亀石倫子弁護士の夫とプロフィール経歴!かわいいがタトゥー裁判がすごい!

この記事は2分で読めます

年齢が42歳という若さで携わったタトゥー裁判で、注目を浴びた「美人過ぎる弁護士」亀石倫子弁護士。
夫に3日でプロポーズ、大学卒業しOLから弁護士へと転身した異色のプロフィール経歴です。
かわいいと評判ですが、週刊文春で亀石倫子弁護士がテレビ朝日「サンデーステーション」プロデューサーXにセクハラを受けたと報じられるようです。

亀石倫子弁護士の夫とプロフィール経歴についてお伝えしていきます!

スポンサーリンク


亀石倫子弁護士のwiki風プロフィール経歴

亀石倫子弁護士の経歴をWIKI風にまとめてみました。

<亀石倫子弁護士(かめいしみちこ)>
生年月日:1974年
出身地:北海道小樽市
年齢:42歳
最終学歴:東京女子大学卒業(1997年)、大阪市立大学法科大学院

子供のころから集団になじめず、保育園に行くのが嫌で嘔吐しちゃうほどで、園では一人だったとか。

早く家に帰りたくて、本ばかり読んでいました。
小学校では、昼休みに外で遊ばないといけないことに疑問を持っていました。

保健室が一番好きなばよで、小学校での息苦しさから逃れるためでした。

学校の同調圧力(地域の団体や特定のグループで、何かを決定するときに少数意見の人が多数意見に合わせるように強制することを指します。)の周囲から圧力を受け、周囲に合わせていること。

亀石倫子弁護士は、高校でも、奇抜な服を着て職員室に呼ばれたり、「高校生らしくしなさい」といわれることが嫌でした。

大学は、東京へ進学し、読者モデルも経験しています。

新聞記者になりたくて、書くことが好きだったので、新聞社を受けたら1社だけ筆記試験に受かり、面接では「マスコミなら広告代理店とかのほうが向いているのかも」といわれたことを真に受けてしまい、面接で落ちます。
東京に負けたと思い込んだようです。

札幌の情報通信会社に入社して、労働組合の勧誘を断ったり、女子社員の制服を着ないなど、無駄なことが多いと思ってしまい、上司にも物申す人になっていきました。

中途半端な気持ちが嫌で、全力でやることが良かったようです。

学校でも会社でも集団になじめない人になっていました。

こういった協調性がないのは、亀石倫子弁護士の父親も同じだったようで、お酒が飲めない亀石倫子弁護士の父親は人付き合いよりも映画を見たり、本を読んだりすることが好きで、我が道を行くような人でした。

「どうしたら変えれるのだろうか」と考えたときに、弁護士の道を選びました。
一生できる仕事だからと考えたようです。

2000年に結婚と同時に退職し、大阪へ移ります。

スポンサーリンク


亀石倫子弁護士の夫

亀石倫子弁護士は夫との馴れ初めは、亀石倫子弁護士から出会って2日でプロポーズしています。
直感で、「この人と家族になれる」と思ったようですね。

今までの恋愛で、バンドマンとか貧乏な劇団員とかとしていて、破滅に向かっていくタイプを好きになっていました。

だけど、夫はおおらかで思いやりがあって、器が大きい。
この人となら笑って過ごせると思いました。

夫には、

亀石倫子弁護士のタトゥー裁判

【こんな記事も読まれています】

亀石倫子弁護士にテレ朝プロデューサーXがセクハラ疑惑!文春記事内容はパワハラもあり

成田凌 戸田恵梨香と熱愛で目撃情報はドライブ!彼女歴に広瀬すずとも噂あり

里々佳(モデル)の彼氏は竹内涼真と女性セブン画像!wiki風プロフィールは恥じらいレスキューJPNメンバー

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)