長洲未来は日本語話せて両親は日本人だがアメリカ国籍の理由は家庭の事情?

この記事は2分で読めます

2018年平昌オリンピックも後半戦を迎え、女子シングルフィギアスケートが今日から始まります。日本代表も頑張ってほしいですが、アメリカ国籍の長洲未来選手にも注目したいと思います。長洲未来選手は両親が日本人で純粋な日本人で日本語が話せるのですが、アメリカ国籍を取得しています。その理由にはいろいろあるようです。

長洲未来選手のプロフィール経歴について、せまってみたいと思います。

スポンサーリンク


長洲未来は日本語話せる?

4年に一度のスポーツの祭典、平昌オリンピックが始まりました。男子シングルスでは羽生結弦選手が金メダル、宇野昌磨選手が銀メダルと獲得し、女子シングルスにも注目が集まっています。1位、2位はロシア選手で独占状態だといわれ、3位争いが注目されていますが、その中で、アメリカ代表の長洲未来選手に注目が集まっています。

長洲未来選手は、日本語はペラペラですが、読み書きは苦手のようですね。両親が日本人で家庭では日本語で話しているので、当たり前といえば当たり前ですが。

2010年バンクーバーオリンピックに出場し4位に入賞したときに、一生懸命日本語で話している姿は印象的でした。

長洲未来のプロフィール経歴

長洲未来選手は、両親と共にアメリカに移住しています。
代表国:アメリカ合衆国
生年月日:1993年4月16日(現在24歳)
出生地:カリフォルニア州モンテベロ
身長:164 cm
体重:50 kg

<フィギアスケート成績>
2006-2007年シーズン 全米選手権で優勝、世界ジュニア選手権で2位
2007ー2008年シーズン ISU(国際スケート連盟)ジュニアグランプリ参戦、全米選手権シニアクラスで優勝
2008-2009年シーズン シニアに移行、ISUグランプリシリーズに参戦するが、怪我で低迷
2009-2010年シーズン バンクーバーオリンピック4位
2010-2011年シーズン このころから怪我で不調が続く、
2011-2012年シーズン 全米選手権では過去最低の順位7位
2013-2014年シーズン ソチオリンピックの代表逃す
2014-2015年シーズン
2015-2016年シーズン トリプルアクセルに挑戦、総合得点自己ベスト更新
2016ー2017年シーズン ショートプログラムでパーソナルベスト更新、
2017-2018年シーズン トリプルアクセルで初めて着氷し、IS(国際スケート連盟)から認定、平昌オリンピックでアメリカ代表

 

スポンサーリンク


長洲未来の両親は日本人で寿司屋を経営

ロサンゼルスで寿司屋を営んでいる両親の元に生まれ、5歳のころスケートと出会います。それほど裕福ではなかったようで、2007年の全米選手権ジュニアクラスで優勝するまでは長洲未来選手が所属していたスケートクラブがエキシビジョン大会を行い渡航費を稼いでいたとか。

長洲未来がアメリカ国籍の理由!

国籍問題では、22歳までに日本とアメリカのどちかを選択しなくてはならず、日本とアメリカの両方から手紙がとどき、応援されるのはラッキーだと話す長洲未来。家庭の事情もあり、また日本で代表になれない可能性も考え、アメリカ国籍を取得されています。

日本語も話せるのですが、読み書きができないことも日本国籍を取得できなかったようです。

Yahoo知恵袋に、「アメリカ人なのに、日本名を名乗っている」ことに不満の投稿がありましたが、長洲未来選手は、日本人を見下してもいないし、それより日本が大好きな方です。

長洲未来選手は、「日本が好きなアメリカ人」アメリカの文化を知り、日本のコアな部分は変わらないのではないかと思います。

 

スポンサーリンク




  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RETURN TOP
スポンサーリンク

@WOMO管理者「チュー娘」プロフィール

「@WOMO」の管理者「チュー娘」と申します。

女性が気になる話題をピックアップして、もっと深堀し、最新情報をお届けしています。エンタメ情報、現代女性特有な話題、旬な話題など、管理者目線ですが、訪問していただけた読者さまに有益な情報をお届けできればと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします♪

 

アーカイブ

Recommend