モンテクリスト伯6話あらすじとネタバレ感想 子供を守るため留美強し!

この記事は4分で読めます

モンテクリスト伯6話あらすじとネタバレ感想をまとめていきます。

無実であった柴門暖(ディーンフジオカ)だったが、神楽清(新井浩文)、入間公平(高橋克典)らによってハメられ牢獄で拷問を受けた辛い日々を乗り越え、モンテ・クリスト・真海として昔の仲間達の前に現れ復讐をはじめる。真海によって次々と現在の幸せが崩れていく神楽や公平、南條幸男(大倉忠義)達。復讐によって真海の心は満たされるのだろうか…。

スポンサーリンク


モンテクリスト伯6話あらすじ

真海の復讐劇により、出口文矢(尾上寛之)は公平の妻・瑛理奈(山口紗弥加)によって殺される。

公平は出口を殺したのは貞吉(伊武雅刀)だと思い込んでいることにより、家族は崩壊へと進みはじめるのだった。

 

すみれ(山本美月)は真海が暖であることに気づいたように、真海のことを思い出しているのであった。

香港のタブロイド紙が十数年前に失踪した有名俳優、ショーン・リー(ジョー ナカムラ)家族が裏組織ヴァンパに殺害されたという新証言を掲載したことによって南條幸男(大倉忠義)が関わっていることを明るみだすことで神楽は国有地を奪い取れないかと考えるのだった。

幸男は一人バーに行き、香港での過去を思い出していた。香港にいき、ヴァンパに多額の借金をしていた幸男は付き人であったショーン家族の留守の際に宝飾品を盗み出そうとしたのだ。しかし、そこにショーンたちが帰宅したことで夫婦を殺してしまうのだった。そんな思い出したくもない思い出を振り返っていると、両隣に男が座る。なんとヴァンパのボスであるダニー・ウォン(葉山ヒロ)達であったのだ。

 

記事をリークしたのは幸男であると思いこんだヴァンパは幸男を始末しに来たようだったが、幸男もFAXで脅されていることを知り、まだ他にあの時の真相を知っている人が存在していることに気づくのだった。また、香港では秘書である牛山直紀(久保田悠来)が幸男の過去を探っていることをしり幸男は神楽を訪れるのだった。

 

幸男はこれ以上余計なことはするなと忠告するが、神楽は返ってヴァンパとの関わりが確信につながったことで真海の元を訪れ、真海の助けを借りようとするのだ。真海は友人のことを売ることはできないと拒まれるが、昔からの付き合いである寺角類(渋川清彦)を使って新海の家へ忍び込み幸男とヴァンパとの関わりを決定づける証拠を入手しようと企むのだった。

 

寺角は新海の家を下見に行くと、安堂完治(葉山奨之)の姿を見かける。寺角と安堂はなんと同じ刑務所に入っていた中だったのだ。寺角は、すぐに安堂を追いかけ神楽の妻・留美(稲森いずみ)との浮気現場を抑え安堂に仕事を手伝ってくれと脅すのだった。

 

一方、入間家では出口が死んでしまったことによって遺言書を書き換えられることになる。と同時に守尾信一朗(高杉真宙)が魚を届けにやってくる。冷たくあしらう公平に嫌気がさし、美蘭(岸井ゆきの)は市場を訪れる。

 

信一朗の働いている市場に行くも信一朗の姿はなかった。諦めて帰ろうとすると、一緒に働く人が気づいてくれるのだ。美蘭は、信一朗について教えてほしいと話を聞いていくうにに、父である公平と関係があることに気づくのだった。

 

スポンサーリンク


モンテクリスト伯6話あらすじ

ある日、真海は別荘に留美を呼び出す。真海は、安堂の夢に乗せられて騙されていたことを告げるのだ。窃盗などの前科があることから、お金などを渡していないかと留美に問うが動揺しながらも渡していないと嘘をつくのだ。

