清原勝児君の読み方(清原和博の息子)と画像プロフィール!「オール麻布」所属で父親譲りの打撃でホームラン!

この記事は2分で読めます

元プロ野球選手の清原和博氏の次男清原勝児君が巨人ジュニアの最終メンバーに残っていることがわかりました。
読み方は、清原勝児(かつじ)くんです。

画像からみると、父親譲りの頭一つ出ていて、軟式の「オール麻布」でプレーしているようです。

清原勝児君の画像とプロフィールを見ていきましょう。

スポンサーリンク


清原和博の次男清原勝児君の画像とプロフィール

清原勝児君は、現在小学6年生。

毎年12月に開催されるNPB12球団ジュニアトーナメントで、今年の巨人ジュニアチームの最終メンバーに内定したことがわかりました。

父親譲りの強打が評価されたようですが、現在「オール麻布」にてプレーしています。
チームでは主に3番を打ち、エースで主将も務めています。

生年月日:2005年
身長:163cm
体重:60キロ

兄と同じく、慶応幼稚舎(小学校)へ入学しました。
日本の中で名門中の名門で、簡単には入ることはできないし、年間授業料は120万円だともいわれています。
家庭がしっかりしているかどうかは、試験の対象になるようですが、父清原和博氏の逮捕により、いずらくなったことから、退学したのではないかといわれています。


(http://www.tokyo-np.co.jp/)

2015年に清原勝児君が活躍した記事がありました。
小学4年生以下で戦う平成27年若獅子旗争奪第22回学童低学年秋季大会で、清原勝児君が最優秀選手に選ばれています。

やっぱり素質があったんですね。

清原勝児君がNPB12球団ジュニアトーナメントの巨人ジュニアチーム

清原勝児君が巨人ジュニアチームの最終メンバーに内定した「NPB12球団ジュニアトーナメント」とは、2005年から毎年開催されていて、日本野球機構(NPB)と属するプロ野球12球団が主催する少年野球の大会が12月下旬に試合です。
12球団ごとに、小学5年と6年を中心としてメンバーを選抜し、グループリーグを戦うもの。
このトーナメントからプロ野球選手へすすむこともある、大事な試合になっています。

父親が所属した巨人のユニホームを着るという嬉しい内定になりました。

スポンサーリンク


清原勝児君の父は清原和博で母はモデル亜希

清原勝児君の父は、清原和博氏で、母親はモデルの亜希さん。
2014年に亜希さんとは離婚しているので、清原勝児君は母親の元で育てられています。

清原和博氏は、2014年週刊文春から薬物疑惑が報じられ、2016年に逮捕されました。
有罪判決を受け、情報番組に独占インタビューされたときには、「息子に会いたい」と涙ながら語っていたこともありました。

清原勝児君が巨人ジュニアチームに入りネットの声

「活躍してほしいけど、
チーム、マスコミ、我々も特別扱いせず見守りたいですね。」
「強く、真っ直ぐに成長していって欲しい。
頑張れ!」
「父親のことで苦境も多いだろうが、自分の人生を思い切り頑張ってほしい。
野球を続けていることだけでもすごいと思う。」
「親は関係ない
がんばれ!」
「この子の一所懸命な姿は親父にとって最高の更生剤になるはずだ。」
「父親の背中を追ってプロ野球選手になりたいという、息子さんのその志に拍手!」

清原勝児君へのエールも多くありましたが、清原和博氏への期待も込められているコメントも多かったです。

頑張ってほしいですね
見守っていきましょう!

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)