崖っぷちホテル6話あらすじとネタバレ 時貞の秘密とは?

この記事は4分で読めます

崖っぷちホテル6話あらすじとネタバレを感想と共にまとめていきます。

若くして総支配人となった桜井佐那(戸田恵梨香)は、なんとかホテルを昔のようにお客様が沢山来て下さるようなホテルに立ち直そうと奮起するがなかなか上手くはいかなかった。

そこに「バリストンホテル東京」の副支配人だった宇海直哉(岩田剛典)が訪れたことによって、宇海を「グランデ・インヴルサ」の副支配人として雇うことになる。宇海が入ったことにより「グランデ・インヴルサ」はかつての栄華を取り戻すことができるのか。

スポンサーリンク


崖っぷちホテル6話予告

ブライダルを乗り越え、少しずつ従業員の意識ができ始めました。

そんな中時貞(渡辺いっけい)が暴力を振るったので、厳正な処罰しないと訴えるという告発状がホテルに届く。

宇海(岩田剛典)と佐耶(戸田恵梨香)は驚き、時貞に聞くがいたずらだと言い返し、ホテル中にこの話は広まってしまう。

かつて常連だったら自治会長の後藤(でんでん)が乗り込んできて、時貞を出せといい、顔には怪我が。告発状は後藤だと疑い始め、時貞はワケがありそうで、いつものように断ることもできなかった。

後藤は、以前泊っていた屋根裏部屋へ案内しろと言い出したので、従業員たちが荒れ放題の屋根裏部屋の掃除を始めるが、不満が募っていた。

崖っぷちホテル6話あらすじ

丹沢(鈴木浩介)の辞職を乗り越え、ブライダルイベントを成功させることで従業員達の団結力が高まってきたと思っていた矢先、時貞(渡辺いっけい)に「時貞(渡辺いっけい)が暴力を振るったので厳正な処罰をしなければ訴える」という告発状が届く。

差出人は不明だったが、驚きを隠せない宇海と佐那は時貞に確認することに。時貞は、こんなの誰かのイタズラだとなかったことにしようとする。このまま終わるのかと思ったが、裕子(川栄李奈)が告発状を見てしまったことであっという間に従業員達に広まってしまうのだ。

ある日、かつての常連だった自治会長である後藤(でんでん)がホテルにやってくる。そこで、時貞を出せと騒ぎだすのだ。

時貞が姿を見せると部屋を用意しておくようにと告げその場を後にする。唖然とする従業員達をよそに後藤の顔には怪我があったのだ。先日ホテルに届いた告発状は後藤からだったのかとみんなが確信をしていたが、宇海だけは恐れるどころか以前からの常連客が戻ってきてくれたのだと喜んでみせるのだった。

さっそくみんなで会議を開き、後藤は昔からの常連客であるものの頑固者で口うるさく昔から様々なことに文句をいってくるお客様だったために宿泊をお断りするべきだという従業員に対し、宇海は常連客がもどってきたからには最高のおもてなしをと張り切って居る様子だった。

後藤のクレームはワガママなのか

後藤は娘を連れてホテルに再びやってくる。さっそく準備しておいた部屋に案内しようとすると、以前に泊まっていた屋根裏部屋に泊まると怒りだすのだった。

昔は屋根裏部屋にお客様をお通しすることもあったのだが、現在はホコリがかぶって泊まれる状況ではなかったのだ。待ってでもいいから屋根裏部屋に泊まるといいだす後藤に対して時貞は受け入れることにするのだ。長吉(宮川大輔)ら清掃員がさっそく掃除に向かう。ホコリだらけの屋根裏部屋にやる気をなくしてしまう長吉らだったが、宇海も手伝い清掃をはじめる。

清掃を終えた屋根裏部屋に後藤を通すも、全然清掃ができていないと怒りだし外に出かけてくる間にまた清掃し直しておけといわれてしまうのだった。無理なクレームともいえる後藤の言い分に従業員達もぎくしゃくしはじめる。再び集まった従業員達の前で時貞は清掃がなってないからまた後藤が怒り出したのだと長吉らに文句をいう。横柄な時貞の言い方に、長吉も耐えられずに、宇海がきたことによって雰囲気が良くなっているのに、それを壊すのはいつも時貞だといい怒り出すのだった。

綺麗に清掃された屋根裏部屋に文句をいう後藤。清掃がなってないとやり直しにきた時貞さえも綺麗じゃないか…といってしまうほど清掃されている部屋になぜ文句をいうのか。宇海は、なんでも知っていると時貞は土下座をして教えてほしいと頼むが宇海も検討もつかない様子で、時貞の方がわかるのではないかと頭を使って考えさせるのだ。時貞と後藤の会話の中にヒントがあるのでは、と振り返る時貞。ついに時貞はひらめくのだ。

崖っぷちホテル6話あらすじとネタバレ 時貞が思い出したことは?

