野村沙知代の若い頃画像!野村克也とスキャンダルで生い立ちは大学経歴虚言癖

この記事は3分で読めます

タレントの野村沙知代さんが85歳でお亡くなりになりました。前日までは元気だったようで突然死だと語る夫野村克也さん。夫とは愛人関係になり再婚している野村沙知代さんですが若い頃の画像を拝見すると、ブスでもないですね。

野村沙知代さんの人生は、脱税、逮捕、若い頃は虚言癖を繰り返し、中学は中退だったようです。波瀾万丈の人生を追っていきます。

スポンサーリンク


野村沙知代の若い頃画像!生い立ち

野村沙知代さんの若い頃の画像です。「ミス白河」に選出されるほどで、地元新聞に写真入りで紹介されています。


芸能人の顔の変化

生年月日:1932年3月26日
出身地:福島県

野村沙知代さんは、福島県白河(現在の西白河群西郷村)に1932年出生しました。その後東京・荒川区に転居しましたが、太平洋戦争が激しくなり、福島県へ疎開していきます。生い立ちについて野村沙知代さんは「東京の田園調布出身で、皇族の出である」「伊藤博文の家系」といっていましたが、虚言癖があり、まったくの嘘のようです。万引きの常習犯で警察沙汰は何度もありました。

虚言癖から自分のことをウソから本当のことに思ってしまっていたのでしょう。

実際には、東京都荒川区立第二瑞光国民学校(現在の荒川区立第二瑞光小学校、つまり中等学校)を終え、旧制福島県立白河高等女学校(現在の福島県立白河旭高等学校)に進学せず白河市の電電公社に電話交換手として就職し、ミス白河に選ばれています。

よほど、東京への憧れがあったのでしょう。ミス白河がきっかけに東京へ。野村沙知代さんは自叙伝では「コロンビア大学精神心理学卒業」と書かれてありますが、実の弟によると、それも嘘で、東京のホテルで皿洗いのバイトをしながら、アメリカ兵を相手に仕事をしていたようです。東京へ出てからしばらくは音信不通になりましたが、仕事で金銭的に余裕が出たころ、福島の妹や弟を呼び寄せ、アメリカ兵からもらったと思われるチョコレートやコーラがあったり、学費の援助をしていました。

実際に、アメリカ兵の相手をしていたという証拠はありませんが、弟によると終戦後なのに野村沙知代さんの普段の服装や化粧、持ち物などが派手だったと思われることや、ホテルの周りをアメリカ兵と一緒にいる野村沙知代さんを見たことがあったとか。

生きていくのも大変な終戦後のことを思うと、生きていくために必死だったと思います。

スポンサーリンク


野村沙知代の前の夫

野村沙知代さんは、2度結婚しています。

一度目は、1957年にアメリカ兵の男性でユダヤ系の男性で名前は「アルヴィン・エンゲル」と結婚し、間に2人の息子がいます。長男ダン(のちに野村克晃、現在団野村)、次男(のちに野村克彦、現在ケニー野村)を出産しています。

野村沙知代さんと野村克也のスキャンダル

野村克也さんとの出会いは、野村克也さんが監督と選手を兼任していた「南海チーム」が東京へ来たときに、野村沙知代さんと出会い、意気投合しています。野村克也さんも結婚していて、また野村沙知代さんも既婚者でしたが、W不倫となったときに、三男の野村克則さんが産まれています。結婚していない間に産まれてしまったので、非嫡出子と届けが当初は出され、後から認知されています。

愛人という立場でありながら、野村克也さんが監督を務めていた「南海チーム」の運営に口を出すようになり、選手からは不満が爆発。私的な選手の夫人の会を作ったり、公私混同が目立ち、野村克也さんは監督を解任されています。このころから、名前を「伊東芳枝」から「沙知代」へ改名しています。

1978年に野村克也さんの離婚が成立し、結婚しました。

その後は、衆議院議員に立候補したり、選挙で経歴詐称した疑いで公職選挙法違反で告発されたり、コロンビア大学ではなく、「コロラド大学」の間違いだったなど、曖昧な回答が多く、自分の正当化を通そうとする人でした。わがままといえば、わがままですが、ストレスがたまらないような人生だったので、本人としては楽しかった人生だったと思われます。周囲は大変でしたが。

ご冥福をお祈り申し上げます。

【こんな記事も読まれています】

富岡長子の弟不祥事【顔画像】富岡茂永は愛人や金銭問題で宮司跡継ぎトラブル!富岡八幡宮初詣どうなる?

野村沙知代の認知症と病気が死因か!?心筋梗塞や脳梗塞や介護疲れの可能性は?

白鵬のタニマチ名古屋女性と沖縄B氏の名前や顔画像を特定!逮捕承知で愛人関係もまだ継続中だった!

坂本花織の顔と歯並びは母と父が関係?【画像動画】ライバルは三原舞依で姉妹や高校に迫る!

今話題のキヌアのグラノーラ「クノーラ」美容を手に入れてお得に購入する最新情報!

 

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)