【成人年齢】成人式や喫煙や飲酒は変わる?変わらないもの項目一覧まとめ

この記事は2分で読めます

成人年齢が引き下がる民法改正案が可決され、18歳から成人になります。

煙や飲酒、成人式など年齢で判断されていたことが、今後はどう変わるのでしょうか?

また、変わらないものもあり、項目ごとにまとめてみました。

スポンサーリンク


成人年齢18歳引き下がり民法可決!

成人年齢が明治9年に法律によって、20歳と決めれていて、今回の改正により18歳に引き下げられました。140年振りの改正になります。

民法が変わるということです。

世界的に見ると、18歳で成人と考えている国は多く、日本だけが遅れていました。

2022年4月からの施行になります。

民法では、成人年齢が法律の基準となっていますが、成人年齢が引き下がり、変わるものと変わらないものをまとめてみました。

「変わる」項目 18歳になるもの

携帯電話の契約、クレジットカードでのローンが組める

これまで、未成年は親の同意が必要でした。今回の改正で、成人年齢が18歳に引き下がったことによって、親の同意なしで契約できるようになります。

今でも、クレジットカードで自己破産した人がいますし、クレジットカードの使い方をしっかりと理解し、ネットで買い物ができるのか、問題になってくると思われます

他にも、

民事裁判が起こせる

パスポート(10年有効のもの)を取得できる

国籍の選択(重国籍になった時が20歳未満なら22歳になるまでに、20歳以上の時ならばなったときから2年以内に一つの国籍を選択しなければならない規定をそれぞれ2歳引き下げる

性別申し立て(性同一性障害特例法)

水先人を養成する講師になれる年齢【水先人法】

社会福祉主事になれる年齢【社会福祉法】

海技免許取得のための講師になれる年齢【船舶職員及び小型船舶操縦者法】

民生委員と人権擁護委員の資格について「選挙権を有して成年に達したもの」を削除【公職選挙法の一部改正法】
https://news.yahoo.co.jp/byline/takeuchiyutaka/20180613-00086414/

 

選挙権は18歳?

選挙権は、すでに18歳からとなっており、高校生の有権者がニュースで話題になっていました。

成人式はどうなる?

民法改正により、成人年齢が20歳から18歳に引き下がると、気になるのが、「成人式」です。

成人式は、「国民の祝日に関する法律」で「成人式」は、

「おとなになつたことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」
国民の祝日に関する法律

スポンサーリンク


となり、20歳とは記載がありません。

ここで問題が生じます。成人年齢を切り替えた初めの年は、「20歳」「19歳」「18歳」が一度に成人式に参加することにあり、成人式を主催する自治体もてんやわんや。

年齢が同じではなく、後輩と先輩が一緒に「成人式」を迎えることになりますから、おかしなもんです。

 

「変わらない」もの20歳のまま

飲酒・喫煙、公営ギャンブルの購入はそのままの20歳から

 

結婚(婚姻)は?

今回の改正には、女性の結婚(婚姻)の年令を男性と同じ18歳にする案もあります。

現在は、親の同意が必要ですが、この案が通れば、女性は18歳にならないと親の同意なしで結婚できます。

 

成人年齢が引き下がり、混乱してしまいますが、「喫煙」「飲酒」「ギャンブル」は変わらないということ。

健康問題にもつながることから、変わらない方針をしたといえるでしょう。

 

スポンサーリンク


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RETURN TOP
スポンサーリンク

@WOMO管理者「チュー娘」プロフィール

「@WOMO」の管理者「チュー娘」と申します。

女性が気になる話題をピックアップして、もっと深堀し、最新情報をお届けしています。エンタメ情報、現代女性特有な話題、旬な話題など、管理者目線ですが、訪問していただけた読者さまに有益な情報をお届けできればと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします♪

 

アーカイブ

Recommend