さらに、安堂はこの真海の別荘の近くの電話ボックスに捨てられていた子であったと明かし、留美はついに公平との間に産んだ息子であることに気づく。息子と肉体関係を結んでしまったことに絶望するかと思っていたが、留美は子供が生きてくれていたことに喜び涙を流すのだった。

また、真海は寺角と共に新たな犯罪に手を出そうとしていることを留美に告げ安堂の後をつけさせるのだった。

 

ついに寺角と安堂は真海の別荘へと侵入する。素早く強盗に入りスムーズにことを済ませる2人だったが、その場に留美が現れる。安堂は開き直った様子で留美にも荒れた態度を取ってみせる。留美の決意は固い様子だったが、寺角が留美の背後から襲うのだった。苦しむ留美をみて思わず安堂は助けに入り寺角を刺してしまうのだった。

 

呆然とする留美だったが、安堂を守るため寺角を庭へと埋めようとするのだ。

しかし、そこに真海が現れ留美と安堂は逃げる。

真海が現れるとまだ寺角は生きていた。しかしもちろん助けることなどはしない。力尽きていく寺角に柴門暖であることを告げた真海は、母を追い詰め孤独死させた寺角を恨み自分の手は汚さずに復讐を遂げたのだった。

 

幸せな日々を過ごしていた南條家だったがついに魔の手が…。

ある日の朝に、ついに自宅へとやってきたヴァンパのダニーらが、すみれを捕まえ脅すような素振りをみせるのだった…。次なる真海の復讐の標的は幸男なのだろうか…。

 

モンテクリスト伯6話感想

要所要所で流れてくる主題歌「Echo」が優しく切なく、とてもいい感じです。復讐劇で冷徹な役どころのディーン様のミュージシャンとしてのもうひとつの顔も楽しめるのがいいですね。

そこそこの地位にいる周りの誰もかれもが裏の顔を持っている悪人ばかりなんて状況は現実には考えられないですが、もしかしたら自分が知らないだけで、そんな人が実はたくさいるなんてこともあり得るかもしれませんね。

 

真海の過去の告白を聞いたすみれは思い悩み、暖の母親のお墓に参ります。女の勘でどこまで気付いているのでしょうか?いい報告の内容が知りたいです。

 

真海は容赦なくあちこちに罠を仕掛け面白いように人々を破滅の道へと導いていきます。愛梨の正体も明かされました。神楽家、入間家にも復讐の種が蒔かれました。

神楽の妻、留美の母としての本能に目覚めた反応は想定外だったらしい真海ですが、留美が自ら破滅の道へと足を踏み入れたことで思い通りの成果が得られています。

そして先ずは一人目、寺角への復讐が果たされましたね。でも小者だったせいかずいぶんさらっとした扱いだったので次のターゲット南条はもっと驚愕し、絶望して復讐ものの醍醐味を味わわせてくれるといいなあと思います。

真海の正体を知った時、南条は何を語るのか?期待しています。

モンテクリスト伯1話から最終回まであらすじまとめ

モンテクリスト伯 1話あらすじ&感想 船の遭難から始まる復讐劇とは…?!

モンテクリスト伯4話あらすじとネタバレ感想 寂しい人妻が若い男性に惹かれていく

モンテクリスト伯5話あらすじとネタバレ感想 次のターゲットは入間

モンテクリスト伯6話あらすじとネタバレ感想 子供を守るため留美強し!

モンテクリスト伯7話あらすじとネタバレ感想 南條の命まで奪おうとする真海

モンテクリスト伯8話あらすじとネタバレ感想 未蘭の命が狙われ真海も危機に

モンテクリスト伯最終回ネタバレ 暖は復讐を果たし幸せになるのか?

 

スポンサーリンク



 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RETURN TOP
スポンサーリンク

@WOMO管理者「チュー娘」プロフィール

「@WOMO」の管理者「チュー娘」と申します。

女性が気になる話題をピックアップして、もっと深堀し、最新情報をお届けしています。エンタメ情報、現代女性特有な話題、旬な話題など、管理者目線ですが、訪問していただけた読者さまに有益な情報をお届けできればと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします♪

 

アーカイブ

Recommend