屋根裏部屋の天井に取り付けられた天窓を掃除する時貞。そこに長吉もやってきて、先程言いすぎたことを誤り2人で掃除をはじめる。

また、料理場にも料理をお願いし夕方後藤がホテルに戻ってくると部屋に料理が準備されていた。部屋に戻った後藤は笑顔を見せる。綺麗な天窓に、部屋での食事。20歳の娘が産まれた日にこのホテルの屋根裏部屋で綺麗な月を見て過ごした時に、20歳になった時にここで過ごすと決めていたそうなのだった。

後藤は娘と晩酌をしながら楽しい時間を過ごすことができた。

時貞も以前に後藤と飲んだ際にその思い出を語っていたことを思い出したことを自慢げに語り、従業員達も少し安心した様子を見せる。

時貞は、告発状の内容を否定しながらも何も語らないのは男の意地だといいながら、少し素直になると従業員達も素直に誤ることができ、またみんなに笑顔が戻るのだった。

次の日、満足した様子で帰宅する後藤に時貞は告発状の件はなかったことに…と話をするも、後藤は告発状などというものは知らないのといいだすのだった。

時貞は驚きを見せるが、佐那はあることに気づく。告発状をもう一度見に戻り冷静にその告発状を見るとなんとその字は佐那の兄の字だったのだ。

ホテルの雰囲気も良くなってきた「グランデ・インヴルサ」に起こる次なる試練とは…。

スポンサーリンク


崖っぷちホテル6話の感想

お得意様の情報を全く覚えようとせず、いいお客様にばかり媚を売る最低のホテルマンぶりで、これまで見ているだけで不愉快だった元副支配人の時貞が今回の主役です。

宿泊客として現れた長年の知り合いである後藤が何を求めているかが全くわからず、皆と対立し右往左往するうちに、ようやくあることを思い出します。

屋根裏部屋の天窓から差し込む月明かりの中、成人祝いのお酒を酌み交わす親子の姿は感動的でした。意外にも腹黒さ全開と思っていた時貞はただの小心者で、空威張りしているだけだったようです。まだ完全に改心したわけじゃなさそうですが。

ホテルの雰囲気も従業員の態度も次第に前向きに明るくなって1話1話どんどん良くなっていくのを見るのがものすごく楽しみです。

屋根裏部屋の清掃を手伝うのも楽しそうな宇海、何事もポジティブで見ているだけで気分が明るくなってきます。やっぱり笑顔っていいものですね。特に宇海の笑顔は、演技がうまいとはお世辞にも言えませんが、最高だと思います。

ハルシェフの思いつきメニューも地味に楽しみにしてます。サバサンド食べてみたい。

最後、お客様を無事満足させ、時貞と皆のわだかまりも解け、従業員全員の大笑いで締めくくり…と思ったら、問題は何も解決してなかったようです。来週もまた何か大変なことが起こりそうな予感です。

【崖っぷちホテルあらすじまとめ】

崖っぷちホテルネタバレ1話のあらすじと感想 ライバルホテルの副支配人がなぜ?

崖っぷちホテルネタバレ2話のあらすじ 感想はホテル従業員の心が次第に動き出す

崖っぷちホテル5話あらすじとネタバレ 宇海がバリストンに戻るのか?ブライダル企画の本当の狙いとは?

崖っぷちホテル6話あらすじとネタバレ 時貞の秘密とは?

崖っぷちホテル7話あらすじとネタバレ 佐耶の兄が戻りホテルは大混乱!

崖っぷちホテル8話あらすじとネタバレ 「忘れらないディナー」は完成できるか?

崖っぷちホテル9話あらすじとネタバレ 宇海がパリストンを辞めた本当の理由

 

スポンサーリンク


 

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RETURN TOP
スポンサーリンク

@WOMO管理者「チュー娘」プロフィール

「@WOMO」の管理者「チュー娘」と申します。

女性が気になる話題をピックアップして、もっと深堀し、最新情報をお届けしています。エンタメ情報、現代女性特有な話題、旬な話題など、管理者目線ですが、訪問していただけた読者さまに有益な情報をお届けできればと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします♪

 

アーカイブ

Recommend