更科日菜子の大学は実践女子大学と特定しFacebookは?家族は身元公表をどう感じているのか

この記事は3分で読めます

神奈川県座間市で起きた9人遺体事件で、身元が特定されました。

埼玉県所沢市の19歳の女性は、更科日菜子さんで、大学は実践女子大学に通っていました。

更科日菜子さんについては、以前からネット民が検索していて、大学は特定されていたのですが、今回の身元公表について、家族はどんな風に感じているのでしょうか?

スポンサーリンク

埼玉県所沢市の被害者は更科日菜子さん

座間市で起きた痛ましい事件の身元が判明しました。

埼玉県所沢市の19歳の女性は、更科日菜子さんと特定されました。

他の被害者も特定され、公表されています。

三浦瑞季さん

石原紅葉さん

西中匠吾さん

藤間仁美さん

藤間仁美さん

須田あかりさん

久保夏海さん

丸山一美さん

田村愛子さん

白石隆浩容疑者の自宅から、見つかったカードや携帯電話の位置情報から手がかりを元に、被害者の身元を特定していきました。

名前:更科日菜子(さらしなひなこ)
年齢:19歳
住所:埼玉県所沢市
実践女子大学の大学2年生で、「アルバイトに行ってくる」と家族に告げ行方不明になっています。

スポンサーリンク

更科日菜子さんのFacebookやTwitter

更科日菜子さんのFacebookやTwitterは今のところ、特定されていません。

わかり次第追記いたします。

白石隆浩の被害者の身元特定し公表はあり?

白石隆浩容疑者の起こした罪は、決して軽いものではありません。

女性ばかりを狙った犯行で、言葉巧みに誘いだし、自殺願望がない人でも殺めてしまっている部分は、罰せられるべきだと思います。また、性的暴行を行ったことが今回の事件では女性の心を痛める要因でもあり、身元公表については様々な意見が出始めています。

 

碓井真史さん(新潟青陵大学大学院臨床心理学研究科 教授)(社会心理学)の意見は、

「被害者の身元確認は、事件解明にとって重要です。プライバシーは守られなければなりませんが、殺人事件の被害者が実名報道されることは、一般的です。ただし、若い女性被害者はしばしば注目されすぎることを忘れてはいけません。これまでの事例でも、被害者宅にひどいメディア・スクラム(集団的過熱取材)が組まれたり、被害女性のプライバシーが全て暴かれるようなこともありました。
現在では、メディアも市民も学んだはずです。実名報道は大切ですが、メディアがどのように取材し、報道するのか。私たちが、何に関心を持ち、どのような報道内容を期待するのか。加害者が破壊しようとした平和な社会を、私たちは守らなければなりません。
事実は大切です。目を閉じてはいけません。同時に、興味本位ではない被害者保護と今後の犯罪防止につながる報道が求められています。」

 

「ニュースでは顔写真付きで被害者の名前と年齢が公表されていた。性的被害がある上に未成年も多い。しかも、死体損壊の程度や出会い方や精神面など特殊な事情が多いから公表しないものだと思っていた。公表された事に違和感があります。どんな事情であれ、自分の娘をバラ○○にして肉を〇〇なんて行為は許せない」

「今回に関しては、実名配慮必要だと思うけどなぁ・・・これじゃセカンドレイプだよ・・・」

「悲惨すぎるし名前は出さない方が良いと思う。被害者家族のコメント取りもやめてあげて欲しい。」

「遺族が同意しない限りは名前は絶対に出さないでいい。事件や事故に遭われて亡くなったご遺族の中には、名前を忘れないで欲しいという気持ちがあるが故に、公表することを同意する人もいる。今回の事件は内容が内容だけに、その辺りは慎重に記者が確認しなくてはならない。
ただ、今はご遺族の方のためにもそっとしておく期間だと思う。取材したいという気持ちがあったとしても、自宅凸とか電話凸とかはしてはならないと思う。」

痛ましい事件が起こり、、視聴者の意見からすると、ある程度の報道規制は必要だと感じ、身元の公表については家族の同意を得てからだと信じたいですね。

【関連記事】

藤間仁美のFacebookや家族・夫と離婚し子供はいた?座間事件被害者身元公表の意見が分かれる

白石隆浩の高校時代に集団自殺未遂や運動部から肩パンチくらったのがきっかけ!

白石隆浩 文春砲は全裸写真とウリ専でバイ!セクシードラマ出演もあり生い立ちが暴かれる

白石隆浩 被害者福島県女子高校3年生は安達高校で足取りと接点は?

座間 被害者身元の名前と顔画像【最新情報】特定され白石隆浩が女性ばかり狙う動機判明!

田村愛子さん(八王子)のTwitter名「ひない」から兄が座間事件被害者公開まで

 

スポンサーリンク
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)