窓ガラスの熱割れを放置したら危険!対処法や簡単に予防できる方法!

この記事は3分で読めます

窓ガラスに起こる危険性、「熱割れ」をご存知でしょうか?あまり聞きなれない言葉ですが、窓ガラスの熱割れを放置しておくのはとても危険なんです。

窓ガラスの熱割れとは、どのご家庭にも起こりえる突然のトラブルです。

何もしてないのに窓ガラスにひびが入ってる!そんなトラブルに遭遇する前に今回は、窓ガラスの熱割れを放置したら危険!対処法や簡単に予防できる方法!をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク


窓ガラスにヒビが!熱割れってどんな状態?

家の中には、あらゆる場所に窓ガラスが設置されています。

窓ガラスがあると、簡単に外の光を家の中に取り込むことができるので、家全体を明るくするために多くの窓を設置したり、家族が揃うリビングに大きな窓ガラスを設置したりと、家づくりを行う上で窓は重要なポイントとなってることが多いものです。

http://tostem.lixil.co.jp/

ですが、ガラスには熱を吸収し、膨張する特徴があります。

家の窓ガラスは、サッシに埋め込まれているため、太陽光が直接当たり高温になって膨張してしまう窓ガラス中央部と、サッシの中で日差しの影響を受けず、低温のままのガラスの部分が出てきます。

この温度差によるガラスの膨張の差が生まれると、ガラス周辺部に引張応力が働き、エッジの強度を超える引張応力が働き、ガラスにひびが入ってしまうことになります。これが「熱割れ」と言われるものです。

 

http://tostem.lixil.co.jp/

突然の窓ガラスのひびに気が付いた時には、日々の部分に注意してみてください。熱割れのひびの特徴として、窓ガラスのエッジ部分から直角にひびが入り、そのまま蛇行しているようなひびの入り方の場合は熱割れよるものと言えます。

スポンサーリンク


窓ガラスの熱割れが起きやすいガラスの種類は?

一般的に熱割れしやすいとされるガラスのタイプは、防火用に用いられることが多い、中にワイヤーが入ったタイプの網ガラスです。

しかし、完全な防犯対策とは言えないようです。

な、なんと、バールで叩けば切れる程度の強さしかなく、ドラマでは網ガラスを割るシーンはあまり見たことありませんが、泥棒がためらう理由はありません。

また、通常のフロートガラスであっても、3-12mm厚よりも16-19mm厚のほうが熱割れしやすいとされています。

火災のときに、ガラスが飛び散るのを防ぐためであって、ガラスが飛び散らないことで、全体を崩れ落ちることを防ぎ、窓から火が出ないようにしているためです。

 

窓ガラスの熱割れの原因とは?

1.人為的なミス(破損など)

ガラスの熱割れは、ガラスの温度差が生じさせるもので、予想できずに突然起こってしまうものです。ですが、人為的なミスによっても、熱割れを起こす可能性を高くさせることがあります。

窓ガラスに部分的に影を作ったり、部分的に温めてしまうなど、窓ガラスの一部の温度差を大きく生じさせてしまうと、熱割れを引き起こす原因になります。

 

2.予測不可能なこと

一般的に窓ガラスの熱割れは、外気と室内での気温差が激しくなる寒い冬の日の朝によく起こると言われています。窓ガラスに急激な温度変化は危険です。

 

窓ガラスの熱割れの放置したら危険?

1.空き巣の危険性が高まる!

窓ガラスのひび割れ、「多少のひびくらいなら…」とそのまま放置してしまうのはとても危険です。ひびの入った窓ガラスは、強度を保つことができません。著しく強度が低下した窓ガラスを破ることはたやすく、空き巣に狙われやすいと言われています。

窓ガラスにひびを見つけた場合には、即交換!が大切ですよ。

 

2.割れて怪我する

窓ガラスのひびが大きくなくても、ガラスにひびが入った状態では本来のガラスの強度はありません。少しの力の接触、衝突でもひびがさらに大きくなってしまったり、割れてしまう危険が高くなります。窓ガラスが割れて破片で怪我をしてしまう前に、窓ガラスのひびを発見した場合には早めの交換が適切です。

 

3.ガラスの浸食

網ガラスの場合、ひびの部分の隙間から雨や結露による水分が内部に入ることによって、中のワイヤーが錆びてしまうことがあります。錆がひどくなるとガラスにまで浸食が進み、さらにガラスの強度は弱くなってしまいます。小さなひびとは言え、窓ガラスのひび割れの放置は危険ですね。

 

窓ガラスの熱割れを簡単に防ぐ方法!

暖房やエアコンの風を窓ガラスに直接当てない。

エアコンの屋外機の風を窓ガラス密着させない。

カーテンやブラインドは窓ガラスにピッタリくっつけない。

窓ガラスの前に物を置かない。(窓ガラスの一部に影を作り温度差を作らないようにしましょう。)

窓ガラスにフィルムやポスターなどを張り付けない。

 

まとめ

突然起こってしまう窓ガラスの熱割れ。「気が付いたら割れていた…。」なんてことは珍しくありません。未然に防ぐことは難しく、前もって予防をしておくことが肝心です。万が一窓ガラスにひびが入ってしまった場合には、少しのひびであっても即交換がおすすめです。

【こんな記事も読まれています】

ジャムの使い方おすすめは?パン以外の余ったアレンジの美味しい食べ方!

春日井花火大会2018(納涼まつり)穴場スポットと子連れで行くポイント!

【マツコの知らない世界 】バターご飯の作り方と究極な食べ方!

スポンサーリンク


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RETURN TOP
スポンサーリンク

@WOMO管理者「チュー娘」プロフィール

「@WOMO」の管理者「チュー娘」と申します。

女性が気になる話題をピックアップして、もっと深堀し、最新情報をお届けしています。エンタメ情報、現代女性特有な話題、旬な話題など、管理者目線ですが、訪問していただけた読者さまに有益な情報をお届けできればと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします♪

 

アーカイブ

Recommend