モンテクリスト伯7話あらすじとネタバレ感想 南條の命まで奪おうとする真海

この記事は4分で読めます

モンテクリスト伯7話あらすじとネタバレ感想をまとめていきます。

無実であった柴門暖(ディーンフジオカ)がモンテ・クリスト・真海に成りすまし、神楽清(新井浩文)の妻留美を捨てた息子と近づかせたりと、復讐を始める。

次は南條幸男(大倉忠義)の命まで奪おうとしている真海。復讐によって真海の心は満たされるのだろうか…。

モンテクリスト伯7話あらすじ

真海の次なる的となったのは、幸男。

突然幸男の家にダニー・ウォン(葉山ヒロ)とサム・ユンロン(ジョン・リ)とその仲間達が来て、何も知らないすみれ(山本美月)と明日花(鎌田英怜奈)を人質に取り幸男を脅してくるのだ。

ショーン・リー(ジョー ナカムラ)の事件の目撃者とされているショーン夫婦の娘・エデルヴァと香港警察が近く接触するという情報が入ったそうなのだ。

エデルヴァはあの当時に人身売買で売られてしまったが、数年前に日本語を話す男が買い取ったという情報が入っていた。

3時までにそのエデルヴァを探し出すことが人質であるすみれと明日花を助ける条件となった幸男はすぐに家を出る。

 

家を出た幸男は江田 愛梨(桜井 ユキ)に電話をする。

今日の仕事は全てキャンセルだといわれ、幸男が動きだしたことを愛梨は知ることができたのだ。

 

その頃神楽は、真海と会っていた。

真海は神楽に以前紹介した安堂完治(葉山奨之)は詐欺師であるとわかったと謝罪をしにきたのだ。留美はそれを知った上でまだ関係を続けていることも打ち明けるのだ。完治を紹介した新海はお詫びにといって幸男が関わった事件とされているショーンの事件が動きを見せ香港警察がじきに幸男を探しにくることを伝える。

 

留美が完治の借金の利息を含めて全て返済し、完治は晴れて自由の身となったわけだが人を殺し埋めてしまったことにまだ動揺している様子だった。案の定、留美と完治が埋めた寺角 類(渋川 清彦)の遺体が何者かの通報によって発見される。

寺門は、15年前の暖が捕まった時の関係者だとわかり国見悠馬(森岡龍)は公平に伝える。

 

公平の娘・未蘭(岸井ゆきの)の元に、信一朗(高杉真宙)が現れる。

迷惑そうな未蘭の態度に信一朗は帰ろうとする。美蘭は、信一朗の漁業関係者を捕まえたのは公平だったことを正直に明かすのだった。しかし、信一朗はもうすでに前は向いているといい2人の距離はより縮まっていくのであった。

 

公平は、最近起こる奇妙な出来事も含めて暖が生きているのではないかとラデル共和国から死亡報告のでている暖のことを再び調べ始めるのだった。

そこで公平は、ラデル共和国の元大統領であるファリア・真海(田中泯)と暖が繋がっていたのではないかとみるのだった。

 

幸男は神楽の元を訪れる。

幸男に疑われていた神楽だったが、神楽は真海の仕業であると告げるのだった。

幸男と真海をぶつけ、真海までも潰そうと考えていたのだった。

幸男はすぐに真海の元を現れ、エデルヴァは真海が買い取ったことを確信するのだ。

 

幸男は自宅に戻り、エデルヴァを買い取ったのは真海であることを告げすみれと明日花は解放されるのだ。

幸男は、すみれに香港での出来事を全て話すのだった。そして、事件の真相をバラして幸男を潰そうとしているのは真海であることを打ち明ける。

 

驚くすみれだったが、それと同時に真海は暖であると確信した様子だった。

すみれは、幸男の抱えている全てを一緒に背負っていくと誓うのだった。

 

