Missデビル9話あらすじとネタバレ 真実を掴めるのか?

この記事は3分で読めます

Missデビルの9話あらすじとネタバレを感想と共に、 まとめていきます。

社長の大沢(船越英一郎)が抜擢し、共亜火災に人事コンサルタントとしてやってきた椿眞子(菜々緒)。

博史(佐藤勝利)が配属された部署は眞子が室長である「人材活用ラボ」で、眞子は博史新人研修と称し様々な部署に配属させ、リストラ候補者を選ばせる仕事。

眞子の正体は、ホテルアネックスの支配人鬼頭の娘だった。。。

スポンサーリンク


Missデビル9話予告あらすじ

ホテルアネックスの火災保険を避けるために偽装工作をしていた証拠を絡んで、事件が起きる。

千紘は、実は会長の娘だと知り、動揺が隠せない。

Missデビル9話あらすじ

会長である喜多村(西田敏行)の娘であると知った千紘(木村佳乃)だったが、あまりにも突然聞かされたことに理解できずに平然を装うかのようにその場を去っていった。

社の大沢(船越英一郎)はなぜこのことを知っていたのかと問うが、逆に会長の座を退いてはいかがかとしまうのであった。

 

次の日、縣(大高洋夫)が殺されて山中で発見させる。

千紘のところに警視庁の方が訪れ、縣のことを聞かれる。縣が会社付近での目撃情報があることから、会社の中で縣を知っている方々に話を聞いてまわりたいという話だったのだ。

 

昨日の夜に、眞子と縣が会っていたことを知っている博史はまさかとは思いながらも動揺を隠せずにいた。

警察は次々と話を聞いていく中、博史の父である修(鶴見辰吾)の元を訪れるのだ。

縣から脅迫まがいのメールが送られていたことを知った警察は修に事情を聞くが、メールが来ただけで縣とは面識がないと答えるのだった。

続いて博史が聴取を受けることに。警察からは修に送られたメールのことを聞き父と縣の関係について聞かれるのだ。知らないと答える博史に対し、博史自身も関わりがないかと問われ昨日の出来事を話すべきなのか、しかし眞子が疑われてしまうのではないかとあたふたしてしまっていた。

 

そんな中、喜多村は眞子が鬼頭舞子であることを知った上で共亜火災に復讐するためにきたのか?

と正直に問うのだった。

しかし、眞子は復讐など願ったことはないというのだ。眞子は探しにきたとだけ言い残しその場を去っていくのであった。

Missデビル9話ネタバレ

一方博史は、警察に昨日の夜の出来事を全て話してしまったことを眞子に謝りにいくのであった。

さっそく、博史と眞子は聴取に呼ばれるのだ。どういった関係かと問われると眞子は突然、縣は元彼で博史が現在の彼氏で揉めていたと話だすのだった。

驚きを隠せない博史だったが、これ以上警察に巻き込まれないように嘘をついてくれていると思うのだった。

しかし、眞子は事件当日に縣と一緒に会社を出ていたことが防犯カメラの映像に残されていたことから警察へと連れていかれてしまうのだった。

 

なかなか真実を話さない眞子に警察も最終手段を取るしかないと令状を取り部屋を調べるといいだすのだった。が、なんと突然社長秘書である本橋瑞希(瀬戸さおり)が自首をし逮捕されるのだった。

眞子は釈放されると、博史が迎えに来てくれていた。頼んでいないという眞子に自主的に来たのだという博史に対して、社長秘書が逮捕されたことによって会社に変わったことはないかとさっそく会社の状況を気にするのだった。そんな話から今日から海外出張へと大沢が向かうことを知った眞子は突然走りだすのだった。

 

会長室では、突如会長秘書である柴崎亮(猪野学)が喜多村に土下座をし謝る。驚く会長だったが、柴崎は大沢に必要以上に喜多村の情報を話していたのは私であるといいだすのだった。一生を通し償うといいだす柴崎だったがそんな話の中、喜多村は意識を失ってしまうのだった。

 

博史の実家では、博史の母・聡子(山下容莉枝)が縣に脅迫状を送ったのは自分なんだと泣きながら明かすのだった。

 

また場面は変わり、海外出張に行く前の大沢の元に眞子と博史が現れる。

眞子は、自身が本当は16年前に火災事故にあったホテルアックスの総支配人の娘である鬼頭舞子だということを明かす。その上であの事故での偽装工作は全て大沢による指示の元に行ったことであることを問い、大沢は認めるのであった。

 

次から次へと明かされていく真実に崩れていく現実。

喜多村と千紘の親子関係はどうなっていくのか…博史の母・聡子もまたなぜ縣に脅迫状を送っていたのか…

全ての真実がわかることでどうやっていくのだろうか…。

Missデビル9話感想

最終回に向けての波乱の連続に引き込まれました。
椿眞子こと鬼頭舞子は何のために共亜火災にやってきたのでしょうか。復讐をしに来たのではなく、誰か(父親)を、何かを探しに来たと眞子は会長に言っています。会長も底の知れない人物で、隠し子問題もあったりして、いい人なのか悪い人なのかまだ判断出来ずにいます。

相変わらず眞子に振り回されっぱなしの博史は、殺人犯の疑いをかけられそうな眞子を心配して偽証しようとしたり、今彼と言われてドギマギしたり、頼まれてもいないのに釈放された眞子を迎えにきてしまったり、もうすっかり好きになっているのではないかと思えるシーンがちらほら見え始めています。まさかの展開もあるかもしれませんね。あんなに強烈な人格であるにも拘らず、実は意外にも人材活用ラボの全員が室長の眞子を慕っていたことがわかり、博史は驚きますが、先週までにやってきたことも、結局は会社のため、誰かのためになることだったので、納得できます。愛があるからなんですね。

問題は博史の両親です。父・修と母・聡子がどこまで関わっているのかが気にかかります。聡子が脅迫状を送ったってどういうことでしょうか。社長秘書の瑞希が自首したのも、本当に殺したからなのでしょうか、それとも誰か(社長とか?)の身代わりになったのでしょうか。おまけに会長まで倒れてしまうなんて。大沢社長との対決の結末も気になりますね。答えの出ていない問題が多すぎます。疑問点が頭の中にあふれてしまって、来週まで待ちきれません。

【Missデビルあらすじまとめ】

Missデビル2話感想とネタバレ あらすじは悪い子にはお仕置きが必要!?

Missデビル5話あらすじとネタバレ 感想  社長が狙われた動機とは?!

Missデビル6話あらすじとネタバレ マタハラの裏の顔を暴く!

Missデビル7話あらすじとネタバレ 残業アジトを発見しCFDの裏の顔とは?

Missデビル8話あらすじとネタバレ 眞子の正体がバレる

 

 

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RETURN TOP
スポンサーリンク

@WOMO管理者「チュー娘」プロフィール

「@WOMO」の管理者「チュー娘」と申します。

女性が気になる話題をピックアップして、もっと深堀し、最新情報をお届けしています。エンタメ情報、現代女性特有な話題、旬な話題など、管理者目線ですが、訪問していただけた読者さまに有益な情報をお届けできればと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします♪

 

アーカイブ

Recommend