小室圭の母親が実家に怪しい行動!借金と男性トラブルは下品と秋篠宮家は家族会議?!

この記事は5分で読めます

2018年3月4日に納采の儀が執り行われる前に、眞子さまの婚約者である小室圭さんの母親の話題が終わらず、ついに結婚延期になりました。昨年末から借金トラブルや父親の実家である祖父が亡くなったときの遺産を巡ることが暴露され、裏で何かあるのではないかと思ってしまいます。

小室圭さんの母親の男性問題も浮かび、秋篠宮家ではこの金銭トラブルが元で家族会議が行われ、天皇皇后両陛下にも何度も秋篠宮家さまと眞子さまがご相談されたようです。このままだと、婚約破棄となってしまうのでしょうか。

スポンサーリンク


小室圭の母親の実家とは?

小室圭さんの母親佳代さんは、神奈川県の町工場に勤務する父國光さんと母八千子さんの間に長女として生まれ、弟がいます。祖母も一緒に同居していました。

小室圭さんの母親佳代さんを知る方の話では、横浜市内にある工場が閉鎖され、締め出されてしまいました。病気がちだった佳代さんの母に代わり、祖母が家事をやりこなし、きっと佳代さんも手伝っていたんだと思います。母八千子さんは、病気を地元の宗教にすがり、佳代さんや弟の名前は、地元の宗教が名付けたものだそうです。

つつましい暮らしだった幼少期を過ごしたせいか、佳代さんは裕福な生活が憧れていたようです。そのため、自分の子供には最高の教育をさせてあげたいと思うようになったのだと思います。

小室圭の母親が父方の実家に怪しい行動とは金銭問題で遺産

小室圭さんの父敏勝さんは、横浜市の技官として勤務していましたが、父が自ら命を絶ち、小室圭の母親佳代さんは、途方に暮れていたようです。幸い、自宅マンションは持ち家でローンも支払いも免れました。その後、父方の祖父喜吉さんが父敏勝さんの後を追うように、自ら命を絶ってしまいました。

そこで問題になったのが、祖父喜吉さんの遺産です。

もともと、小室圭さんの母佳代さんと父の実家とは関係も薄く父敏勝さんが亡くなる前から実家とは絶縁状態で、祖父の遺産が「自分たちに入ってこないのではないか」と心配していたとか。

先に父敏勝さんが亡くなり、祖父がその後死去。そういった場合は、相続する「子」がいないため、孫に遺産が行くようになっているのですが、一般的な例です。

父方の実家に顔を出しずらかった小室圭さんの母親佳代さんは、代理で知人男性に遺産の金銭の受け取りの交渉をしたいからと手紙を託しました。話し合いは順調に進み、祖父喜吉さんの遺産は、小室圭さんと母佳代さんにわたったようです。

たしかに、父の実家には顔を出しずらいものですが、他にも理由があったようです。

スポンサーリンク


小室圭の母親が隠した交際男性の影

小室圭さんの母親佳代さんは、父方の実家に顔出しにくいという理由は表向きで、本当は年配の男性と交際していたので、遺産に影響することを懸念して、知人男性に代理を頼んだということが言われています。

年配の男性こそ、70歳代の彫刻師A氏です。ひた隠しにしたい理由は、収入がゼロなうえに、生活全般まで見ていたくらいの仲でした。彫刻師Aさんが前立腺の病気を患ったときも、母佳代さんが通いながらお世話をしたとか。手術の同意書のサインもしたというから、ただならぬ関係だと憶測が飛んでしまいます。

小室圭さんは、こういった母親佳代さんを見て、A氏に対しても快く思っていなかったことから、A氏と佳代さんは別れてしまいました。

小室圭の母親が借金トラブルの真相とは?

小室圭さんの母親は、彫刻師Aさんを養っているときに、竹田さん(仮名)とも交際しており、借金トラブルも発生しています。

借金トラブルとは、当時交際していた竹田さんから400万円近く借りていたこと。竹田さんと母親佳代さんは2007か2008年頃に知り合い、2010年9月に婚約しています。その2か月後に母親佳代さんから「(小室圭さんが通う)ICUの入学金と授業料を出してほしいといわれたことが最初です。

それ以降、母親佳代さんの生活費、留学費用、アナウンススクールなどを出していましたが、お金のことばかりになってしまった2012年ごろ、別れてしまいました。「貸した」とされる400万近いお金ですが、別れたあと2013年ごろに手紙を出しても、返事がなく、会って返済のことを話すと、母親佳代さんは、「月1,2万しか返せません」といい、その後、佳代さん自身は、借金ではなく「贈与された」と主張しています。

小室圭さんも母親佳代さんと同じ主張で「贈与」だと認識しているため、返済を拒否続けてきました。借用書がないので、裁判でも勝つことは難しく、取り戻すことも難しいとか。