ベストパートナー賞の表彰式に出席する南條夫婦。

すみれは会場に向かう前に、真海の家を訪れていた。

すみれは、

幸男は何も悪くない。悪いのは暖、あなたを待てなかった私なのだ。

と、真海は本当は暖なんだと出会った時からわかっていたと告げるのだ。

すみれは、暖が捕まってからの生活から幸男が救ってくれたことで甘えてしまった自分が悪いのだと暖につめよる。

真海は堪えきれずに、幸男が悪いのだ。と暖である事を認めてしまうのであった。

スポンサーリンク


モンテクリスト伯7話ネタバレ

ベストパートナー賞の授賞式に出席するすみれと幸男だったが、会場の記者達へとショーン事件の犯人は幸男であるという情報が飛び交うのだ。

追求されるすみれと幸男だったが、すみれは、離婚しますとだけ告げその場を離れる。

追いかける幸男に対して、暖を殺したのは幸男だったのかと問い逃げ出すのだった。

報道を見ていた神楽と公平は、暖が生きていることを確信するのだった。

 

愛梨と自宅に戻った幸男だったが、すみれと明日花の姿はなく、自宅も空になっていた。

呆然とする幸男に愛梨はエデルヴァであることを告げ遺書を書くように促すのだった。

幸男は遺書を書き自殺をしようとする。

愛梨の待ち望んでいた幸男を殺すことが実行でき喜ぶべきはずが、明日花からの電話によって決断が鈍ってしまう。

愛梨が家へと戻った時に幸男は足場を外し首をつるのだった。

 

真海が別荘に戻ると同時に警察がやってくる。

寺角が殺害されたことに重要参考人として事情聴取を受けてほしいということだったがもちろん断るのだった。

 

暖の復讐に気が付きはじめた公平と神楽。

これから2人はどうなっていくのか…。

真海による復讐劇はまだまだ続いていくのだ…。

モンテクリスト伯7話感想

暖亡き後、真実の愛で自分を支え、守ってくれていると信じ切っていた夫南条の暖への裏切りを知って絶望し、共に償いの人生を送ることを断念して離婚を決意するすみれ。

とうとう憎き南条に正体を明かし引導を渡した愛梨ことエデルヴァ。二人の女性の運命の歯車は大きく回りだしました。

南条の幸せな家庭生活は今回突然終わりを迎えました。まずひとり。暖の心の内はどんなものでしょう。

南条はすみれと明日香に免じて、苦しみを長引かせることなく、自らの手で死を選ぶことが許されたのかもしれませんね。でもせっかく待ちに待った一人目への復讐を果たしたというのに、何となくすっきりしないのはなぜなんでしょうか。真海の目にも愛梨の目にも歓喜の色はありません。

一方寺門の遺体が発見され、入間は15年前の暖の事件について調べ始めます。入間の妻瑛理奈は裏の顔を露わにし始め、話せないのをいいことに義父貞吉に平然と毒殺計画を語ります。どこを見ても気が滅入る展開が続く中、唯一の癒しとなってくれている信一郎と未蘭の恋の行方にも魔の手がしのびよっているようです。

南条、神楽、入間。三人のうち一番ひどい罰を与えられるべきなのはやはり入間でしょうか。南条亡き今、神楽と入間は南条なんて比較にならないほど悪いことがわかりました。

これからは真海の正体にようやく気付き始めたらしい二人の反撃もあるでしょう。真海こと暖の頑張りと復讐の成就を見届けたいとの思いを新たにしました。頑張れ、真海!

モンテクリスト伯1話から最終回まであらすじまとめ

モンテクリスト伯 1話あらすじ&感想 船の遭難から始まる復讐劇とは…?!

モンテクリスト伯4話あらすじとネタバレ感想 寂しい人妻が若い男性に惹かれていく

モンテクリスト伯5話あらすじとネタバレ感想 次のターゲットは入間

モンテクリスト伯6話あらすじとネタバレ感想 子供を守るため留美強し!

モンテクリスト伯8話あらすじとネタバレ感想 未蘭の命が狙われ真海も危機に

モンテクリスト伯最終回ネタバレ 暖は復讐を果たし幸せになるのか?

 

スポンサーリンク


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RETURN TOP
スポンサーリンク

@WOMO管理者「チュー娘」プロフィール

「@WOMO」の管理者「チュー娘」と申します。

女性が気になる話題をピックアップして、もっと深堀し、最新情報をお届けしています。エンタメ情報、現代女性特有な話題、旬な話題など、管理者目線ですが、訪問していただけた読者さまに有益な情報をお届けできればと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします♪

 

アーカイブ

Recommend