日馬富士の引退後廃業か!理由は貴ノ岩へ暴行し逮捕の可能性もあり相撲協会に残れない

この記事は2分で読めます

現在、11月場所が行われている最中、日馬富士が貴ノ岩へビール瓶で暴行したことが判明し、貴ノ岩は頭蓋骨骨折と診断されました。日馬富士は相撲界から引退勧告の危機で引退後廃業も免れないのではないでしょうか?

事件をくわしく見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク


日馬富士が貴ノ岩へビール瓶で殴り暴行

スポニチによると、横綱の日馬富士が(33)が、幕内力士の貴ノ岩へ暴行疑惑が浮上しました。

10月26日、鳥取で行われた秋巡業の後の席で、後輩のモンゴル力士を集め、宴席を設けていたところ、日馬富士は酔っ払い、貴ノ岩へ絡んでいきました。貴ノ岩の態度が気に入らないという理由で、近くにあったビール瓶で殴ったとされています。

思いっきり殴られたようで、診断は、「脳振とう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏」の疑いで全治2週間です。入院は11月5日から9日まで福岡の病院に入院していました。頭蓋骨を骨折しているということで、11月場所を欠場することになりました。

日馬富士の性格は短気だった?

日馬富士の性格は、短期でカーっとなりやすいとか。以前にも、稽古場にあった分厚い板で若い衆の頭を殴り、稽古を見ていた親方衆から止められたこともありました。

日馬富士は素行も悪かった?

横綱に昇進する前には、禁煙の両国国技館の支度部屋でタバコを吸って注意を受けた過去もあるようです。

 

スポンサーリンク


日馬富士の引退勧告と引退後に廃業

今回の暴行事件を日馬富士自身認めており、引退は免れないとされています。今後引退する可能性が高く、引退後廃業もあるとか。

引退は、現役力士を引退して相撲協会に残り所属したのち、親方へなっていくことで、廃業とは、相撲協会からも脱退してしまい、相撲とは縁がなくなってしまうことです。

過去に廃業した横綱は

▼大鵬

1965年5月、横綱柏戸や前頭3枚目(当時の)北の富士らとともに拳銃を巡業先の米国から密輸入していた事が発覚し、書類送検されたが、相撲協会の処分はけん責処分にとどまった。

▼輪島

1981年に引退し、花籠部屋を継承したが、1985年に花籠名跡を担保に借金したことで、日本相撲協会から廃業の裁定を下され、相撲界から追放される。

▼双羽黒

1987年12月、師匠の立浪親方とのいさかいから部屋を飛び出した上、後援者やおかみまで巻き込む騒動を起こした双羽黒に対し、立浪親方は日本相撲協会に「廃業届」を提出した。

そして、朝青龍ですね。2010年に、泥酔して暴れる事件が起きました。

朝青龍の暴力事件

2010年、朝青龍が泥酔して暴れる事件を週刊誌がスクープしました。相撲協会から厳重注意処分され、被害者が当初名乗り出た個人マネージャーではなく、一般人で元暴走族で関〇連〇のリーダーであったことが発覚し、暴行問題で現役引退になりました。2011年に朝青龍は傷害容疑で逮捕されています。

朝青龍の場合は、引退の際に日本国籍を取得していなかったために、相撲協会に残ることができませんでした。事実上の廃業になります。

横綱日馬富士の品位とは

今回の暴行事件は、横綱としての品位が足りないとされ、「横綱の品位」とは一体何なのでしょうか?

横綱とは、24時間いつも横綱で、横綱という地位に誇りを持つこと。また、相撲に精進する気迫と社会に対して責任感があること。

横綱は、力量、品格ともに備わってなければならず、横綱の品格もそうですが、師匠である伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)の責任も追及されそうです。

【関連記事】

貴ノ岩 日馬富士が暴行し休場し頭蓋骨骨折で復帰はいつ頃?貴乃花部屋の有望力士に因縁があったの?

【こんな記事も読まれています】

帆足和之の輿石且子のLINE内容が悪評!嫁と子供も呆れ顔で議員辞職か

今話題!キヌアのグラノーラでお得に購入する方法!

酒井法子の現在2017は目つきが変で怪しい?「怪物級美魔女」と呼ばれる理由!

スポンサーリンク


 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)