啓氏のマンションへ。午前中から入り、午後1時半まで出てこなかったようです。

12月9日 午前10時に夫太川陽介さんに送ってもらい最寄りの駅へ、港区のマンションへタクシーで入ります。2時間滞在したのち、同じマンションから浮気相手の深沢義啓氏が出てきて、一緒に歩き始めます。

藤吉久美子さんは、所属事務所「

最近では、斉藤由貴さんの不倫が問題になりましたし、熟年の不倫が見つかっていますね。すぐに離婚とはならないと思いますが、夫太川陽介さんと話し合いは済んでいるようです。熟年不倫の代償は、大きいものとなるでしょう。

【こんな記事も読まれています】

嵐グッズ名古屋2017の待ち時間や売り切れは?最新情報レポやプレ販売は12月14日!

押しだしましょう子の大学や本名・経歴まとめ【画像】鳥取市職員で芸名の由来は?

野村沙知代の若い頃画像!野村克也とスキャンダルで生い立ちは大学経歴虚言癖

永島優美が彼氏とフライデー!Mr.サンデーディレクターは誰?【画像】父も承認済みか

 

スポンサーリンク



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)