スポンサーリンク


秋篠宮家では「金銭トラブル」が家族会議で婚約破棄の可能性

こういった借金トラブルや男性問題を抱えた婿に対して、秋篠宮家ではどう思っているのでしょうか。

宮内庁では、「お二人の問題」としていますが、やっぱり結婚を見直すべきではないかという声は多いようです。すでに天皇皇后両陛下にもこの記事は知っていて、心配をしているとか。

秋篠宮さまと紀子さまは、眞子さまに気持ちを確認し家族会議を度々設けられたようです。しかし、眞子さまは小室圭さんとの結婚にお気持ちは変わりなく、今のところ婚約破棄の道はないようです。小室圭さんの問題ではなく、母親佳代さんの問題ですが、皇室となれば話は別です。3世代先まで身辺調査をすると聞いたこともありますし、婚約破棄の可能性はあるかと思います。ただ婚約破棄の理由が問題ですが。。。

小室圭が秋篠宮家様に直談判!

小室圭さんは、自身の母親の問題が週刊誌に出たときに、すぐ秋篠宮家さまに弁明をするために、直接説明したいと申し出たようですが、秋篠宮家さは申し出を断りました。小室圭さん自身の留学のために母親佳代さんが竹田さんに借りたお金は知っていたし、「贈与だち認識している」とコメントしていて、秋篠宮家さまへの弁明は「知らなかった」と話すつもりだったとか。

秋篠宮家さまへの対応も不自然だし、借りた竹田さんにも「ありがとうございました。」と一言だけだったのです。

その後、宮内庁は小室圭さんを極秘に呼び出し、母親の借金トラブルのことを聞かれたようですが、内容は不明です。

また、小室圭さんのことを秋篠宮さまは信用なさってない様子だと見受けられ、親しい関係者にも「どうしたものでしょう」と相談したようですし、親として娘の嫁ぎ先の身辺調査をしなかったのでしょうか。皇室なら尚更しっかりやったと思いますし、眞子さまのお心が決まっているからといっても、皇室から一般人になることさえも心配になるのに、ちょっと脇が甘かったのではないかとも思われます。

小室圭さんの職業もパラリーガルだし、年収はかなり低いはずです。

小室圭の母親は結婚一時金を借金返済へ充てる?

小室圭さんの母は、婚約が決まれば、一時金が入り借金を返せると考えていたとか。一時金は、皇族の方への配慮へのお金で会って、小室圭さん母の借金返済に充てるなんて、国民から反感を買ってしまいます。これでは皇室の親戚になろうとされている、ふさわしいのか?とおもわれても仕方がありません。

小室圭の母親のメール内容が流出

週刊現代にて、小室圭さんの母親佳代さんが竹田さん(仮名)へ送ったメールが流出しました。

メールには、竹田さん(仮名)と将来に向けて話し合っているが、経済のことで話し合いたい。現在小室圭さんの母親佳代さんは亡くなった夫の遺族年金をもらっているので、再婚したり事実婚がバレると、もらえなく可能性が出るので、隠していきたい。

結婚の計画については、

・お互いの総収入+夫の遺族年金でお互いの生活を賄うこと
・そのほかの預金や財産に関してお互いのものとしてみなすこと
・パピー(竹田さんのこと)の生命保険の受取人を佳代さんにしてほしい

これを実践したら、事実婚して4年後の年金取得時に入籍すると書かれていました。

また、デート代も気にしていて、竹田さんの値ふみをしている様子がわかります。

借金トラブルは、解決せず、眞子さまが皇室を離れるときに、金銭を少し用立ててもらうこともあり得ますが、眞子さまの苦難は始まったばかりのように思えます。

【こんな記事も読まれています】

 

高速バスは1歳でも大丈夫?子連れ利用は乗車可能?持ち込みリストまとめ

高梨沙羅のベンツはスポンサーが提供?愛車で炎上し化粧メイクや態度が悪く不人気の理由

夫婦の休日が暇を充実させる過ごし方の5つのアイデア

今話題のキヌアのグラノーラ「クノーラ」ダイエット効果とお得に購入する最新情報!

夫婦の休日がつまらない!結婚生活をストレスフリーにするには?

 

 

 

スポンサーリンク





  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RETURN TOP
スポンサーリンク

@WOMO管理者「チュー娘」プロフィール

「@WOMO」の管理者「チュー娘」と申します。

女性が気になる話題をピックアップして、もっと深堀し、最新情報をお届けしています。エンタメ情報、現代女性特有な話題、旬な話題など、管理者目線ですが、訪問していただけた読者さまに有益な情報をお届けできればと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします♪

 

アーカイブ

Recommend